子どもの誕生日パーティーでできる簡単なゲームとは?

2019年12月7日
誕生日会でのゲームは楽しいものですよね。この記事では、子どもの誕生日パーティーでできる簡単なゲームをご紹介します。

今日はお子さんの誕生日パーティーできる簡単で楽しいゲームをご紹介します!

子どもの誕生日をお祝いする時、上手く準備してあげるのは両親の役割です。パーティーの飾りつけからお菓子、そしてゲームまで、目的は皆に素敵な時間を過ごしてもらうことですよね。

子どもの誕生日パーティーでできる簡単なゲーム

1.椅子取りゲーム

これは子どもの誕生日パーティーでできるゲームの中でも最も簡単なものの一つで、ずっと昔から行われてきたものです。ご存知の通り、椅子を外側に向けて円を作るように並べ、椅子の数は参加する子どもの数より1つ少なくなるようにします。

音楽をかけながら子どもたちは椅子の周りを歩きます。音楽が止まったら、椅子に急いで座ります。椅子に座れなかった子は脱落です。

一人子どもが抜けるごとに椅子を一つ減らします。これを椅子が一つになって子どもが二人残るまで続けます。最後に椅子に座れた子どもの勝ちです。シンプルですが盛り上がること間違いなしです!

2.宝探し

これはパーティーが始まる前に準備をしておかなければならないゲームです。子どもたちはあなたがパーティーの会場に隠したヒントを見つけながら、宝箱を探します。

この時、宝探しに参加する子どもの年齢を考えて難易度を設定せなければなりません。宝箱の中には、パーティーのテーマや予算に合わせて小物や小さなギフトを入れるといいでしょう。

3.サックレース

子どもは動き回るのが大好きなので、サックレースも子どもの誕生日パーティーに向いているゲームの一つです。

サックレースには、子どもが中に入れるサイズの大きな袋が必要です。子どもの人数によってチームやペアになって、スタート地点からある地点まで行って帰ってきます。

行って帰ってきたら自分の入っていた袋を次の人に渡します。最も速く帰ってこれたチームやペアの勝ちです。

子ども 誕生日 パーティー

4.エッグレース

これは子どもに最も人気のあるゲームの一つです。ゲームを始めるには、まず子どもの数の分のスプーンと卵を数個用意します。

パーティーの前に卵を茹でておくと、子どもの服が汚れないのでおすすめです。しかし、それは秘密にしておきましょう。その方が子どもがわくわくするからです。

ペアかチームになって、一人がスプーンに卵を乗せます。そしてそのままスプーンを口にくわえます。そして決められた場所まで行って帰ってきたら、次の人に卵を渡します。卵が途中で落ちてしまったら、スタート地点に戻らなければなりません。

5.ハンカチ落とし

これも簡単なゲームの一つです。必要なのはハンカチだけです。まず、子どもはみんなで輪になります。そして一人がハンカチを持って輪の周りをまわります。輪になって座っている子どもは目を閉じます。

そしてハンカチを持った子どもは10秒数え、お友達の一人の後ろにハンカチを置きます。子どもたちが数え終わったら、目を開けて振り返り、ハンカチが無いか確認します。

そして、ハンカチがあった子どもは立ってハンカチを落とした子を捕まえようとします。捕まえられたら、もう一度ハンカチを持つ役になります。もし逃げられてしまったら、その子が今度はハンカチを持つ役です。

子ども 誕生日 パーティー

6.ピニャータ

ピニャータは最もおもしろいゲームの一つです。ピニャータを買って、中に子供向けのお菓子や小さなおもちゃを入れましょう。

そして誕生日の子に目隠しをします。そしてそのままピニャータを叩いて壊します。地面に落ちたお菓子は子どもたちみんなで楽しむことができます。