子どもの頃にスポーツをするのが大切な訳

子どもの頃に経験するスポーツの影響は一生続きます。
子どもの頃にスポーツをするのが大切な訳

最後の更新: 22 11月, 2018

スポーツをすることは、子どもの発達のカギとなるさまざまなメリットを与えてくれます。それには身体的な健康から心の満足感まで、たくさんの理由があります。

子どもの頃にスポーツをすることは、子どもの全体的な教育において欠かせないものです。なぜなら、身体的な発達と精神的な発達が連帯しているからです。ですので、スポーツは子どもの健康的な成長に大いに役立つのです。

スポーツは子どもにとって楽しいだけではありません。医者や心理学者も、スポーツに参加していると子どもはよりよい生活の質を得られるとしています。

子どもの頃に経験するスポーツの影響は一生続きます。小さいうちにスポーツの練習をする習慣を得た子供は、大きくなってからもきっとやり続けることができるでしょう。

また、スポーツをすることは、座りがちなライフスタイルにより引き起こされる多くの健康上のリスクから子どもを守ってくれるでしょう。肥満や心臓病などの病気を防ぐことにもなります。

UNESCOと子どもの頃のスポーツ

UNESCOによれば、子どもの頃にスポーツをすることは欠かせない人権であるとしています。子どもは差別されることなくスポーツができる可能性を持っていなければならないと強調しています。

UNESCOは政府やその他の組織に対し、子どものスポーツを促進するための行動を起こすよう呼び掛けています。

「小さいうちにスポーツの練習をする習慣を得た子供は、大きくなってからもきっとやり続けることができるでしょう。」

子どもの頃にスポーツをすることのメリット

  • 身体的な健康を促進し、心臓病、糖尿病、がん、肥満などの予防になります。
  • 筋肉や骨の発達を刺激します。
  • 他の人との絆を形成することも、スポーツをすることのメリットです。スポーツは、家の外の世界の社会的ルールに適応することを教えてくれます。
  • 社会的スキル発達の刺激になります。社会的、文化的、経済的差別をすることなく、他の子を受け入れる方法を学ぶことになります。また、成果を上げる上でのチームワークの重要性も学ぶことができます。
子どもの頃にスポーツをする重要性

  • 人見知りなどの性格の問題を克服することができます。
  • スポーツは自尊心の向上に役立ちます。自分の価値を知り、自分が参加することがチームにとって重要であると言うことに気が付くのです。
  • スポーツをすることで、座りがちなライフスタイルを避けることができます。また、テクノロジーやテレビゲーム、携帯電話やパソコンなどから注意をそらす良い方法でもあります。
  • さまざまな能力を持った子どもたちを包括するのにも適しています。
  • 青少年期に陥る危険のある薬物中毒やアルコール依存症、喫煙などの防止にも役立ちます。さらに、将来この種の犯罪を犯すことを防ぐことにもなります。
  • 創造性と問題解決能力を刺激します。
  • スポーツは子どもに責任をとることと、最後まで続けることの大切さを教えてくれます。

子どもの年齢にあったスポーツ

子供が成長するにつれて、その身体と心も異なるニーズを経験します。これはどのスポーツをするかを選ぶ際に考慮に入れておかなければならないことです。

子どもの意見もとても大切です。家族の経済状況、時間、家族構成にあった選択肢のリストを作るといいかもしれませんね。

リストができたら、子ども自身に最も興味のあるスポーツを選ばせましょう。

  • 3歳~5歳。この頃に選ぶスポーツは、たくさんアクティビティがあるものでなくてはなりません。ゲームを通して、子どもは多くの教訓を学ぶことができます。ですので、選ぶアクティビティはレクリエーションの要素が入っているものが良いでしょう。お話や舞台、特別な衣装なども子どもの想像力を刺激することになります。

この時期は、身体を連動して動かすことやバランスをスポーツを通して発達させるのに適した時期です。週に3~4時間の身体的運動がおすすめです。

  • 6歳~10歳。この時期には、子どもは自分が最も好きなものは何かを決められるように、いくつかのスポーツをやらせるのがいいでしょう。柔道、空手、サイクリング、リトミック、体操、テニス、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどがおすすめです。

子どもの頃にスポーツをするときには、競争しないことも大切です。勝者はいるものですが、子どもはそのスポーツを、単にレクリエーション活動として価値のあるものだと思えるようにならなければならないのです。

競争が目的ではない 子どもの頃にスポーツ

  • 思春期や青少年期。この時期は、身体的、精神的、また感情の上でも急激な変化を経験するときです。

スポーツによって、最適な子どもの性格形成が可能になります。自尊心を高め、この体が激変する時期に、自分の身体のことを知ることにも役立ちます。

子どもの頃からスポーツをしているなら、青少年になれば、自分がより時間をかけたいものを選ぶこともできるようになるでしょう。

「子どもの頃にスポーツをするときには、競争しないことも大切です。」

子どもの頃にスポーツをする際の安全性

子どもがスポーツをする際は、安全性を最大限に保たなければなりません。安全性とは身体的な安全性と、そのアクティビティの責任者の安全性の両方を指しています。

スポーツについての基礎的な概念、身体のコンディションや子どもがリスク要因にさらされることを知っておけば、怪我を防ぐことができるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
遊びの無い子どもに起こる6つのこと
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
遊びの無い子どもに起こる6つのこと

子どもにとって遊びとは、世界を探検するようなものです。遊びを通して大人のまねをしたり、何かの代用を使ったり、ものを試したり、問題を解決したりして、認識力や創造力を磨いていくのです。事実、 遊びの無い子ども には、将来への悪影響があるかもしれません。遊びの無い子どもは心配すべき存在なのです。