子どものための睡眠ガイド:十分な休息を得るためには

2019年11月26日
必要な睡眠を子どもにとらせるために、親ができることはなんでしょうか?お子さんが眠りにつくのに苦労していたら、以下の睡眠ガイドを参考にしてみてください。

今日紹介する子どものための睡眠ガイドを使えば、お子さんの健康のために必要な良い休息をとるための手助けをしてあげられます。

不眠症は適切な時期に治療しないと、有害な影響が出てしまうということをご存知でしたか?子どもが良い睡眠習慣を持つことが大切なのです。

まず理解しておかなければならないのは睡眠が身体的・精神的機能を復旧するために身体が必要とするものだということです。

子どものための睡眠ガイド:5つのポイント

子どもの体力を回復する睡眠を促すためには、以下のステップに従うのがベストです:

就寝に関連する夜の習慣をつけましょう

毎日同じ時間に就寝するのに子どもを慣れさせることがとても大切です。そうするためには、寝る前に行う行動を習慣化することです。例えば、お風呂に入ること、最低でも寝る2時間前に夕食をすますこと、テレビを観る時間を決めること、お話を読むことなどです。

子どもの睡眠の質は親がつくる習慣と大いに関連しています。そしてもちろん朝起きる時間もそうです。お子さんが必要なだけ眠らせてあげましょう。

子どもの寝る場所

お子さんが寝る場所は眠りやすくなければなりません。つまり適切な温度で快適な環境であるということです。

お子さんの寝室の明かりは自然なものであるべきですが、夜は暗くしましょう。お子さんが暗いのを怖がるようなら、うっすらとした明かりをつけてもいいでしょう。光がお子さんの顔に直接当たらないようにだけ注意しましょう。

お子さんが寝室と夜の睡眠を結び付けることが大切です。快適なパジャマを着て、いつも同じベッドに寝るようにしましょう。

子ども 睡眠

大きな音や気が散るものについて

ゲームやテレビ、音楽機器などは、寝る時には子どもが触れないようにしましょう。こういった機器は子どもを遊びたい気にさせ、寝ることから気を散らせてしまいす。

また、睡眠を邪魔しないためにも、お子さんの部屋の騒音をコントロールすることも重要です。あなたがお子さんを起こしてしまうと、再び眠りにつきにくくなってしまうかもしれません。

就寝時間の自立性

子どもは安心するために親の近くにいる必要がありますが、自分の部屋で一人でも寝られるようにならなければなりません。お子さんが眠りにつくときにときどき一緒にいてあげるのはいいですが、それが決まりごとになるのはよくありません。お子さんだけで眠りにつかせてあげるべきなのです。

夜の運動を制限すること

子どもの睡眠ガイドとして、寝る直前に運動をしないことも重要です。実際、体を動かすのは就寝時間の最低でも2時間前までにしましょう。

夕食も少なくとも2時間前までにはすまし、糖分が多く含まれる食べ物は避けましょう。さらに、炭水化物は減らすかなくすかして、夜の間に消化しやすくなるようにしましょう。

お茶やカフェイン、チョコレートなど刺激になるものを与えることも避けましょう。果物や野菜が豊富な栄養たっぷりの食べ物を与えたいですね。こうすることでお子さんが十分な睡眠をとることができ、その睡眠は体力を回復するものになるでしょう。

子ども 睡眠ガイド

睡眠に問題のある子どもが受ける悪影響

子どもが十分な睡眠をとれていないと、その身体への影響が明確になります。例えば気分の変化、運動への関心の欠如、集中力の低下などです。

十分な休息がとれていない子どもは、そのバランスの崩れのために感情の問題に悩まされる傾向もあります。

子どもの不眠症の原因

メンタルヘルスの問題の大半が、睡眠の質と量の低下や、膀胱機能のコントロールができない夜尿症などの病気に関係しています。他には環境、照明、薬、アレルギーなどもあります。

 

お子さんの睡眠習慣を確立するのは簡単ではありませんが、これは忍耐強く、そして家族全員の協力を得て行うべきことなのです。