家にペットがいるメリット:子どもにピッタリのペットとは?

2019年5月27日
動物が嫌いな子どもなんているでしょうか?動物の無邪気さ、柔らかさ、誠実さは、あなたの家庭の小さなお子さんにぴったりです。

きっとあなたのお子さんは動物が大好きかと思います。動物を愛するのはいい理由ばかり。可愛くて楽しいだけでなく、子どもがまだ小さいうちにペットを飼い始めることのメリットは他にもあります

子どもの年齢に応じて決める必要があるのは、どんな種類の動物が適しているか、でしょう。

子どもが小さいうちは、ペットの世話をするのはママのあなた。でも、結局のところ、それだけの価値があるはず!

動物が嫌いな子どもなんているでしょうか?動物の無邪気さ、柔らかさ、誠実さは、あなたの家庭の小さなお子さんにぴったりです。

でも、5〜6歳になる頃には、どんな子も「家でペットを飼いたい!」と言い出すでしょう。親なら誰もが通る道です。

ペットを飼うメリット

家でペットを飼うことの利点は、子どもにとっても大人にとっても下記の通り。

  • 相棒と一緒に感情を味わう。まず、動物が大好きな子どもは、まるで友達と遊ぶようにペットと遊ぶのが自然に思うでしょう。
  • 責任について学ぶ。お子さんが動物を大好きなら、ペットのお世話をする責任を一部任せる機会にしましょう。散歩、お風呂、餌やりに参加させることは、子どもに一生続く責任感を与えます。
  • 忍耐力を養う。ペットの飼育は必ずしも容易ではありません。ペットを飼うことのメリットだけでなく、飼い主が直面する楽しくない場面とも対処することを学ばなければなりません。
猫と子ども 子ども    ペット   メリット

  • ペットを観察して学ぶ。好奇心は、子ども時代の最も素晴らしい側面のひとつ。あなたのお子さんは、ペットに関する新しい発見と自分の過去の経験と照らし合わせながら、ペットの行動を観察して研究するのに何日も費やすことでしょう。
  • 感情的な絆と信頼を生み出す。子どもたちの中には、他人に愛情を表現するのに苦労する子もいます。しかし、そんな子どももペットを心から愛することができるはず。愛情によって周りの世界との結びつきがより開かれたものになり、大きな自信も与えられます。

こちらもお読みください:妊娠中に犬を飼うことで得られる効果

散歩と尊敬心

犬は定期的に散歩に出なければなりません。と言うことは、犬を飼っているなら、つまり他の飼い主さんたちと接触する機会があるということです。これはお子さんが経験する様々な状況を作り出してくれるはず。

また、動物を尊重することも重要な考慮事項のひとつです。自分のペットが大好きなお子さんでも、つねったり、叩いたり、毛を引っ張ったらペットはどんな反応を見せるだろう、と興味をそそられることがあるかもしれません。もちろんのこと、ペットはお友達で決して傷つけてはいけないとしっかり説明することが重要です。

「動物の目には言語を超えて語る力が宿る」

– マルティン・ブーバー – 

ペットとして飼うのにぴったりな動物は?

全部ご家庭のライフスタイルや生活習慣によります。一日中誰もいないお家では、それほど世話を必要としないペットを探すのが良いかもしれません。魚、カメ、鳥、ハムスターは最も飼いやすい選択肢です。

ハムスターとの友情は、犬と育む友情とは確かに同じではありません。でも、お子さんが責任感とルーティーンの美徳を学ぶことは確実です。ご存知の通り、ケージや水槽は毎週掃除しなければなりませんし、ペットはいつだって餌を必要とします。

こちらもお読みください:お母さんが休憩を取ることの重要性

少年と犬 子ども    ペット   メリット

結論として、家でペットを飼うことにはたくさんのメリットがあります。ペットを飼うことで、子どもに親切心・共感・善について教えるのに役立ちます。さらに、お子さんがペットを愛すれば、自然や周りの生き物に対する尊敬心を育むのに、ペットが役立つでしょう。

小さい頃からペットを飼うことができるようなラッキーなお子さんは、より愛情に溢れ、大人を尊重する傾向があります。そんな機会をぜひお子さんに与えてあげて、成長の機会として見守ってはいかがでしょうか?