新米の親がベッドタイムによくやってしまう6つの間違い

24 7月, 2018
睡眠は私たち皆が必要とするものです。寝るときにやってはいけないことを知っておけば、赤ちゃんが必要な睡眠をとることができ、あなたの心に平穏をもたらしてくれるでしょう。

この記事では、新米のママ、パパが赤ちゃんを寝かせるときによくやってしまう間違いについて見ていこうと思います。

赤ちゃんが寝る時間になってもあなたは自分がやっていることが正しいのかどうか分かりません。でも、親がみんな最初から正しくできるわけではありませんからね。

そして、適切な睡眠習慣はとても大切です。寝る時間はいつも特別な瞬間であるべきなのです。

この6つの間違いに基づいたアドバイスは、寝る時間をできるだけ楽でツラくないものにしてくれるはずです。

あなたが新米ママで、赤ちゃんを寝かせる時間をより楽にするにはどうすればいいのか悩んでいるなら、是非続きを読んでみてください。

親が寝る時間にやってしまうよくある間違いを知っておけば、何をやってはいけないかがわかります。

寝るときにやってはいけないこと

良い睡眠衛生を知っておくこと

眠りにつくことは日々の日課の一つです。他のことと同じように、習うより慣れろです。

子どもに寝るよう教えることは簡単なことではありませんが、とても大切なことです。睡眠衛生は子どもの健康のカギになるからです。

  • 日課ができ、安定します。ある出来事の後何が起きるかを子どもがわかっていると、子どもは安定し安心することができます。夜寝る時間の日課もわかるようになれば、心の状態もやらなければならないことに順応できるようになるでしょう。一日のこの時間をお子さんが平穏な環境で迎えられれば、お子さんは落ち着いて、新しい睡眠習慣に楽に入っていけるでしょう。
  • 睡眠衛生が子どもの自立性を形成します。よい日課ができれば、子どもは最初はベビーベッドで、のちにベッドで、一人で寝る自信が付きます。お子さんに、あなたが常に傍にいて安心させてあげなくても寝ることができるんだと教えることができます。これにより自信が育ちます。
  • あなた自身のための時間ができます。寝る時間がお子さんの日課になれば、あなたはもう少し多く「わたし時間」を得ることができます。赤ちゃんが寝ていれば、あなたは2、3時間リラックスすることができますよね。

6つのよくある間違い

これから紹介する間違いをやってしまっていても、心配する必要はありません。今やっていることを変えて、より良くするのに遅すぎるということはないのです。

粘り強く、とにかく自分を信じましょう。あなたの赤ちゃんのことはあなたが一番よくわかっているのですから。

  • 寝る時間を先延ばしにすること。赤ちゃんにとっては、決まった日課がとても重要です。何度も家族のスケジュールを変更することは避けてみてください。赤ちゃんがいつもだいたい同じ時間に寝ることがベストです。時には例外も出てくるでしょうが、決まった時間を持つようにしましょう。
  • 赤ちゃんを揺らして寝かすのに慣れさせること。赤ちゃんが不快感を感じているときに、揺らしてあげることは赤ちゃんを落ち着かせるために素晴らしい方法です。しかし、機嫌がいいときは赤ちゃんを一人で寝かせるようにしてみましょう。赤ちゃんが寝るためには、あなたが揺らしてあげなければならなくなっては困るからです。
  • 刺激を与えすぎること。赤ちゃんのベビーベッドは寝るための場所であって、遊ぶための場所ではありません。まわりに刺激が多すぎると、眠ることができません。ぬいぐるみと一緒に寝たり、リラックスできる音楽をかけたりしても良いですが、ベビーベッドを遊び場にしてしまわないようにしましょう。
寝るときにやってはいけないこと

  • 落ち着かせる日課を作らないこと。寝る前には、赤ちゃんがリラックスできることをする時間をとりましょう。お風呂、マッサージ、静寂…これらすべては赤ちゃんが寝るのに役立ちます。
  • 赤ちゃんが泣いたらすぐに抱っこすること。もちろん、赤ちゃんが泣き止まなくなるまで放っておくということではありません。しかし、赤ちゃんが少しぐずっただけで抱っこする必要はないということです。ベビーベッドに行き、あなたの落ち着いた存在で赤ちゃんを慰めてあげましょう。あなたが作った平和な環境から赤ちゃんを取り出してしまうと、寝る時間の日課を身に付けるのがより難しくなってしまいます。ただぐずっているだけのときと何か問題があるときの泣き方の違いを聞き分けられるようになりましょう。
  • 赤ちゃんが寝る場所を変えること。赤ちゃんはいつも同じ場所で寝かせてもらうのを好みます。赤ちゃんをベビーベッドに寝かせ、そのあとあなたのベッドに、そしてソファーに、と動かすと、赤ちゃんが日課を身に付けるのが難しくなります。赤ちゃんが快適で落ち着けて、平穏を得られる環境を作ってあげましょう。

このような寝る時間に関する間違いをやってしまっていると気づいたら、この記事のアドバイスを実行してみてください。よりよい睡眠にきっと役に立つはずです!

  • Bilbao, Á. (2017). Todos a la cama: Cómo ayudar a tu bebé a dormir con amor y confianza. Plataforma.
  • Jové, R. (2006). Dormir sin lágrimas: dejarle llorar no es la solución. La esfera de los libros.
  • Kimelman, M., & González, L. (2013). Psicopatología del bebé. Psiquiatría del Niño y del Adolescente, 2, 337-432. http://www.psiquiatriasur.med.uchile.cl/documentos/PSICOPATOLOGIA%20DEL%20BEBE.pdf
  • Ugarte Libano, R. (2011). El sueño en el primer año de vida:¿ Cómo lo enfocamos?: Presentación. Pediatría Atención Primaria, 13, 91-93. http://scielo.isciii.es/pdf/pap/v13s20/seminario01.pdf
  • Zamora, T., Pin, G., & Dueñas, L. (2014). El Papel de la matrona en la higiene del sueño del futuro bebé. Introducción al sueño y claves principales en la prevención de riesgos durante el sueño del bebé. Matronas Profesion, 2014, vol. 15, num. 1, p. 28-31. https://core.ac.uk/download/pdf/71047784.pdf