【侮蔑してしまう子ども】効果的に行動を直す方法とは?

29 10月, 2020
子どもによっては汚い言葉を使ったり、悪口を言ったり、侮辱的な言い方をするなどの、不適切な行動をする子がいます。人を侮蔑する子どもの行動を効果的に直せますか? このような行動の原因は何でしょうか?

お子さんが人を侮蔑したり、言葉使いが悪かったり、軽蔑的なことを言う場面を見た親御さんも少なくないでしょう。このような不相応な行動は一つの原因で起こるわけではありません。多くの場合、複数の原因が組み合わされてこのような行動が引き起こされます。今回は人を侮蔑してしまう子どもの行動を効果的に直す方法をご紹介します。

まず、侮蔑する行動を直すときには子どもの年齢を考慮するようにしましょう。もちろん、2歳児と11歳の子どもでは人を侮辱する意味が違ってきます。

このような行動を起こす原因は何なのでしょうか? どのようにしたら、人を侮蔑する子どもの行動を効果的に直せるのでしょう。では、その答えについて見ていきます。

なぜ子どもは人を軽蔑するのか?

このような不適切な行動にはいくつかの原因があるでしょう。それは必ずしも一つの原因によって起こるわけではありません。実際には複数の原因となるものが並行して存在することがあります。最もよくある原因を次に挙げていきます。

【人を 侮蔑 する子ども】効果的に行動を直す方法

遺伝要素、性格、気質、性格

子どもの性格や気質によっては、この種の不相応な行動に出やすい場合があります。

うつや注意欠陥多動性障害などの精神的な問題

精神的な疾患が原因となって、子どもが乳幼児期または幼少期に問題のある行動をしてしまうこともあります。そのため、子どもにそのような問題がないかどうか確認して、適切な判断をすることが大事になってきます。

自尊心、集中力、社会性の問題

このような問題は、他の人を侮蔑したり失礼な言葉を使う行動を引き起こすことがあります。多くの場合、子ども達自身がどうしようもなく感じる状況が原因となって、自分の怒りを表現したくて誰かを軽蔑するような言葉を使うことがあります。

特に寛容な親のしつけ方が原因

親が規則を徹底しない、子どもに必要な制限を設定しない、または口論を避けるために甘やかしていると、子どもの言いなりになって完全に親の権威を失ってしまいます。

人を侮蔑する子どもの行動を効果的に直す方法

もし親が子どもをしつけて行動を直すようにしないと、子どもは自分が中心であり、自分が望むことをかなえるために親がいると思ってしまいます。子どもが欲することを拒否すると、子ども達は親に対して失礼なことを言って侮辱し始めるでしょう。

合理的に根気強く取り組む

子ども達に伝えたいことを、効果的に解釈してもらう必要があります。親が断固とした態度を示さないと、子どもは混乱してしまい今まで通りの行動を続けることでしょう。

子どもの侮蔑的な行動を効果的に直すには、自分の不満に対処する方法を教える

子どもが小さい頃から、欲求不満をコントロールする方法を知っておくことが大事です。大きくなってから自分の思い通りにいかない時に、効果的にその状況に対処する方法を知る必要があります。いつも自分の思い通りになるわけではないことを教えておくことが不可欠なのです。

他の人を傷付けずに、自分の怒りを表現する方法を教える

子どもの怒りがとても強烈で、誰かに対して軽蔑的または侮辱的なことを言って怒りを爆発させることがあります。そういう時に怒りを外に外に出さずに、もっと前向きな目的に注意を向けるようにする方法を教えることが重要です。

【人を 侮蔑 する子ども】効果的に行動を直す方法について

ルールを強化する時は、的確に強硬な態度を取る

規則を強化するときに体罰を与えるなどという必要はありません。その代わり、相手を理解するというお手本を示して、子どもを動機づける必要があります。しかしルールに関しては、最初から守らない場合はどうなるかを示して、断固として規則を強化することに徹する必要があります。

侮辱的なことを言う子どもには、自分がお手本になる

お子さんにとって最も重要なお手本になるのは親のあなたです。小さい頃から子ども達はまねをして学ぶものです。親が怒って他の人を蔑んだり脅しているとしたら、子どもの行動を直すような道徳的な権威はありません。

自分の行動に節度を持つ

上記のように、他の人を軽蔑する子どもに対して親が怒れば怒るほど、子どもにその主導権を握らせることになります。子ども達は親の反応から学び、侮蔑的な行動がどのように親に影響するか見ているのです。

子どもを叱るときは、残酷にならない程度に厳しく接する必要があります。怒鳴ることなく説明しましょう。時には、体罰を与えることをしないで、行動そのものを無視する方が良い場合もあります。

子どもの侮蔑的な行動を効果的に直すことは良いしつけ

他人を侮蔑する子ども達に対処する方法にはいくつかの側面が考えられます。これまでご紹介した方法を試しても子どもの行動が改善しない場合は、精神的な問題である可能性があります。

その場合は専門家の意見を求め、お子さんのケースに合わせた効果的な対処方法について相談してみることをお勧めします。