【読書をしよう!】子どもの読書習慣を刺激する4つの方法

27 8月, 2020
子どもには小さい頃から読書を習慣づけてほしいですよね。しかしこの学びに関して、家族にはどのような役割があるのでしょうか? どうやって読書するよう刺激することができるのでしょう。
 

読書は誰もが人生の中で取得できる、最も重要なスキルと言えます。読むことができると、様々な学習範囲に及ぶ色々な情報を組み入れていくことが可能になります。学校でも家庭環境においても、読書の能力を最大限に伸ばすようにしましょう。それを踏まえ、今回は家庭で子どもの読書を刺激する4つの方法をご紹介します。

「読書によって得られる理解力や興味は、これまで見出されたあらゆる知識を手に入れる手段を与える。それは、すでに解決された問題の答えまたは秘訣の手がかりとなる。」

– エイブラハム・リンカーン –

家庭で子どもの読書を刺激する4つの方法

【読書の奨励】家庭で子どもの 読書 を刺激する方法

読書コーナーを設置する

家庭で子どもの読書を刺激するには、子ども部屋の片隅に特別な読書の場所を作ると良いでしょう。お子さんに読むことを動機づけるようなスペースを準備するだけでいいです。

読書コーナーを窓の近くや照明がある素敵な場所に設置して、色々な物語の本をそろえましょう。子どもの年齢に合った本を、自分で取り出せるようにしてください。お子さんが読書と本に関すること全てを楽しめるように勧めてみましょう。

寝る前に読書することを習慣づける

 

就寝前の読書に関しては、それを幼少期から始めると色々なメリットがあります。まず毎日の日課として、読書する時間を確保することに慣れるでしょう。

「読書好きの子どもは、考えることができる大人になる。」

– 匿名 –

赤ちゃんが4~6か月位になると、両親は本の読み聞かせを始めることができます。それを聞きながら、これらの本に出てくる絵や色を見るようになるでしょう。しかし少しずつその物語を理解する力をつけていき、思いも寄らない時に子ども達は自分で読書を始めるのです。

ある意味、子どもに読書を勧めるのは、読む能力を発達させて、幼い読書家を育て、将来重要な価値ある存在へと成長していく基本となるでしょう。

近くにある図書館で登録する

家庭で読書を奨励するには、近所にある図書館で会員登録することです。図書館でカードを作り、子どもの好みや興味に合わせて限りない本のタイトルから選ぶことができるでしょう。図書館で読書をしたり、本を借りて自宅へ持ち帰ることもできます。これは子どもに責任について教える良い方法でもあります。

良いお手本になる

子どもに読書を習慣づけるには、家庭で両親も読むことが重要です。子どもにとって両親が最も偉大なお手本であり、子どもはその模範通り真似することを忘れないでください。そこで自分の両親が趣味で読書している様子を、子どもが目にすることが不可欠になってきます。これは文学、雑誌、新聞、ブログなども含まれます。

「読書が精神に与える影響は、運動が肉体に与える影響の如し。」

– ジョセフ・アディソン –

 
【読書の奨励】家庭で子どもの 読書 を刺激する

家庭で子どもの読書を刺激する重要性

家庭で読書の大切さを尊重し、読むという力を刺激する機会を子どもに与えましょう。それは前述のように、読書力をマスターすると、その先の人生ずっと学習し続けることができるからです。

さらに日頃から読書を習慣づけると、次に挙げるようなメリットがあります。

  • 話す力と書く力の表現力が上達する。
  • 語彙が増える。
  • 作文と漢字の知識が強化される。
  • 創造性や想像力が刺激される。
  • 学習のつまずきを防止するのに役立つ。
  • 集中力と注意力が高まる。
  • 論理的な思考と熟考を訓練する。
  • 思いやりを持ち、他人の考え方を尊重できるようになる。
  • 自分と他の人の感情を理解できるようになる。

結論として、子どもが小さい頃から家庭で読書を習慣づけるメリットはたくさんあります。ここでご紹介したように、この考え方を実践していきましょう。きっと将来子どもに感謝されることでしょう。

「あなたは宝石や金が詰まった宝箱を密かに持っているかもしれない。でもけして私ほど裕福にはなれない。なぜなら、私には本を読んでくれた母がいるから。」

– ストリックランド・ジリアン –