コートを着せたまま子どもを車に乗せてはいけない?

2018年10月11日
重大な事故を防ぐために、あなたの友人や知り合いにもこの情報を共有しましょう。

子どもの安全は母親がいつも懸念していることです。だからこそ、子どもたちが風邪を引かないように「コートを着せたまま」にしています。しかし、寒さから子どもたちを守るそのコートは衝突時に致命的な罠になることが判明しました。

対策の質問

最近の研究では、防寒対策として冬に子どもに着せるコートの厚さが車のシートベルトと小さな子どもの体の間に危険な空間を作り出すことが示されました。

体が車の座席に十分に固定されていないと、時速60㎞程度の衝突でも車外に投げ出される可能性があります。

テストを行う

自分自身で確認するよりも良い方法はありません。あなたの小さな子どもがコートを着たまま車の座席に座っている場合、それに応じてシートベルトを調整し、コートを脱がして、座り直させましょう。

ベルトと胴回りの差が重要であることに注意してください。数センチの差が取返しのできない事故とただの事故との差になります。車の安全性テストを過小評価しないようにしましょう。

1分間が全ての違いを作る

母親が家を出る時に、車の中も同じように暖かくしておきましょう。すると再びコートを着せたり、脱がしたりする必要がなくなります。子どもたちはコートを着ていると快適さを感じますが、それは子どもたちを命の危険にさらします

ですので、1分間を使って、車に乗る前にコートを脱がして、車を降りる時にコートを着せるようにしましょう。あなたの子どもの命は1分間よりもはるかに価値があるものです。冬は事故が起こりやすいということも心に留めてください。

冬のコートを着た子ども

「コートを着せたまま」にする代わりにブランケットを持ち込む

車の移動中に子どもたちを暖かくしたいのであれば、子どもにブランケットを与えても良いです。

車の座席に座ってシートベルトを調整した後、子どもたちを暖かいブランケットで覆いましょう。時には急いでいて、時間が足りないこともあるので、子どもたちに自分たちを包み込むように教えましょう。彼らはすぐに覚えてくれるでしょう。既に3歳以上であれば、その責任を与えてあげても良いと思います。

規制

全ての国には独自の規制があります。例えば、スペインでは2015年10月1日以降、警察は安全規制を遵守していない車に子どもを乗せることを認めないように義務付けられています。

コートなしで座席に座る子ども

基本的に、車両の全ての乗客は都市道路および郊外道路を走行する場合は、シートベルトを正しく配置し、締める必要があります。これは一般循環規則の第117条に基づきます。

さらに、この目的のために認可された装置を使用しない限り、身長135㎝以下の子どもたちが助手席に座ることを法律で明示的に禁止しています

もし、欧州連合の外の国にいる場合は、通常は異なるので、現地の規制を確認してください。

追加の小さな注意事項

天候によって事故が起こりやすい冬は特に、子どもの身長が135㎝に達していても、前を向いて座っていても、安全かどうか確認することをお勧めします。また、車が通常よりスピードを出す道路や高速道路を走行する際も注意が必要です。

情報の共有

子どもたちを車に乗せるお父さんや祖父母、他の人たちもこの情報を知っていることを確認して、誰とでも安全に旅行しましょう。

重大な事故を防ぐために、あなたの友人や知り合いにもこの情報を共有しましょう。

あなたへおすすめ