【型にはまらない学び!】学校や塾以外で習得できること

12 10月, 2020
子ども達は主に学校や塾で勉強しますが、毎日の活動からも学習することは沢山あります。今回は、型にはまらない学びについて見ていきましょう。

今回説明する型にはまらない学びというのは、学校以外の場所で経験する学習のことです。学校や塾以外でも色々学習できることがありますし、それらすべてが型にはまらない学びと考えられます。

例えば、子ども達は家庭で、またスポーツや他の活動をしているとき、友達と話しているときも、常に学んでいるのです。人間というのはいつも新たな知識を習得しているので子ども達は学校ばかりでなく、生活全般において知識を得る必要があります。

型にはまらない学びとその特徴

このような学びは宿題や家族との時間、そして楽しい時間を過ごしているときでも、毎日の活動すべてにおいて起こります。つまり子ども達が新しいスキルを習得したり行動について学んだりするという、毎日の活動をしながら学習しているのです。

型にはまらない学びの主な特徴として、大抵の場合意識していないときに起こります。事実、知識を得ていると自覚しないときに学びを得ることが多いです。

形式的な学習と違うのは、型にはまらない学びは人生について知識を得ることです。予想もしないときに、計画されたわけでもなく、論理的な学習に比べてもっと実践的な知識なのです。さらに学校での学びはきちんと統制されているのに対して、この種の学びは全く違う環境において、何かの目標を達成する過程で自然に習得できるものです。

【 型にはまらない学び 】学校や塾以外で習得できる学び

一方で、現代の新しいテクノロジーによって、色々なタイプの学びが可能になりました。今では膨大な数の情報源、プラットフォーム、教育アプリなどが存在します。例えば、いくつもの学習機会を提供するコース、ビデオ、SNS などがあるでしょう。

型にはまらない学びの分野

学校や塾以外の環境でも、形式的でない知識を得ることが十分可能です。型にはまらない学びがある色々な環境として、次のような所が挙げられます。

  • バイト
  • 家庭
  • 所属グループ
  • スポーツクラブ
  • 旅行
  • 映画や演劇
  • コンフェレンスやコース(言語、料理、DIY、特定の職業など)
  • ワークショップ
  • 買い物など楽しいこと

さらに上記のように、どの分野でも新たにオンラインでの情報があるので、簡単に知識を得ることができるのです。

【 型にはまらない学び 】学校や塾以外で経験できる学び

常に学習することの重要性

このような学びは非常に大切で、学校での教育と結びついていくというメリットもあります。それは学校と家庭の両方で、定期的に子ども達が学び続けることに役立っているのです。子ども達はこれらの経験から色々と習得して、これから先もずっと身につけていくでしょう。

特に次のような点においての知識を得ることが多くなります。

結論

私達はどんな活動をしていても、毎日の生活の中で一秒ごとに何かを学んでいます。どこにいても、私達には学びがあるのです。

型にはまらない学びによって、私達は感動し、成長し、人々との関係を作り、コミュニケーションが生まれます。それほど重要に見えなくても、あらゆる活動をするときに私達はいつでも新しい学びがあることを意識してみましょう。そうすると子どもの成長を見守るのがさらに楽しくなるかもしれませんね。