夫婦の選択:共同親権とは?

· 2019年1月8日
離婚は結婚生活の終わりかもしれませんが、親としての役割は一生続きます。子どもは両方の親との時間を過ごすべきなので、離婚が子どもにかけるストレスを減らすためにも共同親権が勧められることが多いのです。

多くの家族にとって、離婚の際には共同親権が最もいい選択肢になるでしょう。なぜなら、子どもが両方の親と時間を共に過ごすことができるからです。

離婚はカップルに起こることの中で最も難しい選択の一つで、ほとんどのケースで最後の手段となります。

子どもにとっては、親にはずっと一緒にいてほしいと思っていることが多いので、離婚やよりフェアではなく、混乱させられるものに思えます。

 

この状況になったことの責任は子どもにはありません。親ができるだけ分別のある行動をとり、子どもの苦しみを最小限にしようとすることが重要です。

家族の未来の形を決定づけることになるかもしれない、法律上の合意について、この記事で見ていきましょう。

共同親権とは?

共同親権とは、結婚は解消されていたとしても、両方の親が子育てに責任があるとする法律上の合意のことです。

つまり、子どもと過ごす時間、子どもに対する義務や権利を共有するということです。この合意は子育てにかかる費用も両方の親に責任があるということを明確にすることにもなります。

昔は夫婦が分かれることになると、子どもの親権は母親だけが持ち、父親は面会権を持つことになりました。

この状況は子どもにとって理想的ではありません。父親との時間もずっとたくさん必要だからです。

一方親権を共有すると、子どもは両方の親と同じだけの時間を過ごすことになります。こうすれば、誰も取り残されません。

子どもが母親や父親とそれぞれどれだけの時間を過ごすのかは、家族が決めます。月ごと、あるいは週ごとや日ごとで親権を分け合います。

共同親権とは

共同親権に必要なものは?

専門家は、共同親権は子どもへのダメージが少ないと主張しています。どちらの親も、子どもの毎日の生活からいなくならないからです。

離婚は結婚生活の終わりかもしれませんが、親としての役割は一生続きます。子どもは両方の親との時間を過ごすべきなので、離婚が子どもにかけるストレスを減らすためにも共同親権が勧められることが多いのです。

もちろん、共同親権は全ての家族に適しているわけではありません。このような方法が機能するには、両方の親が親としての誠心誠意の関係を維持しなければなりません。

さらに、親権を共有する親は一般的に近くに住んでいますが、別の都市に親が住んでいるときは、数か月ごとに子どもが一方の親とクラスというケースもあります。

法律は全てのシナリオをカバーすることはできません。家庭裁判所の裁判官も、別れることになった家族の生活のすべての詳細まで決めることはできないのです。

共同親権が機能するためには、両方の親が子どもの幸福のために何がベストなのかということについて同意しなければなりません。

また、この法律上の手続きについてはっきりさせておかなければならないことは、共同親権は離婚とともに始まるものではないということです。

これは夫婦が子どもを生もうと決めたときから始まっているのです。その瞬間から、両者は親としての責任を共有しています。

両方の親が子どもにとってベストなことに賛同すれば、共同親権の適した合意に至ることは、複雑になりすぎる必要はありません。

共同親権のメリット

親権を共有することには、家族にとっていくつかの利点があります。

  • 共同親権は子どもが両方の親と関わり続けるという権利を尊重しています。
  • 母親と父親への感情的なニーズを満たします。
  • 親権を共有するという決定は、母親と父親の間の緊張感を減らしてくれるかもしれません。
  • 子どもが母親と父親のどちらかを選ばなければならないと感じる必要がありません。
  • 離婚について、子どもが罪悪感を感じるリスクを減らすことができます。
  • 母親と父親のコミュニケーションが改善します。
  • 子どもの人生の中で、どちらかの親の方が重要になるということがありません。
  • 親がオープンにコミュニケーションをとらなければならないので、親権を共有することで子どもが離婚を受け入れ、理解する可能性が高まります。
  • 一方の親と疎遠になる可能性も減ります。
共同親権 のメリットとデメリット

共同親権のデメリット

共同親権の主なデメリットは次のようなことが挙げられます。

  • 二つの家で暮らすということに適応する過程。
  • 子どもは両方の親の家に生活必需品を持たなければいけません。
  • 親が離婚しようとしているとき、子どもは整理するのが難しくなるかもしれません。
  • 両方の親が子どもの普段のスケジュールを尊重してあげなければなりません。母親と父親のしっかりしたコミュニケーションがそのカギとなります。子どもの日課を常に変え続けていると、子どもの感情が激変することにつながる恐れがあります。

両方の親が子どもにとってベストなことに賛同すれば、共同親権の適した合意に至ることは、複雑になりすぎる必要はありません。

結婚の破綻に関する痛みはありますが、共同親権が機能するためには前のパートナーとのコミュニケーションが絶対に必要です。

関係がうまくいかなかったからといって、あなたとあなたのパートナーが子どもにとって良い親になれないという訳ではありません。

共同親権は、かかわりのある人全てにとって大きな利点があるように、この状況に対処する一つの方法なのです。