聴覚障害を持つ子どもを育てるママへのアドバイス

母親業は必然的にチャレンジであるものですが、聴覚障害を持つ子どもを育てるのはさらに複雑になってきます。
聴覚障害を持つ子どもを育てるママへのアドバイス

最後の更新: 14 6月, 2020

あなたのお子さんが聴覚障害を持っていると、時々社会が理解してくれないと感じてしまうこともあるかもしれません。この記事では難聴や聴覚障害の子どもを育てることについてお話していきます。

子どもの聴覚に問題があるということは、言語的、認知的、社会的な部分でも苦労するかもしれません。これらに関して、家庭そして学校でも対処していくことになります。

聴覚障害 の子どもを育てるママへ

聴覚障害の子どもを育てる

聴覚障害の子どもを育てることは、新たな状況に合わせて社会的な障壁を乗り越えていくという意味があります。まず最初の挑戦は、診断結果を受け入れることです。大抵の場合、赤ちゃん誕生の後数時間のうちに耳音響放射のテストを行い聴覚を確認しますが、難聴はもっと数年後に起こることもあります。

難聴の特徴を意識していることで、できるだけ早い時期に発見することができます。次に挙げるような状況に注意するようにしましょう。

  • 子どもが1~2歳の時点で簡単な指示がわからない、自分の名前がわからない、身体の部位を認識していない、単音節語だけ使って話す、物語に集中できない等。
  • 2~3歳の子どもの会話を理解することが困難で、言い回しを繰り返したり、単純な質問に返事をしない。
  • 3~4歳児がその場の状況について話すことができない、または簡単な会話ができない。
  • 子どもが4~5歳になっても他の子どもと話さない、または年齢相応の言葉を使わない、そして家族だけがその子を理解できる。

他にも注意しておきたいこと。

  • 風邪をひきやすい、耳が痛くなる、アレルギー反応が見られる。
聴覚障害 の子どもを育てるヒント

聴覚障害の子どもを育てるためのガイド

テクニカルサポートを利用

子どもの聴覚障害が診断されたら、次にどのようなテクニカルサポートを利用するのが子どもにピッタリなのかを決めていきます。

まず難聴に最もよく利用されるのが補聴器です。これは小さな増幅器で、特定の聴覚障害に使われるものです。他にもサポートとして人工内耳が利用されます。このインプラントは子どもの強度の難聴や聴覚障害が深刻な場合に使われます。

コミュニケーションの方法に順応していく

子どもが話し言葉を表現したり理解するために、代替として使える方法があります。これでろう者の子どもができる限り普通に近い社会性を保つのに役立ちます。

子どもの家族は以下の方法から選べます。

  • 手話を学ぶ。
  • 言語システムの組み合わせを使う。
  • 合図を利用する。
  • 読唇術(唇の動きを読み取る)。
  • 表音式の表を使う。

子どもの学校と親密な関係を持つ

聴覚障害を持つまたはろう者である子どもを育てるには、学校との信頼できる関係を築き、常にコミュニケーションを取ることが必要です。

そうすれば自分の子どもの必要性に対して学校側が何をしているか、いつも意識するようにできます。教師の指導に従って、ポジティブでアクティブな態度を示す努力も忘れないようにしてください。

難聴専門協会に所属する

専門組織では、同じような状況にある他の家族と交流することができるので理想的でしょう。実際これらの協会では以下のようなサポートが得られます。

  • ストレス抜きで状況に対応する。
  • 哀しみを乗り越える。
  • 子どもと心からふれあい、強い絆を築く。
  • 子どもの将来のことを考える。
  • 子どもの課題に対する心配事や悩み事を解決する。
聴覚障害 の子どもを育てるアドバイス

聴覚障害の子どもを育てるための正しい情報

一般的に聴覚障害に関しては、どの社会も理解が少し遅れている、または間違った考え方が浸透しています。現在においても、まだまだろう者に対する固定観念があり、わざと大きな声で話しかけたり、ゆっくり話したり、一言づつ発音してみたりすることで、子どもをイライラさせる状況となります。

つまりこの記事の結論として、聴覚障害の子どもとその家族、さらにコミュニティー全体が、子ども達をサポートして助けていく手段を選ぶことが大切です。

「難聴であることは、単に別の人生であるだけで、けして制限ではありません。」

それはあなたに興味があるかもしれません...
キャンプに行く子供の為に:荷造りのヒントをご紹介!
わたしママRead it in わたしママ
キャンプに行く子供の為に:荷造りのヒントをご紹介!

子ども にとってサマーキャンプは、様々な経験をすることの出来る魅力的なものです。親は子供がキャンプを目いっぱい楽しめるために、しっかりとした荷造りの仕方を知っておく必要があります。 キャンプ には何を持って行けばよいのでしょう? 荷造り の責任はだれが持つべきでしょう?



  • Delgado-Domínguez, J. J. (2011). Detección precoz de la hipoacusia infantil. Pediatría Atención Primaria13(50), 279-297.
  • Marchesi, Á. (2012). Desarrollo y educación de los niños sordos. En Á. Marchesi, J. P. González y C. Coll (Ed.), Desarrollo Psicológico Y Educación: 3. Trastornos Del Desarrollo Y Necesidades Educativas Especiales (pp.241-269). Madrid: Alianza Editorial.
  • Manchón, A. M. (2002). Las Tecnologías de Ayuda en la respuesta educativa del niño con discapacidad auditiva. Las nuevas tecnologías en la respuesta educativa a la diversidad, (63).
  • Martín, E. M. (2010). Los sistemas alternativos y aumentativos. Pedagogía Magna, (5), 80-88.