親子で水泳をするメリット

2019年2月27日
親子でのベビースイミング教室には多くの動きやポジションが含まれるので、普通の運動以上の効果が見られます。

赤ちゃんの健康的な成長のためには、十分な睡眠が必要です。しかし、目が覚めている間に様々なアクティビティを行うことも子供の教育のためには必要不可欠です。なので、親子ベビースイミング教室はお子さんの心と体に良い刺激を与えるためには素晴らしい選択肢と言えるでしょう。

さらに、親子で水に触れるこのアクティビティは親子の情緒的な絆を強める役割を果たします。また、リラックスしながら学習することができるのです。

親子ベビースイミング教室とは?

親子でのベビースイミング教室には多くの動きやポジションが含まれるので、普通の運動以上の効果が見られます。

この教室が目指すものは生後4ヶ月を過ぎて筋骨格が十分に発達した赤ちゃんにただ泳ぎ方を教えるだけではありません。この水を使ったレクリエーションは赤ちゃんの発育に良い刺激を与えるのです。

親の助けを受けながら、赤ちゃんは水の中で動く感覚を体験します。また、水に浮かぶことも学びます。また、それらの感覚や感触、体験を親と一緒にすることになります。

この親子スイミング教室は新しい現実に適応する機会となり、赤ちゃんの成長にとって良いステージとなります。

生後、母親のお腹の外の世界を初めて生きてきた赤ちゃんにとって、体の一部だけを水につけることは母親のお腹の中にいた時の安心感を思い出させます。

親子ベビースイミング教室にはこのレッスンに精通した講師が必要だと言うことを覚えておきましょう。

講師は最も適切な動きやゲームを紹介してくれるでしょう。そしてそれは赤ちゃんの年齢や、必要に応じて調整することができます。

親子ベビースイミング教室

親子ベビースイミング教室のメリット

このアクティビティには赤ちゃんにとって以下のようなメリットがあります。

  • 精神運動への良い刺激になる:赤ちゃんはまだ歩くことも、複雑な動きをすることもできません。これは精神運動系の能力が未発達であるためです。親子ベビースイミング教室は、赤ちゃんに3次元の動きを経験させ、運動能力を鍛えるために最適です。
  • 循環器や呼吸器系の能力を鍛える:水の中でのゲームなどの動きから受ける刺激によって、赤ちゃんの心臓、肺などの器官が鍛えられます。これにより循環が良くなり、結果として心拍をより良いものとし、組織酸素化を活性化します。
  • 認知技能の発達を促す:親子ベビースイミング教室は、赤ちゃんの認知、感情、社交性の発達に役立ちます。水に触れることの刺激はまた、学習能力、創造力の発達にも役立ちます。
  • 免疫力を強める:スイミングは体の抵抗力を強め、赤ちゃんの体の組織の生成に役立ちます。それにより免疫力が高められ、病気にかかりにくくなります。

親子ベビースイミング教室は赤ちゃんに3次元の動きを経験させ、運動能力を鍛えるために最適です。

親子の絆

赤ちゃんの身体的なメリットだけではなく、これらの水泳教室には親子の交流に役立つクラスを提供するものもあります。

  • 親子の絆を強める:親子の間の愛は生まれながらに無条件なものです。しかし、これらのスイミングレッスンでは、赤ちゃんがまだ小さいうちからその愛をより強いものにすることができるのです。ゲームを通してお互いを知り合い、愛情に溢れた新しい経験を共に楽しむことができるのです。
  • 赤ちゃんの社交性を、ポジティブで、安全で楽しめる環境で育て始めることができる:水泳教室が赤ちゃんにとっては、自分の家族以外の世界との初めての接触かもしれません。時間が少し経てば、子供は新しい環境により適応できるようになり、社交性も旺盛になるでしょう。
  • 楽しく、リラックスでき、安全:これらのことが赤ちゃんの健全な成長、そして身体面と精神面の成長に不可欠です。
親子 水泳 ベビースイミング  赤ちゃん

何歳から始められるの?

赤ちゃんがスイミングを始めるのに最適な年齢というのは決まっていません。

筋骨格が完全に発達してからが良い、と専門家が勧めた時期が過去にありました。これは生後5ヶ月から6ヶ月に起こり、それ以前の赤ちゃんの場合には少し未発達の場合があります。

現在ではこの考えは、多くの医師やベビースイミングのファンにより再検討されています。早い段階で水に触れる刺激が、子供の発達に役立つということが多くの研究者によって認められているからです。

より早い年齢でも始められる一方で、低体温症や耳の炎症、風邪などを引かないように注意することが重要です

そのために、教室を始める前に医師に相談しましょう。赤ちゃんの健康と発達を診たあとで、スイミングを始めることが良いことかどうか同意してくれるでしょう。

Nystad, W., Håberg, S. E., London, S. J., Nafstad, P., & Magnus, P. (2008). Baby swimming and respiratory health. Acta Paediatrica, International Journal of Paediatrics. https://doi.org/10.1111/j.1651-2227.2008.00756.x