2人の関係を健全に保つための習慣:5つのポイントとは?

· 2019年4月30日
お互いを尊敬し、会話を持ち、より良いコミュニケーションを図ることは、健全な関係を支える柱の一部でしかありません。何かがあっても放置したり、何かを当たり前だと思ったりしてはいけません。二人の関係を健全に保ち、長く続くものにするために、関係を磨くための努力をお互いがしなければならないのです。

愛とはいつも簡単なものではありません。特に、愛し合う二人の関係となるとなおさらです。全ての関係が、争いもなくいつも平和なものだとは限りません。難しいように思うかもしれませんが、お互いが自分の不安を脇に置いておくことで、二人の関係を健全に保つことはとても簡単になります。

現代社会におけるカップルの関係

現代社会における私たちのライフスタイルは、パートナーとの健全な関係を必ずしも促してくれるものではありません。私たちは常に、音楽やテレビ番組やドラマなどに影響を受けています。そしてそれらが描く愛の形や人間関係は、現実的ではないのです。

これらのメディアによって形作られたモデルや考えは、健全な関係を築くための役には立たないのです。むしろ、長続きしない、満足感も感じられない、毒のある関係を促すのです。

二人の関係を健全に保つための習慣

あなたのパートナーとの関係を健全で、満足のいくものにする為には、ある特定の習慣を身につけなければなりません。そして、それが安定した関係を築く鍵となるのです。

そのポイントは、一生を一緒に過ごすと決めた二人の別々の人間が、お互いの違いを理解し合えるようにすることです。お互いがお互いを受け入れ、お互いがお互いをサポートする必要があります。そして二人の関係が続く限り、それを毎日欠かさずに行わなければならないのです。

まず初めに大切なことは、相手のシチュエーションをきちんと理解してあげること、二人の関係が健全なものであるかどうかを理解することです。以下の質問が、それらを理解する手助けとなるかもしれません。

  • この関係から得るものがあるか?それとも失うものがあるか?
  • あなたのパートナーは、あなたがより良い人間となる為に成長するのを手助けしてくれているか?
  • もしくは、パートナーが自分にとっての制限となり、常に悩まされる原因となっていないか?

これらの質問の答が、あなたの関係が健全なものであるかどうかの目安となります。また、健全な関係のために鍵となる習慣を考慮することも必要です。これらの習慣を実際にやってみることで、あなたとあなたのパートナーの両方に役立つことでしょう。

 

関係を健全に保つ 習慣 ポイント

1. 自由で誠実な愛情

健全な関係のために、おそらくまず初めに理解しておかなければならないのがこれでしょう。自由な愛情とは、お互いのどちらも、お互いの持ち物ではないということを意味します。むしろ、それぞれがお互いのパートナーと自分の人生を一緒に過ごすと選択したのであって、何事においても自分自身で自由に決断することができなければなりません。

この自由が二人にとって、自分自身のスペースと、相手との親しいスペースの両方を提供するのです。自由な愛情とは、お互いがそれぞれに特有の存在であることを認め、別人であるということを理解することです。お互いが、それぞれの信念をもとに決断を下して良いのです。

2. より良いコミュニケーションのための努力をする

より良いコミュニケーションを図ることもまた、健全な関係を築くための鍵となります。二人の関係にとって重要な、基盤を作り上げるブロックの一つと言えるでしょう。会話のおかげで、人は共通の夢やプロジェクトを持つことができます。

また同時に、より良いコミュニケーションによって交渉したり、必要とあれば妥協し、同意にたどり着くことができます。

おそらく二人の関係において起こるほとんどの問題は、口論によるものでしょう。口論しなければならないときには、建設的に口論する方法を学ぶことが大切です。つまりお互いの意見を尊重しながら、ということです。

また、文句を言い合う、お互いを攻めるだけの悪意に満ちたパターンを繰り返すサイクルに陥らないようにすることも重要です。そこからはポジティブなことは何も起きません。

ポイントは、一生を一緒に過ごすと決めた二人の別々の人間が、お互いの違いを理解し合えるようにすることです。お互いがお互いを受け入れ、お互いがお互いをサポートする必要があります。

3. 違いを受け入れる

人は皆、異なった経験をし、異なった背景を持ち育っていますので、学んできたものも違います。健全な関係のためには、自分とパートナーが必ずしも、物事をいつも同じように考える訳ではないということを理解することです。違いがあった場合には、知性を持って行動すべきです。

お互いの相違点を見つけた場合には、自分と全く同じ人間はこの世に存在しないのだということを覚えておきましょう。ですから、二人の関係には交渉することが必要ですし、二人が妥協できるポイントを見つけ、ときには二人が合意できないということに二人で合意しましょう。

4. お互いと過ごす時間を大切にしましょう

これが、あなたのパートナーとの関係を平凡で、不健康なものにしないために必要なものです。二人で一緒に過ごす時間を大切にすることが、健全な関係を保つための基礎です。

時間を割いて、毎日、相手のために何かをしてあげましょう。二人の関係を、決まり切ったことだらけの単調なものにしないようにしましょう。

関係を健全に保つ 習慣 ポイント

5. 愛情と尊敬の念を持って、二人の関係を常に大切に思いましょう

パートナーとの関係を前向きなものにしていきたいのであれば、そのための努力をしなければなりません。努力が必要なのは初めだけではありません、常に必要なのです。

時間が経つにつれて愛情のある仕草をやめてしまったり、相手のことを心配するのをやめたり、お互いに対する信頼と尊敬を忘れたりしてはいけません。これらが二人の関係の基盤だからです。

結論として、二人の関係を健全に保つために考慮すべきことはたくさんあります。上記に述べたものはそのうちの、もっとも重要なものたちです。健全な関係とは、愛情と自由、尊敬と信頼の上に成り立っているということを覚えておきましょう。

  • Arés Muzio, P. D. (2002). La pareja actual: Entre el yo y el nosotros . Juventud Rebelde.
  • Ruiz, D. (2001). Relaciones de pareja. Revista de Educación.