田舎に住む子どもにお勧めのペット5選:ペットの適切な選び方

2019年11月20日
伝統的な猟犬やそれに似た犬種に加えて、田舎での生活を共にすることのできる動物は他にもたくさんいます。ブタ、ウシ、ウサギ、ウマなど…これらすべての動物は田舎に住む子どもにぴったりなペットなのです。

どのペットを飼うか決める際には、あなたの環境やライフスタイルにあっていてそれを楽しめるペットを探すことがとても重要です。今日の記事では、田舎に住んでいる子どもにぴったりなペットについてお話したいと思います。

ペットを飼うことを夢見る子どもはたくさんいますし、ペットは責任などの価値観を教えるのにもってこいです。このような理由のため、子どもの生活の中にペットを迎えることについては、私たち大人がしっかりと注意をする必要があります。

また、ペットが受けるに値するケアを必ずしてあげなければなりません。

ペットの適切な選び方

ペットを迎える前に、そのペットが幸せで健康な一生を送れるように、その性質やニーズについてしっかりと調べることが欠かせません。そのペットの健康など必要不可欠な面についてのお世話に加えて、飼い主はペットに合わせて空間や環境を調節してあげる必要もあります。

大都市に住んでいる場合は、インドアの生活に順応でき、小さなスペースでも生活できる動物がいいでしょう。しかし田舎の場合、よりアウトドアの生活に慣れている動物を選ぶことができます。

田舎に暮らすことの最大のメリットの一つは、たくさんのスペースと新鮮な空気があることです。つまり田舎に住む人は子どもになつく様々な種類の動物をペットとして迎えることができるということです。それがいったいどんな動物なのか見ていきましょう!

田舎 ペット

田舎に住む子どもにぴったりなペット5選

1.ブタ

近年、ブタはペットとしての人気が高まっています。そのチャーミングな見た目と特徴的な鼻に加えて、ブタはとても知能が高く繊細なのです。ブタは毎日の生活の中で人間との心の絆を強め、意思疎通をしあうことができるのです。

ブタはとても注意深く繊細なので、子どもと暮らすにはケアと忍耐が必要です。怪我をしたり脅かされていると感じると、他の動物と同様好ましくない反応をするかもしれません。ですので、子どもはこういった種類のペットが必要とするケアについてしっかりとわかっていなければならないのです。

2.ウマ

気高く堂々とした姿をしていますが、ウマは高い共感能力、社会性、そして驚くべき知性を持っているのです。

ウマと暮らすことには、子どもの身体的、認知的、感情的、そして社会的発達にいい効果があります。また、ガイドしてくれる専門家をご存知なら、子どもはホースセラピーの恩恵を受けることもできます。

3.ウシ

疑いようもなく、ウシは田舎の最も象徴的な動物の一つでしょう。また、ウシは人間に最も恩恵をもたらしてくれている動物の一つでもあります。そして彼らは田舎に住む子どもの素晴らしい友達にもなれるのです。

ウシは強く、美しく、抵抗力があり、知能が高く、とても繊細な動物です。そして家族と何年も一緒に暮らすことができます。もちろんウシには生活するための大きなスペースとたくさんの牧草が必要になります。その体重は770キロ以上にもなるのです。

4.ウサギ

ウサギは都市に住む子どもにも田舎の子どもにも最適なペットの一つです。活発で素直な、そしてあたたかい気質をしているので、子どもにとっては素晴らしい友達になります。また知能も高く、訓練を行うこともできます。

ですので、とても従順になり、幅広いタスクや芸を覚えることができるのです。

ウサギにはたくさんの種がいるので、それぞれの種が個別の性質やニーズを持っています。ウサギはとても多才で異なる環境にうまく適応することができます。田舎に住んでいるのなら、より大きなウサギを飼うこともできますね。

田舎 子ども ペット

5.イヌ

イヌを田舎に連れて行ったことのある人は、イヌがどれだけ田舎が好きかということをご存知でしょう。

田舎はイヌが運動し、新しい感覚や刺激を発見し、自分を自由に表現するのに最適な場所です。まるで子どもを公園に連れて行ったときのようですね!

ですので、「人間の親友」であるイヌは、もちろん田舎で暮らす子どもにベストなペットとして挙げない訳にはいきません。

例えばジャーマンシェパードなどのイヌは田舎暮らしのイメージがありますね。とはいえ田舎での暮らしを楽しむ犬種はたくさんいます。

雑種はとても多才で身体的な抵抗力も高いので、田舎の生活にとても上手に適応することができます。保護犬を迎えれば、あたたかい家庭を必要としているイヌにセカンドチャンスをあげることができるかもしれませんよ。