図書館の教育的な価値について

図書館は、何世紀もの間教育的、娯楽的文化としての役割を果たしてきました。時が経ち、このスペースはその価値を評価され、世界の知識が集まる場所として使われています。図書館は今でも莫大な教育的価値を持っているのです。
図書館の教育的な価値について

最後の更新: 12 1月, 2019

図書館の教育的な価値は過去のものではありません。図書館は今でも世界中に存在し、このデジタル時代でも注目を集めるほど素晴らしい場所です。

地元の図書館で長い時間本を読んだという素敵な思い出を持っている人もたくさんいます。新しいお話や研究、調査を見つけたり、学術的な情報を調べたいときには、図書館へ行っていましたよね。

テクノロジーやインターネットのため、状況は変わりましたが、図書館の教育的価値を認め、それに気づくことは大切なことです。

 

文化的遺産としての図書館

知識は無限であり、それゆえに図書館が時代遅れになることはありません。その目的が教育と学習であるので、図書館の教育的価値は生き続けるのです。

世界の人口の多くにおいて、公立図書館、学校図書館、大学や専門の図書館を有効活用しています。

図書館は人々が本を読み、楽しむために利用しやすく、誰でも入れる場所を提供しています。こういった場所は、文化的多様性や忍耐、尊敬、平和などの価値観を促進します。

図書館の重要性

図書館の成功は、特に学生にとっては、必要不可欠な情報を提供するところにあります。また、学者などがイマジネーションを高めたり、知的好奇心を膨らませるのにも役立っています。

図書館の教育学的・教育的価値は、読み書き能力、教育、そして一般的な情報に関係があります。

UNESCO国際図書館連盟(IFLA)も、このような文化的知識の重要性を認識しています。図書館は本を読む人がクリティカルシンキングができるようになる機会を与えてくれるのです。

さらに、このような空間は、あらゆる背景を持つ人、国籍や文化、宗教、政治的意見などに関わらず門戸を開いています。そして商業的利益を目的としていません。つまり、図書館は教育に社会の柱となっているのです。

図書館の教育学的価値は何に基づいているのか?

図書館の教育的価値は、啓蒙的材料が、利用者が特定のツールにアクセスするのに理想的であるというところにあります。理論的・実践的コンテンツが感情的、物理的、認知的能力や素質に受け継がれているのです。

図書館はまた、教育の形成材料も提供してくれます。図書館にある資料は選ばれたもので、現在の状況や人々の社会的環境に適したようにデザインされています。

図書館の価値

図書館の目的

図書館の教育的価値は、いくつかの目的に基づいており、それは学生が自分の学術的目標に突立つするのを助けるということです。その目的には以下のようなものもあります。

  • 教育システムの補助
  • イマジネーションと読解力の発達を通して、健全なエンターテイメントを提供すること
  • 地域的、国家的、国際的資料にアクセスできることで、多文化的な考えや意見、経験を発見すること
  • 社会的な問題についての認知度と感度を高めるためのプロジェクトをまとめること
  • 責任のある市民を育てるための知的自由を促進すること

「図書館は人々が本を読み、楽しむために利用しやすく、誰でも入れる場所を提供しています。こういった場所は、文化的多様性や忍耐、尊敬、平和などの価値観を促進します。」

図書館の特徴

図書館が魅力的なのは、そこで本を読み、最も容易なものから最も難しいものまで、幅広い話題についての研究について学べるからです。また、ご存知の通り図書館は児童書、若者向けの本、専門書、歴史、漫画、小説などジャンルも多種多様です。

このような環境は、自分の会員証を作り本を借りるというシステムを通して、子どもが自立し、修養を積み、責任を持つことを教えてくれます。

それだけでなく、図書館は新しい情報テクノロジーにも寛容なのも魅力の一つでしょう。

教育的資源・ツールとしての図書館

図書館は、なによりも私たちが本を読むことを楽しめる場です。そこには情報という富を提供するために作られ、デザインされた本や資料があります。

読書はあらゆる分野の知識を深め、個人の興味を満たすための基礎的な方法です。図書館は、以下のような方法で、それを助けてくれるツールでありサービスなのです。

 

  • 本や雑誌の貸し出し
  • 司書さんの補助
  • 文化的活動、クラス、ワークショップ
  • インターネットにアクセスできるコンピューターの使用
  • オンラインでの読書
  • 書類のダウンロード
  • 読書プログラムや読書クラブ
図書館 でできること

人はなぜ図書館に行くのか?

図書館の教育的価値は学生だけにとどまりません。実際、誰でも図書館に行き、そのサービスを活用することができます。図書館に行く主な理由は次のようなものがあります。

  • 学術的教育:幼いころから研究や学術に触れること
  • 働いている人についての研究やトレーニング
  • 全年齢層の人のための健康的な娯楽
  • 様々な種類の情報にアクセスするための、コンピューターを使ったインターネットへの接続などのツール
  • 就職の準備や語学の習得

ご覧のように、図書館の教育的価値はまさしく読書やコミュニケーション、問題解決に関する私たちの地平線を広げてくれます。

こういった空間で、子どもが文学を好きになることも多々あるでしょう。そこは全ての人に開かれた、境界のない知識の集まる場所なのです。

最後に一つだけ疑問が残りました。あなたが最後に図書館に行ったのはいつですか?大人になってもたまには足を運んでみるのもいいですよね。

こちらの記事もおすすめです。
読書という贈り物:十代のための本ベスト8
わたしママで読むことができます。 わたしママ
読書という贈り物:十代のための本ベスト8

世の中には十代が好む本が山のようにあります。そこで今回は十代にぴったりの本、ベスト8をご紹介しましょう。この年代は本に熱中しやすいので書かれている内容はとても重要になります。中には自ら本を書き始めるほど熱中する子供もいるでしょう。 十代のための本 を詳しく見ていきましょう。