【発達過程】2歳~3歳児に起こる6つの重要な変化

幼少期で最も大きな変化が起こるのは2歳から3歳の間です。今回は2歳から3歳までの間に起こる変化についてお伝えします。
【発達過程】2歳~3歳児に起こる6つの重要な変化

最後の更新: 01 12月, 2020

2歳から3歳までの間に、赤ちゃんだった子どもは幼児にまで成長します。そのため、この発達段階では、認知的、身体的、感情的、社会的など、さまざまな変化が起こります。

それでは、この年齢で起こる重要な変化について詳しく見ていきましょう。

 

2歳~3歳児に起こる6つの重要な変化

2歳児・3歳児は身体が大きくなるのに加え、認知面でも成長を始、多くの能力が発達し始めます。

また、周囲の環境との関わり方も変わってきて、自主性と自立心を身に着けていきます。以前はできなかった、あるいは親や他の大人の助けを必要としていたことが出来るようになります。

2歳 3歳 変化 成長 

合わせて読みたい『0~5歳の子どもの運動発達

このように、親御さんはお子さんの変化や新しいスキルをもっと学ぼうとする前向きな姿勢を見ることができるのです。

子どもの発達段階には、どの段階にも美しさと喜びがありますが、成長過程を踏むごとに必然的な痛みも少し伴います。

―ニコール・ノードマン

1.2歳~3歳の間にトイレに行く自主性を身につける

スペインのラ・リオハの “Early Care Team”によると、2歳になると、子どもはおまるとトイレを認識できるようになります。使い方を教えてあげれば、自分でも使えるようになります。

3歳になるとトイレに行きたいことも伝えられるようになります。一人でトイレに行くこともできますが、終わってからの手伝いは必要とするでしょう。また、トイレが終われば手を洗って乾かすことも一人でできます。

2.一人で着替える自主性を身につける

ボタンや紐を事前に外しておけば、ほとんどの2歳児は靴やズボンを一人で脱げます。3歳になると、これがさらに上手になり、大人の助けを借りながら自分で着替えができるようになります。

3.一人でご飯が食べられるようになる

2歳~3歳に起きるもう一つの大きな変化は、スプーンで食べさせていたご飯を自分で食べるようになることです。カトラリーを使いこなすことは難しくても、時間と共に食べこぼしも減ってきます。

4.発話が複雑になり、理解しやすくなる

生後2年の子どもは、名詞と動詞で簡単な文章を作ります。例えば、「水が欲しい」「ママ来て」など。また、次のような簡単な質問にも答えられます。「何しているの?」「何がほしい?」「どこ?」

しかし、3歳になると発話はより複雑になり、理解しやすくなります母語のすべての音素を覚え、動詞、複数形、代名詞、冠詞などの語彙が増えていきます。これにより、おしゃべりが上達し、自分が何をしているのか、何が欲しいのか、何が起きているかを他の人に伝えることができるようになります。

2歳 3歳 変化 成長 

5.社会性の増加

2歳から3歳の間に、ほとんどの子どもは保育園・幼稚園に通い始め、家族との関わりのみだった世界から、他の子どもたちや大人(先生や教師)との関わりを持ち始めます。

そのため、この時期は社会性が増すことで社会規範や規範行動に関連したスキルを身につける時期でもあるのです。

6.家でのお手伝いができるようになる

早いと思われるかもしれませんが、2歳児・3歳児はお片付けなど、家でのお手伝いを始めることができます。例えば、おもちゃのお片付けや、お皿、ナプキン、スプーンといった簡単なものを食卓の上に置くのを手伝ったりすることができます。

2歳~3歳児に起こる変化のまとめ

2歳から3歳の間にはあらゆる変化が起きます。これらの変化は、子どもが成長し、かつてのように自分を頼りにしなくなるということを受け入れる必要があるため、親にも影響を与えます。

とはいえ、この年齢になっても今回ご紹介した変化が起こらなくても心配する必要はありません。成長や発達には個人差があり、それぞれのペースで進んでいくからです。

こちらの記事もおすすめです。
「恐るべき2歳児」をどう扱うか
わたしママで読むことができます。 わたしママ
「恐るべき2歳児」をどう扱うか

この記事では、いわゆる「恐るべき2歳児」について知っておくべきことを皆さんに紹介します。また、特に激しいその数ヶ月間に起こる困難に対処する最善の方法も共有したいと思います。幼児期の各段階にはそれぞれ特徴があります。2歳の子供を指導し、教育する上では、時には困難と直面することでしょう。



  • Fernández, M.A., Idoate, J. L., Izal, M.C. y Labarta, I. (2007). Desarrollo de conductas responsables de 3 a 12 años. Gobierno de Navarra: Departamento de Educación y Cultura.
  • Garrido-Eguizábal, M., Rodríguez-Ruiz, A., Rodríguez Ruiz, R. y Sánchez-Rodríguez, A. (2008). El niño de 0 a 3 años: Guía para padres y educadores. La Rioja: Gobierno de La Rioja. Consejería de Educación, Cultura y Deporte.