幸せな子どもを育てるための6つのアドバイス

· 2018年10月19日
親は子どもに対しての責任が持ち、子どもの将来に大きな影響を与えます。幸せな子どもを育てる親として覚えておきたい子育ての6つのアドバイスをご紹介します。

幸せな子ども を育てるのは、決して簡単なことではありません。情報社会では、常におもちゃやビデオゲームの宣伝があふれていて、それが子どもを幸せにすると錯覚を起こしてしまいます。

このようなデジタル機器で子どもが喜んでいるので、幸せな子どもを育てるのは単純だと信じてしまうかもしれません。

しかし、それは間違った宣伝でしかなく、新しいおもちゃで子どもの心が埋められるという広告は誤解を招きます。

もちろん子どもが遊んで楽しい時間を過ごすことは重要です。しかし子どもに必用なのはそればかりではありません。

子育てというのは、家族の成長と共に必要な物質的なものを与えるだけではないのです。

そして、本当に幸せな子どもを育てる親として、ぜひ覚えておきたい子育てのガイドラインがあることを覚えておいてください。

親には子どもに対する責任があり、大人になってから不安定になってしまうような子育てをするべきではありません。

過保護に育てられた子どもは、失敗する機会も与えられず、困難を乗り越えて前進していく方法を知らないかもしれません。

子ども時代は人生の中でも非常に重要な時期であり、楽しい思い出をたくさん作って、その後の人生でもずっと役に立つような教訓を学ぶ時なのです。

それを習得するチャンスを、親の勝手で子どもから奪ってしまうのは無責任であり、親子の人間関係を悪化させる可能性があります。

幸せな子ども を育てるのは、そばにいてあげること

子どもがこの世で一番欲しいものは、親に注目してもらうことです。おもちゃやギフトなどは、ママやパパに比べたら二の次で、親の愛情を注がれて、自分が認めてもらえることが一番なのです。

子ども達は親をお手本として見ていて、自分を守ってくれる人だと思っています。そういう子どもの期待に応えられるように、信頼される親になる努力をしなければいけません。

幸せな子ども を育てる

1.最高の自分でいられるように促す

人は誰でも自分の希望を叶える力を持っています。運に任せていてはその希望は果たせません。目標に対する決心と毎日の努力が、成功へとつながってゆくのです。

子どもが何かしたいを思ったら、それが達成できるように応援してあげましょう。

自信を持って一生懸命に努力するように子どもに教えてあげると、将来自分の夢がかなうようになるでしょう。

子どもに芸術やスポーツの才能がある、または勉強ができる場合は、やる気が出るように応援して、上達するようにするのが良いでしょう。人間は誰もが何か得意なことがあるはずです。

子どもの持つ能力を養育することで、色々な可能性が広がってきます。

それはけして子どもにたくさんの課外活動を強制するという意味ではありません。子どもが楽しむことでなければ、本当には上達しないものです。

2.子どもが決めたことを応援する

子どもは良い決断だけでなく、悪い決断もするでしょう。良いことがあったら一緒に喜びそれを褒めてあげて、何か良くないことがあったら支えてあげてください。

間違えることが何かを学ぶのにベストな方法です。子どもがつまづいている時には、そこから立ち直って、次回はもっと上手くいくような方法を教えてあげることができます。

子どもが間違えると怒る親がいます。しかし、子どもに完璧を求めても、それが子どもの自尊心につながるわけではありません。

人間は完璧ではないので、何か問題があっても、そのページをめくって、新たに次のページでやり直せばいいのです。

3.子どもの意見を聞いてみる

子どもの意見を軽視している方もいると思いますが、それは大きな間違いです。

大人と同じように、子どもも自分の意見を表現するべきであり、それを聞いてもらい、それが子どもの言い分であることを尊重されるべきです。

1989年の児童の権利に関する条約にも定められている通り、これは基本的かつ、子どもが持つ絶対的権利なのです。

家族の中で最年少であっても、その決定によって子どもにも影響が及ぶ場合は意見を聞いてみる必要があります。

もちろん家族全員にとって何がいいのかという、最終的な決定は親が決めることもあるかもしれませんが、子どもの意見も聞いてあげることが重要です。

楽しい子ども時代を体験するのは、いつでもけして遅すぎることはない。

– トム・ロビンス –

4.子どもが自然とふれあうようにする

最近の子どもは、外で遊ぶよりも自宅でパソコンやスマホの画面に向かう方がいいと思っているようです。しかし幸せな子どもを育てるためには、自然とふれあう時間が必要です。

家族で自然の美しさを楽しみながらピクニックに行きましょう。外でスポーツに参加したり、一緒に散歩をしたりするように誘ってみましょう。

新鮮な空気は子どもに最適で、外で遊んでいると、スポーツチームや公園で他の子ども達に会う機会も増えるでしょう。

自然が好きな子どもは、自分の周りのものすべてを尊重できるようになります。

幸せな子ども 自然

5.必要に応じて子どもに厳しくする

子どもの要求にいつも負けていてはダメです。子どもの言う通りにしておけば、気に入られると勘違いしている親が大勢います。

それは全く違うのです。幸せな子どもを育てるというのは、子どもを甘やかすことではありません。

子どもが失礼なことをしたり、意地悪している時は、きちんと厳しくしつけなければいけないのです。どの子どもでも、反抗してみたり、行儀が悪いことをすることもあります。

子どもが間違った行動をすると、どのような結果を招くか、きちんと説明してあげましょう。

6.誠実と正直が、幸せな子どもに重要

いつも誠実に正直でいることは、健全な人間関係の基本であって、幸せな子どもを育てるための重要なポイントです。

子どもの質問に対して、子どもの年齢に合わせて、丁寧に客観的に応えてあげましょう。

もちろん子育ての方法は家族それぞれで、結局は子どもをどう育てるかは親次第です。

子どもに本当の自分をさらけ出して、嘘をつかないようにすれば、それだけ家族の絆が深まります。

それによって子ども達は親を信頼して、必要な時に親に相談しても大丈夫だと感じられるのです。

https://youaremom.com/tips-raising-a-happy-child/