子どもの社会化について学ぶ:社会化を進めるには?

2020年2月21日
子どもの社会化とは、子どもが自分のアイデンティティを定義し、社会の一員になることです。この記事では、子どもの社会化を手伝うためにできることについてご紹介します。

子ども頃の社会化は、すべての人間にとって重要な発達過程で、人のアイデンティティや行動を形成するのは友達や環境なのです。今回はそんな子どもの頃の社会化について詳しくお話していきたいと思います。

子どもの社会化とは?

社会化とは、人が環境の中の社会文化的要素に人がどのように統合し、社会に適応していくかを表す言葉です。社会化を通して、人は自分の社会の中で何が正しく、なにが間違っているのかを学びます。

その学習は生まれた瞬間から始まり、終わることはありません。しかし、幼い子どもの頃が社会化のカギとなる段階になります。その頃が最も吸収力が高いからです。

実際、子どもは学ぶ能力と社会的な刺激を得ることへのニーズとともに生まれてきます。社会的な愛着や友情を作り上げる必要があり、それには最初の数年間が大きな役割を果たすのです。

子どもの社会化への環境の影響

私たちは友達を作るための高い潜在能力を生まれつき持っています。しかし同時に攻撃性や暴力的な潜在能力もまた持っています。このどちらが勝つかは環境が決めるのです。それには様々な方法があります。子ども 社会化

観察から学ぶこと

子どもは主に他の人を見て学びます。つまり、周りの人の行動やその結果を見ているのです。

  • 最初の社会化は家族の中で起こるため、家族の役割が重要です。家族は意識的にも無意識的にも子どもの見本となり、常に子どもに価値観を教える存在なのです。
  • 次に社会化が起こるのは学校で、これもまたとても重要です。先生の教え方や生徒の扱い方、そして先生の態度が子どもの行動に影響します。
  • メディアの影響もどんどん重要になっています。ここから社会の情報が送られてくるからです。視覚とシンプルな言葉で、テレビやその他のメディアは子どもに良い行動と悪い行動の例を示します。子どもがどんなテレビを観ているかを親が把握しておくことが大切です。それが適切なもので、子どもに学んでほしい価値観を教えるものであるようにしましょう。

遊び

遊びによって子どもは友達を作る方法を学びます。遊ぶことで、子どもはクラスメートと仲良くし、チームとして動くことを学ぶのです。

物語

物語やおとぎ話、本も子どもの社会化にとても大切です。子どもはお話が大好きですし、読書は子どもが他の人と仲良くする方法に大きな影響を及ぼすのです。

こういった物語を通して、子どもは想像力を養います。さらに、世界の仕組みや自分がどう行動すべきかについても学びます。つまり、自分と物語の登場人物を重ね合わせることにより、恐怖を減らすことができるのです。

理論づくしの議論より、イメージや物語の方がより多くのことを教えてくれるということを覚えておきましょう。ですので、子どもに教えることとやってみせることが一致しているようにしましょう。でないと子どもは混乱してしまいます。

子ども 社会化

子どもの社会化を進めるには

これは誰にとっても自然なプロセスではありますが、子どもの社会化を助けるためにできることもあります。

ただし子どもが友達を作るようになると、人と関わるのに抵抗がなくなっていきます。ですので過保護にならないことが大切です。

過保護になってしまうと、自分の能力や性格を自分で発見することができなくなってしまいます。過ちから学んで次はもっとうまくやるための機会を奪ってしまうことになるのです。

社会的な関係性を通して、子どもは自分の行動が引き起こす自然な結果に応じて子どもは自分の行動を変えることができるようになります。

親に必要なことは、子どもを励まし良い友達を作るようにモチベーションを高めてあげることです。また、自分で問題に対処するような機会を与えてあげることも大切です。こうすることで、子どもは自身も身に着けていくことでしょう。