野外教室の目的ってなに?重要視される教育方法!

15 9月, 2019
野外教室のおかげで子ども達は自然と触れ合い、個々ではなくみんな一緒に勉強することができます。チームワークと環境を大切にすることを学びます。

世代は変わっていくのは確かなことです。現代の子ども達は、昔ながらの教育方法に飽きてきています。そこで学校や保護者の間で、野外教室を利用しています。

 野外教室 としての教育について知りたいですか? この記事を通して一緒に学んでいきましょう。

野外教室とは何か?

数年前まで教育というのは教室でしか行われないもので、目の前の黒板を注意深く見ていないといけないものでした。

しかしそれは変わってきているのです。もちろんクラスでの授業はありますが多くの学校で野外教室を取り入れるようになってきました。

基本的に、自然と環境保護が教育の重要点となっています。そして子ども達は、もっと想像力を利用して学習に取り組むようになりました。新鮮な空気を吸って、気付かない間に運動していることもあるでしょう。

野外教室は、公園、学校の校庭、果樹園、ビーチ、地方、森の中、山の上、どこでも可能なのです。

この教育体勢がまだ浸透していない国もあるかもしれませんが、実際これを実施している国もたくさんあります。例えば、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンでは、私立/公立学校にて野外教室を取り入れています。

野外教室の目的

野外教室の主な目的は、子どもが小さい頃から自然に触れるようにすることです。都会に住む子どもでも自然に触れることができます。

環境に対して良い関係を築くと、子どもは心も身体も成長します。それまでの「伝統的な」教育をないがしろにしないで、自分の周りに見えるものから、様々な刺激を受けることになります。それは数学、文学、歴史などの教育です。

野外教室 としての子ども教育

子ども時代という大事な時期に、大人になっても役立つ基本を作り上げていくことが重要なのです。

野外教室は普段の科目を無視するものではなく、他の要素を取り入れているのです。例えば、想像力、自尊心、自律性、起業家精神、チームワーク、自信、尊重、自然資源保護などが挙げられます。

野外教育を体験する方法

都会に生活する子どもは明らかに自然に触れる機会が少ないものです。それでもっとテクノロジー機器の画面に執着してしまいます。そして似たような年齢の他の子ども達との交流が、どんどん少なくなってしまうのです。

そこで野外教室は、環境に触れる最高の機会となるのです。まずは、普通の教室よりもっと広い空間で勉強することになります。

夏休み野外教室などで都会から離れると、一回り成長して帰ってくるでしょう。これは子どもの教育の補足にはなりますが、それだけでは足りません。

子どもが小さい時は、できるだけ自由に動き回れる場所がある方が良いでしょう。野外教室を実施している学校ではそれが可能です。

野外教室の授業

これらの教育機関では、「自然が教室」というのが前提にあり、なるべく外で時間を過ごすようにしています。庭を利用して、大きな木の下でお弁当を食べたり、虫の観察、鳥の観察、農業や家畜について学び、校庭で運動するのです。

同様に、野外教室でも屋根や壁のある場所に教室を設置して、色々な課題活動をする場合もあります。外がとても暑い/寒い、また雨や雪の時に集合できる場所は便利です。

野外教室 :子どもの教育

野外教室を実施している学校に子どもを連れていきたくても、それが子どもに合っているかどうか分からない場合は、一度学校訪問をしてみると良いでしょう。

クラスは大抵少人数で、違う年齢の子どもが25人くらいでクラスが構成されているでしょう。そこでいくつかの科目を習い、クラスメートとの交流が芽生えます。

普通の数学、生物、文学などの科目はありません。その代わりに、それぞれの概念を組み合わせたような学習になるでしょう。

もちろん休み時間もあり、探検をしたり、言語習得、音楽、美術など、子どもが学んで成長できるような課題がたくさんあります。つまりこれは新しい種類の学習であり、これから世界的にもっと人気が出てくる教育方法になるでしょう。