【祖父母の記憶】孫に覚えてもらうためにできること4つ

15 9月, 2020
祖父母の存在は、孫たちの人生において特別で重要な役割があります。あなたはお孫さんと良い思い出を残せているでしょうか?

祖父母は本当にすばらしい人達で、私達が幼い頃にとても優しくしてくれて甘やかしてくれましたよね。そんなおじいちゃん、おばあちゃんの存在は永遠であって欲しいと感じますが、誰もが分かっている通りそうはいきません。しかし、祖父母の思い出は私達に永遠に残ります。今回は、孫に覚えてもらうためにできること、いつになっても心がつながっているように感じる方法をご紹介します。

「人生で最も満足のいく体験は、孫または祖父母であるという事に違いありません。」

– ドナルド・A・ノルベルグ –

孫に覚えてもらうためにできること4つ

祖父母 孫 記憶

人生の思い出がつまったメモリーブックを作る

おじいちゃんとおばあちゃんのために、オリジナルのメモリーブックを作ると子ども達の記憶に残りやすくなりますよ。祖父母に自分の人生の思い出を綴ってもらい、何年か後にそれを孫に渡すことができます。

つまり、祖父母の幼少期、青春時代、成人してから、そして年配になってからという、それぞれの時代での経験や思い出を書き出してもらいましょう。自分達の子どもや孫の思い出深い出来事を加えることもできます。

このメモリーブックにぜひ入れて欲しい内容はこのようなことが挙げられます。

  • 重要な個人的な情報:誕生日と誕生地名、本名、家系図など。
  • 詳しい情報:趣味、興味、特技など。

実行するには、まずノートを買ってきて、何でも思いつくことを書いていくだけです。

祖父母と孫のアルバム

写真は過去の経験に立ち戻るのにとても良い材料となります。それを心に留めて、祖父母が孫たちの記憶に残るように、一緒に過ごした思い出をテーマにすると特別で美しいアルバムになるでしょう。

これは大好きなおじいちゃんとおばあちゃんの思い出が、手に取ることができる記録として永遠に残るので、特に心に響くに違いありません。

「幸いにも、まだあなたのおじいちゃんとおばあちゃんが健在なら、今のうちに遊びに行って、大事にしてあげて、たくさんお祝いしてあげてください。」

– レジーナ・ブレット –

祖父母 孫 記憶

思い出深く価値あるものを孫に与える

祖父母は大抵、何か思い出深く価値あるものをいつか孫に与えたいと思ってとっておいてあるものです。ネックレスや時計、ブレスレットや人形などもあります。非常に価値があって意味深い贈り物となり、何があっても孫と祖父母の強い絆となるでしょう。

孫が祖父母を思い出せるように一緒に時間を過ごす

時間というのは、計り知れない価値があるものです。そこで祖父母と孫がお互いに与えることができる一番の贈り物は、笑ったり、楽しいことをしたり、学んだりして、一緒の時間を過ごすことです。つまり素敵な思い出を作って、一生続くようなしっかりとした心の絆を深めましょう。

ある意味、心遣い、優しさ、愛情を表して、お互いを忘れないような関係を作り出すのです。これはどの人間関係においても優先すべきことですが、特に祖父母と孫の間には欠かせません。

「愛は、一つの世代から先の世代へと送られる最大の贈り物です。」

– リチャード・ガーネット –

祖父母に関して

祖父母は、私達の思いやり、尊敬、心遣い、憧れの全てに値します。そして、おじいちゃんとおばあちゃんは孫のためなら何でもしてくれるので、私達もその恩返しをするべきです。

孫たちは祖父母と一緒にいる時間を大切にして、機会があればハグとキスの嵐で包み込みましょう。残念ながら、祖父母の命には限りがあることをよく覚えておいてください。

もちろん、祖父母の思い出は、孫の心と記憶に永遠と残り続けることは確かです。