シングルマザー:我が子に最高のスタートをきらせてあげるために

子育ては簡単ではありませんし、シングルマザーの方にとってはなおさらかもしれません。しかし、恐怖に向き合う強さや、責任感のある大人へと我が子を導くことに母親以上に適した存在はいないのです。
シングルマザー:我が子に最高のスタートをきらせてあげるために

最後の更新: 26 11月, 2018

この記事では、シングルマザーの女性に向けて、我が子の人生のスタートをより良いものにするために知っておいて欲しいことを紹介します。

ここで伝えておきたいのは、全ての女性が自分の子供たちを育くむこと、他人との関わりを教え、個人的、または職業的成功への一歩を踏み出す手助けができるということです。

一人で行うのもちろん困難かもしれません。しかし、決して不可能ではありません。

学びは家庭から

我が子がこれから学校に通うのであれば、家庭内での教育は幸先の良いスタートを切ることに一役かうでしょう。

歯の磨き方、体の洗い方、髪の梳かし方、着替えのし方、靴ひもの結び方を教えてあげましょう。こういったことは、細かいことのようですが、生活の中の重要な部分を担う営みです。

子供に教えるべきことは、身支度や身の回りの衛生管理に限ぎりません。

他に学校に通い始める前に、子供に教えておくべきものとしては、テーブルマナーが挙げられます。また、汚い言葉や間違った振る舞いをせずに、自身の気持ちを表現する手助けもできるはずです。

就学前の子供は他人の関わり方についても学ぶ必要があるでしょう。「ありがとう。」や、「お願いします」といった言葉を言うことは、家庭内でも簡単に取り入れることのできる習慣です。

ここでは、子供に最高のスタートをきってもらうために知っておいて欲しいこと、特にシングルマザーの方に知っておいて欲しいことを紹介します。

1.子供の成長をサポートする

成長とは、なにも身長といった目に見えるものだけを指して使う言葉ではありません。知識を得ることや、アイデアを実行すること、また、自分について考えること、学ぶことも成長の一つの形です。

子供たちがこれから生きていく上で精神バランスが取れていることが時に力となります。その力を培う手助けも親にできる成長への貢献です。人として成長するということは、自分自身や周囲の人々のために、日々良くなろうと努力することを意味するのではないでしょうか。

シングルマザーと赤ちゃん

2.子供をしつける

子供に大きな期待をかけることを恐れないでください。子どもには、親の躾が我が子の望みを叶えるのに必要なものであると理解してもらいわなければなりません。

躾がどれだけ人生のスタートを切る上で役立つかを我が子に示すことが、他の誰でもない、あなたの自身が行うべき務めです。

躾が努力や自己犠牲と深く関わっていることを子供には教えてあげてください。

しつけることを恐れる必要はありません。むしろ、力を与え、母親が描く目標を達成する方法を示すものでもあるのです。

3.自信をつけさせる

安心感や自信といった感情は、子供が失敗を恐れずに成長する支えとなります。母親である貴女を信頼してはじめて、子どもは学びに集中することができるのです。

安心を得るためには、頭の上に屋根がなければなりません。それが、豪華なものである必要はありません。ただ、安心できる家があればいいのです。

子供を守ることは、同時に衣服や靴、教材、玩具、医薬品、医療、娯楽を与えるという意味でもあります。

アドバイスをしたり、悩み事を聞いたり、質問に答えてあげたり、気持ちを気持ちを思い計ることも意味します。

より良い成長を経てもらうためには、子供が安心感を与える必要があるのです。

最高のスタートをきるために母親に知っておいて欲しい3つのこと

我が子に最高のスタートを切って欲しいのであれば次のことを忘れないでください:

  • 愛を与えること愛はいつでも私たちの味方です。お母さんと子供を結びつける最も強い絆です。
  • 模範になること。子供に教えることは貴女も実践しなければなりません。人生の中で得た経験やアイデアを活かして、子供に何かわ教えることに最適な存在が母親です。
  • 比べない。幼く、十分に感情を制御できない子供を誰かと比べてしまうと、嫉妬という負の感情を芽生えさせてしまいます。
シングルマザー

シングルマザー:知識

シングルマザーという道を進むことが自分に決断にしろ、運命や状況による選択にしろ、貴女がこれまでに積み重ねたものを使えば、最高のスタートラインを用意してあげることができます。

弱点を最大の強みに変える方法を見つけてください。

私たちは、教科書を読むのではなく、見て、そして実践することから学びます。完璧な母親になる方法を教える専門学校も、大学もありません。

貴女にしか貴女が犠牲にしたものも、これまでに積み上げた努力もわかりません。

貴女より、たくましく、我が子にピッタリなスタートラインを用意することができる人などいません。

こちらの記事もおすすめ
幸せな子育てのための7つのコツ
わたしママで読むことができます。 わたしママ
幸せな子育てのための7つのコツ

幸せな子育て に勝るものはありません。女性の人生の中で、もっとも素晴らしい経験の一つでしょう。しかし、同時にそれには大いなる変化と素晴らしい発見が伴います。子育てがうまくいくかどうかは、あなたの子育てに臨む姿勢にかかっています。常に自分を信じるという姿勢を身に付けることが重要です。



  • Bowlby, J. (1986). Vínculos afectivos: formación, desarrollo y pérdida. Madrid: Morata.
  • Bowlby, J. (1995). Teoría del apego. Lebovici, Weil-HalpernF.
  • Garrido-Rojas, L. (2006). Apego, emoción y regulación emocional. Implicaciones para la salud. Revista latinoamericana de psicología, 38(3), 493-507. https://www.redalyc.org/pdf/805/80538304.pdf
  • Marrone, M., Diamond, N., Juri, L., & Bleichmar, H. (2001). La teoría del apego: un enfoque actual. Madrid: Psimática.
  • Moneta, M. (2003). El Apego. Aspectos clínicos y psicobiológicos de la díada madre-hijo. Santiago: Cuatro Vientos.