小児心理学とは?その基礎について詳しく見てみよう

2019年10月12日
小児心理学は子どもの身体的発達と、特にこころの発達に焦点を当てます。具体的には、これは子どものまわりの環境を含む、子どもの自分自身の認識についての研究です。

小児心理学とは、子どもの発達の一部としての子どもの心理プロセスに特化した研究のことです。19世紀により生物学的な部分に焦点を当てたものとして始まりました。しかし、20世紀になって心理分析や認知心理学、構成主義などの理論と合わさってその分野を拡大しました。

ジャン・ピアジェのおかげで、小児心理学の「学習理論」としての進路が定まりました。彼は子どもの発達の段階への研究に身を捧げた人物です。
ピアジェは子どもが生まれてから青年期に入るまでの間、自分自身や自分の周りの世界をどのように知覚するかについて説明しています。

小児心理学の研究方法

子どもを高度に複雑なものとして理解することで、子どもの運動、言語、感情、認知、身体、知覚、そして社会的側面について研究を行います。小児心理学者はさまざまな理論を学び、一つ以上の科学分野に基礎を置いています。

小児心理学はそれぞれの発達段階が子どもにどのような影響をもたらすのかについて、子どものメンタルヘルスの分野にけるパラメーターやコードを設定しながら取り組んでいきます。

また、小児心理学者は子どもの環境上の文脈にも焦点を当てます。もちろん診断や治療を行うには環境への理解が欠かせませんよね。ですので、専門家は以下のことを調べる必要があります:

  • 文脈としての変数(家族や学校など)と生物学的特徴(遺伝子)がどのように組み合わさることで、子どもの行動に影響を与えているのか。
  • 環境の変化がどのように子どものメンタルヘルスに影響しているか。
小児心理学

ピアジェの認知理論のいくつかの論点

小児心理学を理解するためには、認知発達に関する研究者ジャン・ピアジェの説明を理解することが重要です。基本的には、各年齢において子どもは特定の問題を解決するための能力、例えば運動や認知、感情に関する能力を自然に身に着けると仮定しています。

ピアジェにとって、進化の段階は認知構造として理解されるものでした。これらの基礎が、常に同じ順番で時間とともに発達するとしたのです。
しかし、この考え方はその子の年齢に注目したものではなく、一つも飛ばすことなくそれぞれの認知段階が発生するというものです。同時に各段階は次に来るものとスムーズに統合されなければならないとしています。

ジャン・ピアジェによる子どもの発達段階は以下の通りです

  • 感覚運動段階(0~2歳):子どもは自分の感覚を通して、周りの世界や自分の能力について知るようになります。
  • 操作前段階(2~7歳):子どもは象徴的な思考をすることができ、話したりできるようになります。しかし、この段階では子どもの思考は自己中心的なものです。つまり、自分の観点を通してしか世界を理解することができないということです。
  • 具体的操作段階(7~12歳):子どもは論理的な差し引きができるようになります。可逆性や連続性などの相対的な考え方もこの段階で習得されるスキルです。しかし、この「生徒の期間」はまだ抽象的な概念を含んでいません。
  • 本格的操作段階(12歳以上):仮定や投影、青少年や大人の完全な本格的思考などの能力を得ます。

小児心理学の最近の傾向

今日、文化的な変化が目まぐるしく、現代の子どもは100年前の子どもとはとても異なる振る舞いをします。今や「不安障害」などといった言葉を耳にするかもしれません。または「注意力欠陥」や「睡眠障害」、うつ、さらにより広くは「自閉症スペクトラム障害」などについても聞いたことがあるかもしれません。

小児心理学

これらの機能不全のため、子どもは特定の基準や規範に対応できなくなります。小児心理学の伝統的な理論は新しく異なる世代のニーズに対応するよう、改変され近代化されてきています。

テクノロジーの偏在、ヘテロ家父長制の家族の危機、そして新しいタイプの家族が出てきたことなどにより、小児心理学の理論的なアプローチが求められています。

そのため、教育、学校、学習センターなどを変化させ続ける新しいものの見方が出てきています。

結論として、子ども時代に関する時代遅れの定義は新旧の世代間に大きな溝を作ってしまうでしょう。その結果、多くの専門家が子ども時代に対して科学的なパラメーターをあてはめ続けることになり、さらにギャップを広げてしまうのです。

Dr. José Méndez-Venegas, Psic. Azareel Maya-del Moral. (2011). Psicología pediátrica. Extraído de: http://www.medigraphic.com/pdfs/actpedmex/apm-2011/apm114g.pdf

Yolanda Ferreira Arza. (2000). Psicología infantil en la actualidad. Extraído de: http://www.scielo.org.bo/pdf/rcc/n8/a18.pdf