子どもの人生におけるおじいちゃんおばあちゃんの役割とは?

2020年3月27日
おじいちゃんおばあちゃんとの関係は、互いの世代を豊かにするユニークで特別な絆です。あなたの両親はこれ以上望めないほどのメリットを家族にもたらしてくれるでしょう。

家族の中、そして社会の中のおじいちゃんおばあちゃんの役割は最近大きく変わってきています。おじいちゃんおばあちゃんの役割はかつてはより目立たず選択的なものでしたが、今や積極的で必要なものとなってきています。

おじいちゃんおばあちゃんの役割

おじいちゃんおばあちゃんの存在は孫の人生や家族の生活全般において重要なものです。家族生活を送る上でも、子どもの感情の発達という点においてもその存在は非常に価値があると言えるでしょう。

経験を伴ったアドバイス

まず、おじいちゃんおばあちゃんは知識と経験の宝庫です。長い間生きてきたおかげで若い世代とは異なる、より広い視点を提供してくれます。

危機や怒り、恐怖、混乱といった状況に対しても、おじいちゃんおばあちゃんの助けのおかげで、より良い意思決定をするのを助けてくれます。

気持ちのサポート

親にとっても孫にとっても、つながりという意味でおじいちゃんおばあちゃんの存在は重要です。これは最初の子どもが生まれてからは特にそうです。親が子育てに恐怖を感じ圧倒されてしまうことが多いからでしょう。おじいちゃんおばあちゃんからのサポートやアドバイスがあると、新米のパパとママにとっては安心や励みになりますよ。

子ども おじいちゃん おばあちゃん

さらに、孫のお世話に関しては様々な面で助けになってくれます。そうすることで新しく生まれた子供をケアするというタスクは成し遂げることが可能なんだということを示してくれるのです。

家族の文化におけるおじいちゃんおばあちゃんの役割

おじいちゃんおばあちゃんは家族の核であり、家族が集まるところです。そのおかげで自分の家族の歴史についてもっと学ぶこともできます。さらに、家族の歴史について話してくれることで、アイデンティティの感覚を生み出してもくれるでしょう。

また、家族の価値観を引き継がせ、家族の結束を維持する上でも欠かせない存在です。

一般的に、家族をまとめるのに最も努力しているのがおじいちゃんおばあちゃんです。そして子どもや孫たちが集まっているのを見るのを最も楽しむのもおじいちゃんおばあちゃんです。家族の絆の重要性と素晴らしさを私たちに思い出させてくれます。

責任感と共感

おじいちゃんおばあちゃんは孫の共感と尊重の気持ちを育ててくれます。

親でさえ手に負えないような子どもの癇癪をおじいちゃんおばあちゃんが魔法のようになだめてしまうことも珍しくありません。また、子どもが親の言うことを聞きたがらない時も、おじいちゃんおばあちゃんの言うことならすぐに聞いたりもします。

さらに、おじいちゃんおばあちゃんの年齢やできることの限界について知ることで、子どもは共感や優しい気持ちを身に着けます。おじいちゃんおばあちゃんのことを心配することができ、ウェルビーイングのことを考えて行動を変えることもできるのです。

孫から学ぶこと

多世代的な関係からメリットがあるのは孫の方だけではありません。おじいちゃんおばあちゃんが孫の人生に恵みを与え豊かにしてくれるのと同じように、孫もおじいちゃんおばあちゃんに良い影響を与えます。

まず孫のおかげで若さを感じ生き生きとすることができるでしょう。よりリラックスしフレンドリーな角度から子育てをもう一度経験する機会にもなります。両方にとってメリットのある信頼とつながりという絆を作ることになるのです。

さらに、子どもの年齢が上がれば、おじいちゃんおばあちゃんとディベートをしたり、テクノロジーや進んだ現代の技術を教えてあげることもできます。社会に取り残されてしまったと感じないように、より社会に関わる手伝いをすることができるのです。

教育におけるおじいちゃんおばあちゃんの役割

上で述べたように、過去のおじいちゃんおばあちゃんの役割は今日のものとはとても異なるものでした。前の世代では関わりがより薄く、参加するかどうかも任意でした。しかし今、多くの家族が経済的支援などをしてもらうために、おじいちゃんおばあちゃんに頼る必要を感じています。

子ども おじいちゃん おばあちゃん

これは近代社会の家族形成のためです。しかし、これがおじいちゃんおばあちゃんを難しい状況に置くことになってしまっています。孫のお世話を期待されつつも、子どもの教育への干渉はしないでほしいと言われるからです。

自分の子どもの育て方に関して、親が意思決定をしたいと思うのは当然でしょう。しかし、おじいちゃんおばあちゃんは自分の仕事ではないことを、愛情から受け持っているということを忘れてはいけません。時にはそれが身体的・精神的許容範囲を超えてしまうこともあります。

ですので、子育てについて本当に大切なことはなんなのかに焦点を当てようとしてみてください。他のことと同じように、両親の基準を信じてその支えに感謝しましょう。力を合わせて協力できれば、特にお子さん、そして家族全員にとって最高の状況を作ることができるでしょう。