授業で使える新しいテクノロジー:取り入れる意味とは?

2019年12月3日
教育における新しいテクノロジーの導入がどんどん進んでいるため、学校は常にその手法を最新のものにする必要があります。詳しく見てみましょう!

授業で使える新しいテクノロジーは膨大ですが、取り入れることについてはまだ初期段階であり、比較的研究が行われていません。しかし黒板や紙にノートをとる伝統的な方法は徐々に消えつつあります。そしてタブレットや電子黒板のようなものがより一般的になろうとしているのです。

子どもや若者は以前の世代とは全く違います。ですので学校や教育システムも子どもに合わせることが必要なのです。

では、なぜ学校は授業で新しい技術へと徐々に変化していくべきなのでしょうか?その答えは、基本的に現在の若者に全ての答えを供給するには、伝統的な方法では不十分になってきているからです。

過去の世代のために作られたモデルに固執しても、今の世代のポテンシャルを拒絶することになるだけなのです。

新しいテクノロジーを授業に取り入れる意味とは?

新しい授業テクノロジーは画像やオーディオ、ビデオ、テキストなどのさまざまなツールを同時に使用します。ウェブサイトにおいては、コンテンツを多方面からさまざまな方法で読ませるように工夫されており、これが新しいテクノロジーのメリットです。

新しいテクノロジーの複雑さは、今の子どもにとってはあまり難しくありません。子どもはタブレットやスマートフォンといったようなものに慣れています。彼らにとって、アプリの言語を理解することはほぼ直感的にできることなのです。オンラインゲームでレベルアップしたり点を稼いだりする方法を理解するのに、助けも補助ツールも必要としないのが良い例でしょう。

新しい テクノロジー 授業

ですので、こういった新しいテクノロジーを授業に組み込むことは、子どもの学習意欲を高めることになるのです。

しかし同時に、これは教育者側にとって大きな課題になります。一般的に多くの人がテクノロジーをエンターテインメントと考えています。ですので、学校がこういったツールを効果的に使うにはどうしたらいいのでしょうか?

先生や家族にとっての課題

新しいテクノロジーを授業に取り入れるということは、学校が大きな方法転換をしなければならないということです。デジタル時代を無視することは不可能です。むしろ、教育コミュニティが時間とテクノロジーを使用するコンテンツの使い方のバランスを見つけなければならないのです。

例えば授業での情報テクノロジーは、スキルの習得とこういったツールの使い方がわかるようになることにおいてとても興味深いサポートをしてくれます。

また、オンラインのプラットフォームも幼稚園から大学までの全ての教育レベルにおいてどんどん使われるようになってきました。これにはソーシャルメディアから各教科のための特別なアプリまでさまざまなものが含まれます。

教育システムの観点から最も大きな課題と言えるのは、独自の言葉を持った方法の導入を可能にするもう一つの教授材料として、デジタルメディアを考えることです。

そして、教育とは常に親や先生が関わるプロセスであるということを忘れてはいけません。これは昔の教育法でも、今のものでも同じことです。

ですので、テクノロジーを教育ツールとして使用することは、すべてをコンピューターやタブレット任せにするということではありません。むしろ、親や先生が各ステップを尊重しながら責任をもって共に歩んでいくものなのです。

新しい テクノロジー 授業

反対もあるものの、大きなメリットも

歴史を通して、教育は多かれ少なかれその時代のテクノロジーを取り入れてきました。教育ビデオからコピー教材まで、全てのものが最初はある程度抵抗されたものです。

今日の生徒は紙に頼りすぎている。チョークまみれにならずに黒板に字を書くこともできない。黒板をきちんときれいにすることもできない。紙がなくなったらどうするつもりなんだろうか?

-ある学校の校長が1815年に残した言葉

デジタル時代の今、教室で得られる個別化のレベルは、伝統的な学校教育では測りがたいものになっています。また、生活のあらゆる面での即時性を考えると、近代的な授業テクノロジーは変化に必要なスピードを提供してくれます。

結論として、新しいテクノロジーを授業に取り入れることは、より参加型で手の届きやすい授業を促進してくれます。こういったツールを使って得られる可能性は無限大です。