勉強ができる子になるためのカギは一体なんだろう?

子供の成績をもっと上げたいと思っている方、成績の良し悪しは勉強時間だけに関連するわけではないということを覚えておいてください。彼らの成功は多くの要因の元に成り立ちます。
勉強ができる子になるためのカギは一体なんだろう?

最後の更新: 04 4月, 2019

成績の良い子供になるためのカギは何だと思いますか? 成績を上げるのは思うほど簡単なことではありません。

良い学校に行ったり宿題をしっかりすることだけで十分だと満足してしまう親がいます。ですが学校からの成績表を見て、我が子の成績の悪さに愕然とすることがあるかも知れません。

勉強ができる成績優秀な子になるには、勉強を一生懸命したりIQが良いだけでは十分ではありません。しっかりとした栄養分を摂取しているかどうか、または必要なサポートを得ているかどうかが大切なのです。

成績を上げるのは簡単なことではありませんが、これからご紹介することを参考にしてみてください。

こちらもご覧ください 親子で水泳をするメリット

 

成績の良い子になるためには?

学校での成績のよさや成功は、全ての行動とつながっています。最も理解しておくべきことは、効率性の重要さです。たくさん勉強したり常に何かをしていることではありません。

つまり勉強時間の長さは関係ないのです。何よりも集中して効率よく行うことが大切なのです。

また読んでいるものを理解する必要もあります。注意を払って勉強をするようアドバイスしましょう。

子どもが快適に勉強でき、必要なツールを持てるようになるための要因がいくつかあります。効率よく勉強が出来るために必要なものばかりです。

それがいったい何のか、ご紹介します。

子どもと勉強

 

勉強ができる子になるためのカギ

1.栄養の摂取と休息

健康的な食生活と質の良い眠りは基本とも言えます。。朝ごはんを抜くようなことはしないでください。一日に必要なエネルギーの25%は朝ごはんから摂取します。体が正常に機能するためにとても大切なものです。

朝ごはんを食べずに学校へ行くと、授業中のエネルギーが足りず、注意力が低下したり頭痛がしたりして、うまく情報をキャッチすることが出来なくなります。夜しっかり寝ていなくても同じようなことが起こります。

午後のアクティビティに関しても同様です。お昼ご飯をしっかり食べ、夕方にはスナックを食べるようにしましょう。もし可能なら、ほんの少しお昼寝をするのも良いです。

 

2.勉強をする十分なスペース

勉強をするためのデスクなどがある方が良いでしょう。またテレビなど、注意力をそらすもののない環境で落ち着いて勉強できるようにします。勉強スペースは余計なものを置かないようにします。

テーブルには必要ならパソコンを、それプラス鉛筆、ノート、テキストなどを置くようにします。それ以外は置かないようにしましょう。電話やタブレット、その他おもちゃなどは取り上げます。

 

3.人間工学に基づいた椅子を選ぶ

勉強を気持ち良く出来るよう、それをサポートする家具を選ぶことも重要です。人間工学に基づいた椅子もその一つ。

親はなかなか気づかないのですが、椅子が悪いと、子供は常に体をよじったりして落ち着きません

途中で気が散り、何を読んでいたか分からなくなったりすることもあります。効率性を考えると、あまりいいことではありませんよね。

親のサポート 勉強ができる子になる  カギ

 

4.親の協力

子どもの勉強にいつでも協力する気持ちでいるようにしましょう。面倒くさがったりしないでください。

グループプロジェクトが必要な時は、みんなを家に呼ぶようにします。また、常に視力のチェックはしておくようにしましょう。メガネが必要な場合もあります。

最後に、子供に心のビタミンをあげることを忘れないようにしましょう。高い自己肯定感と自信はとても大切です。そういったものが組み合わさって、良い成績へとつながるのです。

それはあなたに興味があるかもしれません...
思春期になる前に子どもが学ぶべき10の教訓とは?
わたしママRead it in わたしママ
思春期になる前に子どもが学ぶべき10の教訓とは?

子供が13歳になると 思春期 と言われます。お子さんがこの時期をスムーズに過ごすことができるよう、人生に関するいくつかの特定の教訓を学べているようにしたいものです。今回は、子供が13歳になるまでに 学ぶべき と考えられる重要な10の 教訓 についてご提案したいと思います。



  • Cortese, A. (2011). Técnicas de estudio. Metodología de la investigación. 
  • Narváez, M. R. T., Guzmán, I. T., González, M. D. C. U., & Robayo, A. M. M. (2009). Hábitos de estudio vs. fracaso académico. Revista educación, 33(2), 15-24. https://www.redalyc.org/pdf/440/44012058002.pdf
  • Ramos, C. B. (2007). La incidencia de las TICs en el fortalecimiento de hábitos y competencias para el estudio. Edutec. Revista Electrónica de Tecnología Educativa, (23), a077-a077. http://edutec.es/revista/index.php/edutec-e/article/view/497
  • Art Markman Ph.D. (2012). Developing Good Study Habits Really Works. Sychonomic Bulletin & Review.
  • Robert Bjork y Nate Kornell. (2007). Principles of cognitive science in education: The effects of generation, errors, and feedback. Psychonomic Bulletin and Review.
  • Quintanilla Paz Soldán, F. ( última consulta octubre 2019). Hábitos de estudio. [ material de apyo al tutor]. Recuperado de: www.prepa8.unam.mx
  • VIU. (17 noviembre 2015). Lad técnicas de estudio mejor valoradas pata niños. Recupetado de: www.universidadviu.es
  • Gabinete Psicodiagnosis (s.f.). Como motivar a estudiar. Recuperado de: https://psicodiagnosis.es/areageneral/otros-temas/como-motivar-los-nios-a-estudiar/index.php