【家族に関する法律の基礎】法律的に見る家族の意味とは?

09 8月, 2020
家族は社会において非常に重要な基盤です。毎日起こり得る様々な状況を規制するために、家族の法的基盤が設定されているのです。

家族というのは社会の中で適切な構造と言えます。勿論それはとても個人的な構造ではあっても、れっきとした社会的な基盤であり、さらに法的基盤でもあります。家族という概念は、法律によって規制され保護されている部分が多いです。その法的規制は多様に利用され、また家庭内の対立を解決するためにも利用されます。

国の行政機関は、家族とその家族全員の快適な暮らしを保証するために規制を設定しています。ここ最近では家族という概念そのものが変容してきていますが、それでも家族はやはり社会での主要な基盤として扱われます。

同様に規制に関しても、これらの変化に対応していかなければいけません。この記事では、家族の法的基盤についてその要素を詳しく見ていきます。

家族 の法的基盤:法律的に見る家族の意味

家族の法的基盤について

「家族」の意味とは?

家族というのは主に、配偶者とその子孫達を指し、愛と尊厳と保護に基づいて人類の繁殖や発展を目的としています。

それ以上に、家族という制度は多大な恩恵のために非常に重要です。家族構造の中で、家族全員が自己の権利と自由を十分に行使すると共に、それぞれの責任を果たすことができる場を与えます。そのような理由からも家族は立憲的にも適切であることが分かります。

明確に言うと、家族というのは大抵の場合、家族全員の安全と保護を確保する安らぎの場所です。それは家族の中で、人間として活躍していくための、社会的関係、価値観、精神的・知的発達という側面において学び成長することができるのです。

そこで家族は、結婚や血族関係によってつながりを持つ人々の集まりという定義もできます。

家族 の法的基盤:法律的に見る家族とは?

家族の種類

法的基盤として、また法律や行政面よる家族の見方によると、いくつか家族の種類があります。主なものは核家族、拡大家族、複合家族に分けられます。核家族は一組の両親とその子ども達です。ほとんどの家庭は核家族の部類の入るでしょう。

拡大家族では、家族のつながりがある程度あり、近い関係を持つ形態を取ります。また、複合家族はいくつかの核家族が組み合わされた家族世帯のことです。

さらに拡大核家族には、親戚、一人親、不完全な家族、片親とその子ども達も含まれます。

家族の法的基盤:家族の権利

家族の権利は法的基盤を確保するための様々な側面を持つ法的基準で、主にパートナーとの関係に関する法規、子ども達の家系や後見人、親権についての規則です。

これら各法則には基準と指針があります。そこでパートナーとの関係は、主に結婚に関して婚姻、お互いの関係、経済面、婚姻問題、別離、離婚、婚姻の取消し等が含まれるのです。

家族 の法的基盤:法律的に見る家族の意味は?

家系においては、家族の権利は結婚による家系、夫婦関係以外の家系、さらに養子縁組に関する法規があり、そして特に両親が離婚した場合での、未成年者の血統や後見人に関する規制があります。親権に関しては、親の権限と未成年者の法定代理人としての権限も統制します。

非常に身近なトピックですが、家族の法的基盤と家族の権利は非常に重要であり、倫理的な方針として注目する価値があります。これらの法律は、信念や道徳的な側面も影響してくるので身近なようで奥が深いのです。