哺乳瓶をきれいにするときのアドバイス

2018年7月7日

この記事では、哺乳瓶をきちんときれいにする上でのアドバイスを紹介したいと思います。

哺乳瓶については、お子さんの健康のために正しく清潔に保つことが絶対に必要です。しかし、これについての噂や間違った情報もいくつかあります。

そこで、哺乳瓶をきれいにする上でのコツやアドバイスをお届けすることが重要だと考えました。この素晴らしいアドバイスを読んでもらえれば、きっと安心してもらえると思います。

簡単に気を付けられることから細かいことまで、何の問題もなくできるはずですよ。潔癖症になる必要もありません!

哺乳瓶をきれいにするコツ

哺乳瓶、乳首(哺乳瓶の乳首)、おしゃぶりなどを正しくきれいにすることは、赤ちゃんの健康のために必要不可欠なのは明白です。生後1ヵ月は、赤ちゃんの免疫力はとても弱いのです。

多くの最も支持されている哺乳瓶の掃除の仕方が、さまざまな会社によって伝えられてきました。殺菌機、ブラシ、洗剤など本当にたくさんの選択肢があります。しかし、これらすべてが本当に役に立つものではありませんし、おすすめできないものさえあります。

ですので、確実に哺乳瓶をきれいにするためにどうしたらいいかというアドバイスをしたいと考えたのです。その簡単さにきっと驚かれると思います。また、心配しすぎることもなくなると思いますよ。

哺乳瓶をきちんときれいにするために、高い製品を買う必要もないのだということがわかると思います。

水、石鹸、ブラシで洗う

これが最も昔からあるやり方で、最も効果的な方法です。哺乳瓶は使ったらすぐに洗うのが理想です。中身が残っていないか確かめてから洗うと、きれいにするのが楽になります。

哺乳瓶のお手入れ方法

哺乳瓶を洗う前に、まず自分の手をしっかりと洗っておきましょう。そのあと、刺激の少ない石鹸や、薄めた石鹸を使って哺乳瓶を洗います。

洗う際は、お湯と特別なブラシが必要です。乳首と蓋も含めたすべての部分を、毎回洗わなければなりません。

また、ボトルの口のねじる部分や、乳首、すみっこなどには特に注意しなければなりません。こういう場所にはミルクが残って、細菌の繁殖を引き起こしてしまいやすいからです。

哺乳瓶を使ったらすぐに洗うのが理想です。中身が残っていないか確かめてから洗うと、きれいにするのが楽になります。

汚れの原因になるミス

哺乳瓶を洗うのは簡単ですが、あることに注意しておかないと、問題を引き起こしてしまうこともあります。哺乳瓶をしっかり洗っても、以下のようなミスをしてしまうと汚れが広まってしまうことがあります。

  1. 水と石鹸で哺乳瓶を洗ったら、みんなが使うキッチンのハンドタオルで乾かしてはいけません。タオルは細菌の隠れ家として有名です。一番いいのは、水をしっかり切り、吸水力のあるキッチンペーパーで拭くことです。
  2. 哺乳瓶を組み立てるためにいろいろな場所を触るとき、大人が完璧にきれいにした手で行わなければなりません。そうでないと、汚れがあちこちについてしまいます。
  3. 最後に、哺乳瓶を洗う際に使用する水が飲むのに安全な水であることを確かめましょう。もしあなたの地域で水のきれいさに問題があるときは、最低でも生後6ヵ月までは沸騰させた水を使用することをお勧めします。
菌が繁殖しないよう注意

殺菌消毒

ボトルとその他のパーツを殺菌するには2つのやり方があります。熱湯を使うか、このために作られた電子機器をしようするかです。

しかし、哺乳瓶をどれくらいの頻度で殺菌消毒するべきかというのは、専門家の意見が変わってきています。これは世界保健機関とアメリカ小児科学会(AAP)の勧告を受けたものです。

その記事では、殺菌消毒をすることと、水と石鹸、ブラシで洗うことの間には違いがないということが明言されています。

哺乳瓶の清潔さを絶対確実にしたい場合は、初めて使用するときに殺菌を行うのが正しいタイミングです。そのあとは、一週間に1回だけで大丈夫です。

もしもお子さんに特別なケアが必要な場合や未熟児で生まれた場合などは、小児科医から違ったアドバイスを受ける場合もあるかもしれません。

まとめると、哺乳瓶の清潔さをきちんと保つためには、きれいな水、石鹸、哺乳瓶の隅々まで届く良いブラシを使うことです。そして、それに加えて大人の手の清潔も常に保つのがよいでしょう。

あなたへおすすめ