一日中赤ちゃんを楽しませる3つの方法

· 2018年12月21日
赤ちゃんが小さいときは、自分で動き回ることもできず、あなたが言っていることも理解できませんね。しかし、あなたと一緒に時間を過ごし、あなたを傍に感じることが大好きなんですよ。

この記事では、一日中赤ちゃんを楽しませるために使えるアイデアをご紹介しようと思います。

赤ちゃんが受け取る最初の刺激は、お母さんとの身体的接触です。赤ちゃんはお母さんの優しい声と腕や胸の温かさを感じるのです。

しかし、赤ちゃんがそれ以上のことを要求するときが来ます。それは、赤ちゃんが自分の能力を体感し、それを発達させ始める必要が出てきたときなのです。

楽しみたいというニーズ

人間には、楽しい人生を送りたいという内なるニーズがあります。

楽しむことで私たちは心がいきいきとしますが、それは赤ちゃんも例外ではありません。幸い、赤ちゃんが楽しく交流できる素晴らしい方法がすでに2つあります。

まず、赤ちゃんが自分の身体についてわかるようになること。次に、自分の身の回りを探検することです。

親はこの2つの未知の場所を利用して、赤ちゃんを楽しませることができるのです。

この初期のころは、お子さんと交流し、遊び、一緒に楽しむことで、お子さんは自分のまわりと絆をつくることができます。

お子さんが生後数週間の場合、おそらくまだ手で物をつかむこともできないでしょう。また、ゲームなども全然できませんよね。

ですので、新生児はあなたが傍にいて交流してくれないと、退屈したり不安になってしまうことがあるのです。

しかし、毎日四六時中赤ちゃんに注目していなければならないのか、と気を負いすぎることはありません。お子さんには休憩し、リラックスする時間も必要です。

こういった時間に、赤ちゃんは自分の手や足などを発見します。また、周りの世界を観察し、新しい刺激を処理する時間も必要です。

赤ちゃんを楽しませる方法

もちろん、赤ちゃんにたくさんの愛情をかけてあげるほど、その成長にいい影響を与えることができます。すぐに、お子さんはハグや笑顔、言葉でそのお返しをしてくれるようになりますよ。

お子さんを刺激し、楽しませる方法はいくつかあります。以下はできることの一部です:

  • 一緒にいてあげること:赤ちゃんのために、一緒にいて楽しくなるようなさまざまな方法を探さなければなりません。しかし赤ちゃんがいっぱいいっぱいになってしまわないように気を付けましょう。
  • だっこ:赤ちゃんはだっこされているときに、まわりで何が起こっているかをより良く見ることができます。怖かったりびっくりしたりするものがあっても、あなたがすぐそばで安心と安全を与えてあげられます。
  • 周りの環境:赤ちゃんが観察し、発見できる何か新しいものは常に存在します。
赤ちゃんを楽しませるには

赤ちゃんを楽しませるためのアイディア

お友達や家族が来てくれた時に、赤ちゃんにそれを楽しませるためには、一緒にいられるところに寝かせてあげるといいでしょう。例えば、移動させられるゆりかごやベビーベッドをお客さんと同じ部屋に置く、などです。

また、カーペットなどの上にブランケットを敷いて、床から赤ちゃんが観察できるようにすることもできます。もちろん、安全のために常に傍にいてあげてくださいね。

車の中のチャイルドシートに、眠っている赤ちゃんを長時間乗せておくのは良くないということは覚えておいてください。

抱っこ紐に入れることも、赤ちゃんをあなたの日常生活に関わらせるのにとてもいい方法です。人間工学に基づいた抱っこ紐に入れて赤ちゃんを密着させておくと、あなたの動きや心臓の音が聞こえ、赤ちゃんはお腹にいたときのことを思い出します。

同時に、まるでアクション映画をライブで観ているように、赤ちゃんはあなたの動きを観察します。この頃は、何もかもが新しく、わくわくするような発見なのです。

天気が良ければ、散歩に行くのも、赤ちゃんと一緒に過ごす素敵な活動です。

赤ちゃんがすでにお座りができるなら、ベビーカーに乗ってお散歩に行くのがとても楽しくなります。新しい視点から外の世界を楽しむことができるからです。

赤ちゃんを楽しませるためにできることはまだまだあります。ベビーベッドを違う場所に移してみましょう。そうすることで赤ちゃんはまわりを別の視点から見ることができます。

お部屋の飾りつけを変えてみるのもいいでしょう。こういったことすべてがきっとお子さんの注意を引きますよ。

赤ちゃんを楽しませるアドバイス+α

優しい風でカーテンが動くといったような単純なことからも、赤ちゃんは何か新しいことを発見します。

ブラインドの隙間から漏れる光や、外で鳥のなく声などもそうです。

これらは赤ちゃんの感覚を刺激し、楽しませるのにもってこいな方法です。

壁に影を作るなどの単純な遊びも、赤ちゃんにとってはとても楽しいものになります。ベビーベッドの上にメリーをつるすのも、赤ちゃんの目線をとらえるのにいいですよ。

「人間工学に基づいた抱っこ紐に入れて赤ちゃんを密着させておくと、あなたの動きや心臓の音が聞こえ、赤ちゃんはお腹にいたときのことを思い出します。同時に、まるでアクション映画をライブで観ているように、赤ちゃんはあなたの動きを観察します。」

お子さんが成長すると、ベストなおもちゃは何か手で握れるものになります。おもちゃや何らかの物体を握ることは、赤ちゃんが触覚を発達させるのに役立ちます。

周りにあるものを入れかえ、さまざまな色や形、触感やサイズのものを置いてあげると、お子さんの感覚の発達にさらに貢献することができますよ。

そしてもちろん、お子さんは気にいるはずです!

お子さんの感覚を刺激してあげましょう 一日中赤ちゃんを楽しませる

良い本でお子さんを楽しませましょう

最後になりましたが、本を読むことは何歳になってもお子さんを楽しませ、刺激し、絆を作るのに素晴らしい方法です。

あなたが物語を読むのを聞くことほど魅力的なことはありません。まだ言葉やお話しの展開がわからなくてもです。

お子さんはあなたの声に集中し安心するだけでなく、感覚の発達を助け、お子さんが一生持ち続ける読書愛にも貢献することができるのです。

https://youaremom.com/ways-to-entertain-your-baby/