【学習障害】子どもの読解力を伸ばすサポート方法

今回は学習障害を持つ子ども達の読解力をサポートするための、親御さんや先生へのヒントをいくつかご紹介します。
【学習障害】子どもの読解力を伸ばすサポート方法

最後の更新: 16 2月, 2021

読書で苦労する子ども達が多いのはよくあることですが、これは学習にとても重要です。低年齢の子どもは単に読書だけが必要なのではなく、読んだものを理解しなければ毎日の学習で進歩していくことにはなりません。読書は知識になるので、学習障害を持つ子ども達の読解力をサポートすることは不可欠なのです。

多くの親御さんにとってこの作業は決して簡単ではないでしょうが、不可能なことでもありません。学習障害を持っていても、子ども達が少しずつ読めるようになり読解力をつけていくためには、どのようにサポートすべきかを知ることが必要です。まず親が覚えておくべきことは、子ども達の学習ペースや能力を尊重することであり、この方法を取ることでのみ適切な学習進歩が可能となるでしょう。

学習障害 子どもの読解力を伸ばす サポート

読解力を促すために質問する

子どもが本を読んでいるときに、読んでいるものについて質問をしてみましょう。すると子どもが読んでいるものとその内容の理解を確認することができます。子ども達の読解力を強化し、子どもが質問の答えについてより深く考えるので、質問を書き出して聞くということもできます。

質問を紙に書き留めることで、お子さんへのプレッシャーが緩和されるかもしれません。急いで答えなければというプレッシャーを感じずに質問の答えを考える時間が持てるからです。お子さんのペースを尊重して、質問にどう答えていいか分からない場合は、単にそれが書いてある部分に戻り、子どもが思い出して情報をよく吸収できるようにしましょう。

香りを利用して子どもの記憶を促す

お子さんが何かテストのために記憶しなければいけないことを勉強したり読んでいる時は、その趣向を少し変えてみましょう。読書や勉強中に香りを利用すると、後でその匂いを嗅いだときに学習内容を思い出すでしょう。

多くの子ども達は、ある匂いによって一定の瞬間や記憶を思い出すことがあります。お子さんが特にストレスになるような難しいテストの勉強をしているときには、特定のローションや香水をつけることを勧めてみましょう。

読書コーナー

子ども達は何か負担になるようなことはしたがらないので、読書を義務であると感じないようにすることも重要です。何か強いられることを好む人がいないように、それが子どもであっても例外ではありません。ある意味、子ども達が読書をリラックスして自己成長する時間と感じて、何と言っても楽しいひと時を経験するように動機つける方がより実用的で便利です。

そのためには、子どもが静かに座って、独りまたは誰かと一緒に本を読む特別な場所を設置してあげましょう。これを、誰も邪魔しない子どもの勉強コーナーに改造してあげることもできます。

床にクッションを置いたり、テーブル、座り心地良い椅子、本棚を設置したり、読書しやすいように自然光が入るように、あるいは照明を用意します。お子さんがこの部屋をどんどん使えるように、この部屋をアレンジする方法を考えましょう。

感想文を書く

特別支援が必要または学習障害を持つ子どもにとって、感想文を書くのは特に難しくなることもあります。子どもが本に圧倒されてしまわないように、各章ずつ覚えていくようにする方法が役立ちます。

理想的なのは何枚かの紙をホッチキスで止めて、自分専用のノートを作ることです。または、本の要約や習ったことを書くためだけのノートを用意してもいいでしょう。

お子さんが一つの章を読み終えたら、物語で何が起こっているかを一、二行の文章で書き留めるよう指示します。新しい章を読み始める前に、前章のまとめ部分を読んでもらいます。これで物語がどうなっているかを思い出すのに役立ちます。

【学習障害】子どもの読解力を伸ばすサポート

お子さんが最後の章まで読み終えたら、本の結末をいくつかの文章にまとめて書いてもらいます。読んだ内容を思い出すことができるような、本全体の要約が出来上がるでしょう。読書内容を覚えて情報を分類することがでれば、子どもは良い気分になりますよね。

読解を助けるために子どもと話す

座って読書する際に起こる主な問題について子どもと話し合ってみましょう。何が最も大変なのか、何によって気が散ってしまうか、そして注意散漫にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

効率的な読書法をブレーンストーミングしてみた後で、子どもと同意できる方法を実施するための約束書を書きましょう。これでこの読書法が上手くいった時には、毎回ごほうびとして子どもにポイントを与えましょう。

最後に、今回お話ししたアイディアが、学習障害を持つ子どもの読解力をサポートに役立ち、ご家庭でお子さんと実践できることを祈っています。

それはあなたに興味があるかもしれません...
子どもの計算力障害の兆候:サポートする方法を理解しよう
Eres MamáLeerlo en Eres Mamá
子どもの計算力障害の兆候:サポートする方法を理解しよう

まずは、この障害について親や教師がしっかりと理解しておくことが大切です。 計算力障害 のある子供は、特別なサポートを必要とします。そのため専門的なケアを受けるよう、学校から勧められることもあるでしょう。この学習障害を持つ子供は多くいます。この障害を抱えていると、算数の基本的な計算ですら習得に苦労します。