【問題解決能力】子どもの科学的思考を刺激する方法

子ども達の科学的思考を刺激することは重要であり、それによって子ども達の学習と自身の発達にとても役立ちます。
【問題解決能力】子どもの科学的思考を刺激する方法

最後の更新: 02 2月, 2021

子ども達の科学的思考を刺激するのは多大なメリットがあります。学業面においてだけでなく、日常生活や個人的成長といった点においても効果が見られるのです。推論力や論理的思考力を発達させることは、子どもたちが遭遇する問題を解決し、直面する新たな状況に適応できるように彼らをサポートする上で非常に重要です

科学的思考というのは、単に科学(数学、自然科学、生物学、工学、医学、幾何学)に関する話だけではありません。ここで言うのは自主性と日々の問題を解決する能力という意味です。

子ども達の科学的思考を刺激する重要性

上記の通り、お子さんがこのような考え方をするよう刺激することは非常に重要です。子ども達はまさに発達の最中にあり、与えられる認知的刺激は学習面での発達と自主性のある人への成長にとても役立ちます。

そこで子ども達の科学的思考を刺激するメリットを見ていきましょう。

問題解決能力 子ども 科学的思考 刺激する

  • 現実的な状況での問題を解決する方法を習得する。
  • 自分達の環境で起こることについて観察して分析する力を伸ばす。同時に推論能力を高め、もっと複雑な考え方の構築を促す。
  • 学習能力を発達させ、自分自身の解決法へと行き着く方法を学ぶ。
  • 子ども達の環境との関係を深め、それを認識する力を強化する。
  • 自己の知識を積み上げていくのに役立つ。
  • 空間に対する感覚と、物理的環境(形、部分、全体など)との関係を向上させる。

これは、子どもの科学的思考を刺激するメリットのほんの一部です。これらの効果によって、子ども達は困難な状況に直面してもそれを解決していき、色々な角度から分析できるようになり、自分達が生きる世界でのグローバルビジョンを持つようになります。

科学的思考を適切に刺激するための心得

子ども達の科学的思考を十分に発達させるには、ある程度本質的な側面を考慮しておかなければなりません。その中のいくつかをここで挙げてみます。

  • 子どもの毎日の生活の中で科学的思考を利用する。
  • 複雑な状況で問題解決するために論理力を使う。
  • 子どもが身の回りを観察分析して、適応した行動をとるために必要なスキルと技術を身につけさせる。
  • 間違える可能性があっても試してみるように勧める。解決法を試してみてダメなら方法を変える。間違いは学ぶ機会であるという概念を子どもに学ばせる。

子ども達の科学的思考を刺激する秘訣

科学的思考によって、子ども達が事実と考え方、さらに事実や考えや原因を、それらがもたらす影響と結びつけるのに役立ちます。毎日の生活で簡単な訓練をすることで、この思考、論理、結論の発達を促すことになります。この観念を基に、いくつかの秘訣を見ていきましょう。

世界に対する好奇心を子どもに持たせる

お子さんたちが周りにある物全てを探求して、どのように何のためにそれが働くかを理解させてあげることが必須です。それは対象物を操作して、試行錯誤しながらその動きのメカニズムを認識することを促すという意味です。

幼少期から子ども達に色々な物を触らせて、布やおもちゃなど様々な材質の物を与えます。もちろん安全性のあるものにしましょう。

まずは感触と視覚を使って、子ども達は色・形・大きさなど物の違いを認識します。同時に対象物の特徴や機能についても探求するでしょう。成長と共に家庭でもできる科学的実験をして、原因と結果という関係性を分析することもできます。

子どもが興味を持つような質問をする

子ども達の中には好奇心が旺盛で何でも触って質問してくる子もいれば、それ程興味を示さない子もいます。後者の場合は、身の回りの世界について質問して好奇心を目覚めさせてあげる必要があります。それと同時に、理解できないことに対して説明できるようにどんどん調べることを勧めましょう。

問題解決を練習して試すよう促す

子ども達にとって危険でない限り、対象物を操作したり設置する際に問題が出てきたら、自分の基準に従って自主的に解決法を探し出すように勧めてみるべきです。常に大人の監視下で行われるようにして、忍耐強く子どもを見守り、必要であればアドバイスをしてあげると良いでしょう。

問題解決能力 子ども 科学的思考 刺激する

想像力を利用して遊ぶ

子ども達が解決できるような簡単なチャレンジを与えることもできます。例えば架空の物語を伝え始めて、子ども達にその続きを語ってもらい、何が起こり、どのように考え、どんな反応を示したかなどについて説明してもらいます。

物語を通して子ども達の科学的思考を伸ばす

お話というのは、子ども達の科学的思考を高めるのにとても良いツールになります。まずは大人が物語を読み、子ども達に思考と理解を深めるような質問をします。

その後、子ども達が大きくなってからその質問に対する答えを探し出すのに、他の本などを調べて探求することがあるかもしれません。

子ども達の学びへ何気なく誘導する

何か問題にぶち当たって、子ども達がどう解決していいか分からない場合、親が解決法を与えてしまってはいけません。むしろ解決のヒントを与えて、子ども達が考えながら解決法に行き着くような質問をしてみましょう。この方法だとお子さんが解決法を見つけることになります。

 

ご覧の通り、親が子どもの科学的思考を刺激することはとても重要です。これによって、先々大事になってくる学業面だけでなく、これから直面する問題を解決していく能力を持つ自立した人間形成にも役立ちます。

親というのは学びの道を歩む子ども達を辛抱強く愛情と献身を持って見守る案内役であることをぜひ忘れずに、子ども達がすべての分野において素晴らしい人間となるように応援していきましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
【子どもの思考力】自分で考えるようになる話し方とは?
わたしママRead it in わたしママ
【子どもの思考力】自分で考えるようになる話し方とは?

子ども達が 自分で考える ようになるためには、どのように話したらいいかご存知ですか? 子ども の 思考力 に役立つようなツールはあるのでしょうか。多くの親御さんが幼児教育のことを心配しています。実際に現代社会の主な教育目標として掲げられるのは、 思考力 について指導し、子ども達が自分で考えるよう学ぶことです。