教師を尊敬しない子ども達:教師が直面する問題点とは?

2019年8月13日
子どもが小さい時から、教師や他の人を尊敬する重要性を教えるようにしましょう。

教師を尊敬しない子ども達は、けして珍しいことではありません。それは学校でのみ起こることではないので、他の人を尊敬するよう子どもに教えておくことはとても大切なのです。

自分の地域に住む、様々な職業を持つ人達誰でも全ての人に対して、子どもが幼少期から尊敬の念を持つように指導するのはとても重要です。そうすると思春期になってからも、教師も含む誰に対しても尊敬するようになるでしょう。

そして子どもは両親を尊敬すべきです。親に対して失礼な答え方をさせてはいけません。そして適切でない行動をとった時にはきちんと謝るようにさせましょう。悪い行動をすると、どのような結果になるか子どもに分からせるようにすることが必要です。

教師が直面する主な問題点

現代の教師が直面する主な問題は規制不足であり、生徒数の増加、教材や参考資料の不足も挙げられます。さらに生徒たちが教師を尊敬しないことも、教育現場に大きく影響しています。

一般的に両親は、子どもが小さい頃から良い価値観を教えるようにするべきです。それが子どもの学校での行動や先生に対する態度に反映されるでしょう。

状況を改善するには、教師というとても重要な職業を認識することが必須となってきます。学校では学習に必要な教材やテクノロジーの利用も必要でしょう。教師には膨大な責任が課せられるので、それに見合ったサポートも必要なのです。

尊敬しない 子ども 教師

子どもが教師を尊敬しない3つの要因

両親が教師の前で子どもを過保護にする

みなさんも過保護な親をよく見かけることでしょう。過保護な親は子どもに対して寛容過ぎで、子どもの欲望の言いなりになっています。このような場合、学校側のサポート不足も相重なって、子どもが教師を尊敬しなくなるのです。

この記事も参考にしてください:過保護な子育てをしないようにする方法

過剰な寛容性

最近の教育や教育方針は、徐々に権威主義から離れていき、教師と生徒のより良い関係を作り出す方に向かっています。そうすることによって、生徒が気軽に教師に質問できるようになります。

その問題点として教師の立場が歪んできて、生徒と同等であるかのごとく振舞うようなことになり兼ねません。

両親が示すお手本

親たちが教師の教育方針に賛成できない時など、教師の信頼性を略奪してしまうこともよくあります。保護者が攻撃的になり明らかに怒っていることもあるでしょう。両親が教師を尊敬していなければ、もちろん子どもも同じように敬う心を持ちません。

教師を尊敬するように教える方法

  • 子どもが先生の悪口を言う時に、厳しく教師を非難するのを避けるようにしましょう。客観的に見て、中には教え方がより上手な先生もいるとだけ伝えます。
  • もし子どもが先生と合わない場合は、それを人生経験として学ぶ機会にもできます。世の中には自分と合わない人もいれば、違う考え方をする人もいるということを理解させる必要があるのです。
  • 教室内では教師に権限があるので、公共の場で先生に口答えすることがないよう子どもに指導しましょう。先生が何か不公平な行動をとったとしても、それは個人的に話をして明確にする方が良いでしょう。
  • 大人も自分の上司や同僚の話をする時に、どのような口調で話しているか気を付けてみることも大事です。相手を尊重していないかもしれません。そうなると、子どもに指導していることと逆の行動をとっていることになります。
尊敬しない 子ども 教師

尊敬心を持つ子どもに育てるには?

子どもに良い価値観を持たせるには、家庭でそれを示すのが一つの方法です。子どもが尊敬心を持つように指導し、人間誰もが持つ基本的権利を理解できるようにしましょう。それには次のような点をわきまえることができます。

 

良いお手本となる

子どもの一番のお手本になるのは両親なのです。そして親の行動を見て子どもは学びます。他の人に対して忍耐強く、尊敬心を持つようにすれば、子どもは同じように行動するようになるでしょう。

自己表現する方法を学ぶ

人は違う考え方をすることについて、家庭でも話をすることが重要です。そうすれば子どもは自分の考えを表現する方法が分かるようになります。同時に、自分の考えとは違っていても、他の人の意見を尊重できるようになるでしょう。

自己主張する

相手を尊重することと、人から悪い扱いを受けることの違いを、きちんと子どもに教えてあげましょう。そこでしっかりと自己主張するよう指導してください。

教養をつける

人には優しく、尊敬の念を持って接するように教えて、しっかりと教養をつけるようにしましょう。このような行動によって子どもは他の人を敬うようになり、周りの人と共存する方法を学びます。

こちらもぜひお読みください:親の権限に対する新しい考え方

子どもが出会う人達は誰もが自分と同じような人ではない、ということを理解するようにさせてください。それでも子どもが相手を尊敬して、仲良くできないとしても思いやりを持って接することができるようにしましょう。

子どもが尊敬心を持つように教えてあげるのは最も重要なことです。