赤ちゃんの発話能力を刺激するためのアドバイス

お子さんの最初の言葉を聞くということは親にとって本当にわくわくすることですよね。この記事では、発話が始まるように刺激するための方法について見ていきます。ぜひ参考にしてみてください!
赤ちゃんの発話能力を刺激するためのアドバイス

最後の更新: 17 1月, 2019

赤ちゃんが喃語を話すのを何カ月も聞いてきた後、お子さんが初めての言葉を発するのを聞いたときは感動的な瞬間になります。これは自然な成長のプロセスの一部ですが、お子さんが話し始めるのを刺激する方法も存在するのです。そして、今日の記事ではそのことについてお話しようと思います。

当然、話せるようになるには長い時間がかかります。実際お子さんは2歳以降になるまで2,3個の言葉が入った文を作ることができません。
しかし、このプロセスは生まれたその日から手助けすることができ、あなたが関わることで大きな違いを生むのです。
今回はこのわくわくするプロセスを速めるための方法をいくつかお伝えします。そして、お子さんの努力をいつも褒めてあげることも忘れないでくださいね!

赤ちゃんの発話を刺激するためのアドバイス

1.すぐに始めましょう

新生児に話しかけるのは無駄なように思えるかもしれませんが、生まれたときから赤ちゃんの耳と脳は音に反応するということを知っておくことが大切です。

ですので、赤ちゃんがたくさんの音を聞けば聞くほど、発話がより発達するのです。最初の数か月はあなたが何を言っているのかを理解しないとしても、赤ちゃんはあなたの声と微笑みを楽しんでいるのです。

これは赤ちゃんにはとてもいいことなので、できるだけたくさん話しかけてあげることをお勧めします。赤ちゃんはおそらく想像しているよりもずっと多くのことを吸収しているのです。

子どもの言語においては、親が重要な役割を果たします。お子さんに正しく話しかける方法を学び、お子さんができるだけ早く話し始められるようにしましょう。

2.本を一緒に読みましょう

次に、お子さんと本を一緒に読むことは素晴らしいアイディアです。もちろん、お子さんが話の筋に注意をちゃんと払うことを期待してはいけません。お話に集中するのも難しいでしょう。むしろ、楽しい経験を共有することが大切なのです。

赤ちゃんの発話を助けるために

一緒に時間を過ごすことは、より多くの語彙を身に付け、幼いころから慣れるために子どもを鼓舞するカギとなります。

これらすべてが、発話についての早期の理解につながるのです。すぐに、お子さんは会話をするかのように口を動かし、音を発するようになるでしょう。

 

3.赤ちゃんと一緒に喃語を話しましょう

赤ちゃんが喃語を話し音を発していたら、あなたも応えているかのようにそれに加わりましょう。赤ちゃんが発する音やリズムをまねして、まねっこゲームをするのです。

赤ちゃんはあなたから注目され、一緒に遊び、あなたのまねをするのが大好きだということを心に留めておいてください。お子さんの興味をさらに引くために、新しい音を紹介してみるのもいいですね。

4.お子さんがトライしていることに反応しましょう

お子さんがもう少し大きくなってきて、しかしまだ1つの言葉を使ってしかコミュニケーションが取れないときにも、完全な文で必ず返事をするようにしましょう。お子さんが音しか使わない場合、あなたが正しい音を発してあげましょう。

お子さんが完全な文をまだ作れなかったり、正しい言葉を使えなかったりしても、あなたが正しく反応することで、学習の機会を作ってあげることができます。

「ですので、赤ちゃんがたくさんの音を聞けば聞くほど、発話がより発達するのです。最初の数か月はあなたが何を言っているのかを理解しないとしても、赤ちゃんはあなたの声と微笑みを楽しんでいるのです。」

5.言葉を繰り返しましょう

お子さんの言葉を繰り返すことも、言語の発達に役立ちます。なにかを取り上げ、あなたがその名前を数回繰り返すと、お子さんはその物と言葉とのつながりを作り始めます。

少しずつ、お子さんは物と言葉を結び付け始め、その言葉を発音することもできるようになります。結局、赤ちゃんはまねすることで学ぶのです。お子さんの前でたくさん言葉を繰り返すほど、お子さんは新しい言葉をまねし、学びたいと思うようになります。

6.リラックスし、忍耐強く

一般的に、子どもは親の心配を感じ取るものです。これは成長に大きなメリットをもたらす理想的な雰囲気を作ろうとするときにじゃまになります。発話には勇気が必要です。ですので、リラックスし、忍耐強く、お子さんの内なる成長を信じてあげましょう。

発話 のプレッシャーをかけないように

多くの親が経験するのは、言葉の能力が次の日に突然出てくるということです。いきなり言葉の爆発のようなものが起こり、これまでとは打って変わって話し出すのです。

しかし、お子さんの言語の理解と表現に遅れがあるのではないかと思った時には、専門家のアドバイスを求めることもできます。

最後に、それぞれの子どもがそれぞれのペースで、さまざまな成長をするということを忘れてはいけません。つまり、もちろん話し出すのもその子のペース次第です。この初期の段階では、あなたがお子さんと話したり歌ったりするときに、正しい言葉を使うよう心掛けることが大切です。

これまでのアドバイスと、あなたのお子さんとすべてを共有したいという気持ちがあれば、お子さんの学習プロセスはきっとスピードアップすると思います。あっという間に、お子さんが最初の言葉を発音しているのを聞けることでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
話しかけが赤ちゃんの言語発達につながる
わたしママで読むことができます。 わたしママ
話しかけが赤ちゃんの言語発達につながる

赤ちゃんの感覚器官は刺激に敏感で、赤ちゃんの耳に入るもの全てが、脳に形跡を残します。話しかける事で、それが頭の中で積み上げられていき、赤ちゃんの言語発達につながります。暖かい声で赤ちゃんを導き、包んで、刺激してあげましょう。たくさんおしゃべりして、歌って、ささやいて、お話を聞かせてあげましょう...



  • Cabrera, M.C. y Sánchez C. (1982). La estimulación precoz; un enfoque práctico. Editorial Siglo XXI: España.
  • Dorance, S. y Matter, P. (2001). Juegos de estimulación para los más pequeños. Madrid: AKAL.
  • Gallahue, D. (1982). Understanding motor development in children. New York: John Wiley and sons.
  • Guerrero, A. M., & Primaria, I. Y. (n.d.). La estimulación temprana. https://archivos.csif.es/archivos/andalucia/ensenanza/revistas/csicsif/revista/pdf/Numero_14/AMALIA_MORENO_1.pdf
  • Moreno, J. A. (1999). Motricidad infantil. Aprendizaje y desarrollo a través del juego. Murcia: Diego Marín.
  • Moreno, J. A., & De Paula, L. (2006). Estimulación de los reflejos en el medio acuático. Revista Iberoamericana de Psicomotricidad y técnicas corporales, 6(2), 193-206. https://www.um.es/univefd/reflejos.pdf
  • Ordoñez, M. y Tinajero, L. (2012). La importancia de la estimulación temprana en la etapa infantil. Madrid, 208-240.