赤ちゃん言葉:話し始める時にぜひ知っておきたいこと

2020年2月8日
両親が赤ちゃんに話しかける時は、言葉や喋り方を変えますよね。この現象は赤ちゃん言葉として知られています。

赤ちゃんや小さい子どもに話しかける時、話し方がどう変化するかおそらく気づいているのではないでしょうか。イントネーションや表現の仕方が変わってきて、赤ちゃん言葉と呼ばれる現象が起こります。

ここで覚えておきたいのは、子どもの言語というのは数年かけてゆっくりと発達していくことです。その点においては、両親がどのように話しかけるかが、子どもの会話を習得する際の大切な要因となるのです。今回の記事では、赤ちゃん言葉についてもっと詳しい情報をご紹介します。

「学習はタワーと同じで、少しずつ積み上げていかなければならない。」
レフ・ヴィゴツキー

赤ちゃん言葉の特徴

赤ちゃん言葉というのは、大人や子どもでも6歳以上の場合、小さい子と会話する時に言葉を順応させることを意味します。このような自己表現の方法は、次のような3つの話し言葉の基本を調整するという特徴があります。

  • 長さ
  • 強度
  • 頻度
赤ちゃん言葉 :話し始める時にぜひ知っておきたい

スピーチセラピストのマーク・モンフォールによると、赤ちゃん言葉には次に挙げられる特徴が見られるそうです。

  • ゆっくり話しかける。
  • 高い声で話す。
  • はっきりと発音する。
  • 表現豊かなイントネーション。
  • 短く簡単な文。
  • 重複、内容の一部を繰り返す。
  • 最低限の語数で、短く簡単な言い方をする。
  • 内容に関連することを言い続ける。
  • 非言語的な言語(身振り手振り)を会話に取り入れる。

「子どもが大人に合わせるのでななく、大人が子どもに合わせてあげるべきです。子どもの会話をシンプルにやさしくして、理解しているか確認しましょう。」

赤ちゃん言葉の目的

赤ちゃん言葉の目的は、幼い子どもの言葉の特性と発達のペースに合わせることです。それによって、子どもは適切で多様な言語モデルを豊富に経験することができます。

子どもに適応させ、効果的な言葉でコミュニケーションすることを理解させます。そこで話し言葉の真似をして、学習するための基本的援助をしていることになるのです。

前述のように、子どもには簡単な言葉でゆっくりと話しかけ、発音や語彙には特に気を付けるようにしましょう。その結果子どもが注意深く聞いて、初歩的な会話から、さらにもっと長くて面白い会話まで分かるようになります。

赤ちゃんに話しかけるガイドライン

親は子どもと会話する方法に特に注意するようにしましょう。子どもに話しかけるのは非常に効果的であり、特に初期発達期間は学習強化に役立ちます。

赤ちゃん言葉に加えて、子どもに話しかけて最大限の効果を上げる他の方法がいくつか挙げられます。

赤ちゃん言葉 :話し始める時にぜひ知っておくべきこと

特に赤ちゃんや小さい子どもの言語を刺激するためのガイドライン:

  • 子どもの背丈に合わせてしゃがみ、目が合うようにする。
  • 子どもの会話レベルに合わせて遊び感覚を取り入れて、話を聞くようにさせる。
  • 子どもの童謡などを覚えて唄う。
  • 買い物などの日課に子どもが参加するようにする。
  • 注意深く話を聞き、子どもの言葉を繰り返したり言い換えたりする。
  • ポジティブ補強をする。

赤ちゃん言葉の結論

話し言葉は、生まれてからの環境で繰り返し起こる会話を通して自然に習得するスキルです。特に子どもは周囲にいる親戚や、主に両親の話を聞いて、話すことを学びます。

結局のところ、赤ちゃん言葉を使い小さい子どもとのポジティブなコミュニケーションを促す方法を取ることは非常に重要なのです。

「子どもの言葉の理解と表現レベルは、その子の個人的発達、社会への順応、そしてもちろん知的成功を決定する要因となります。」
– マーク・モンフォール

  • Díez-Itza, E. (1993). Variaciones tonales en el habla a los niños y adquisición del lenguaje. Estudios de Psicología14(50), 33-47.
  • Monfort, M. (2001). El niño que habla. Madrid: Cepe.