子どもに絵本の読み聞かせを始めるタイミングって?

2019年12月31日
物語や本は子育てには欠かすことのできない材料で、それはまだ字を読むことができない子にも必要なものなのです。

子どもが6歳ごろになると、文字を読むスキルが発達し始めます。人によってはもっと早いこともあります。ではお子さんにいつから本の読み聞かせをするのがいいのでしょうか?

専門家はいつから文字を読むのがいいと言っているのでしょう。また、子ども時代の早い段階で読書習慣をつけることにはどんなメリットがあるのでしょうか。今回の記事で、これらの疑問に答えてきたいと思います。

知識を得たり新しいことを学ぶ最初のステップは、読書です。ですので、読書は人の認知的発達を促進するための基本的なスキルだと考えられているのです。

「精神にとっての読書は身体にとっての運動のようなものだ。」

-ジョセフ・アディソン―

子どもに読み聞かせを始めるタイミングとは?

子どもが生まれたその年から、すでに読み聞かせを始めることができます。実際、それはとても大切なことなのです。こうすることで子どもが小さいときからだんだん本を読む習慣をつけていけます。アントニオ・マニュエルとトゥルヒーヨ・ガルシアによると、子どもの読書週間には3つの段階があるそうです。

子ども 読み聞かせ タイミング

  • 最初の段階は、子どもが生まれてすぐから字を読むスキルを身に着け始めるまでの期間です。この段階では子どもは字が読めませんので、誰かに物語を読んでもらう必要があります。
  • 第二段階は、子どもが読む能力を身に着けたときです。この時期には、よりよく書いてあることを理解するために誰かに手伝ってもらって一緒に本を読みます。
  • 第三段階では、子どもは補助なしで自分で読むことできます。

お父さんとお母さんが、子どもにこのプロセスを経験させてあげることが重要です。ですので、家族として本を読む時間を作ることが欠かせません。例えば、毎晩お子さんが寝る前に本を読んであげるといいでしょう。

幅広い物語や絵本を持っておくのもいいですね。お子さんがいつでも見られて、手の届くところに本を置いておきましょう。子どもの好奇心を刺激するのに役立ち、自分で本を手に取って自由に見ることができますからね。

「本を読めば読むほどたくさんのことを知ることになる。たくさん学べば学ぶほど、いろいろな場所に行くようになるだろう。」

-ドクター・スース-

良い児童書の特徴

良い物語や子どもの本を選ぶ際には、その本に以下のような性質のほとんどをカバーしているものにしましょう:

  • 言葉が少なく短いフレーズになっていること
  • シンプルな語彙
  • 魅力的な絵やイラストがたくさんあること
  • 様々な手触り
  • ページが少ないこと
  • 子どもが共感できるお話

「世界を広げる方法には様々なものがある。本への愛はその中で最もいいものだ。」

-ジャクリーン・ケネディ―

子ども時代に読書習慣を身に着けるメリットとは?

小さいときから読書習慣をつけることには大きなメリットがあります。その中のいくつかをご紹介しましょう:

子ども 読書 メリット

このようなメリットがあるので、親は読書を子どもの毎日のルーティーンの中に組み込む責任があります。しかし上記のようなメリットを本当の意味で得るためには、子どもが小さいときに読書を促すのも重要ですが、子どもが成長するにつれて子どもは親が自発的に読書をし、それを楽しんでいるかをよく見るようになります。これは子どもが親を尊敬し親の真似をするからです。

ですので、親が読書を楽しんでいるということが子どもにもわかれば、同じ行動をとるとうになりやすいでしょう。結局は、子どもに義務として読書を強要するというものではないのです。むしろ読書は楽しいということ、そして自由時間を楽しむための魅力的な方法を子どもに教えてあげるということなのです。

「私は、子どもが読書家になり、本を読むことがうんざりすることではなく居心地がいいと感じる人になるよう教えることに情熱を持っている。本はうんざりするようなものであるべきではない。本はおもしろく、わくわくさせてくれ、素晴らしいものだ。そして読書家になることにはとてつもないメリットがある。」

-ロアルド・ダール―

  • Samaniego, C. (2015). La importancia de la lectura desde una edad temprana. Revista Para el Aula15.
  • Trujillo-García, A. M. (2011). La importancia de la lectura desde la infancia. Revista digital para profesionales de la enseñanza, (16).