家を散らかさないようにするための時間管理アドバイス

2018年7月6日

今日は整理整頓のエキスパートによる、時間管理のアドバイスを見てみましょう。これであなたの毎日が少しでも楽になることを祈っています。

時間が飛ぶように過ぎて、何をしたかさえ覚えていないときもありますよね。そしてそれは家散らかった家や、終わっていないことがたくさんあることと直接関連していることもあります。

これはお母さんになるともっと共感できるようになります。家に子どもがいると仕事は2倍になるからです。

もしもあなたもほとんどの人と同じように1日がどこかに飛んでいってしまうなら、その気持ちがよく分かると思います。

効果的な時間管理

時間は行方不明になるべきものではありません。私たちは皆同じ24時間を持っているからです。

なぜ家をきれいにするための時間がなくなってしまうことがよくあるのでしょうか。

きちんと時間の管理をすることが、1日の終わりに自分に時間を有効に使えたと言えるようになるための最初のステップです。

時間を無駄にしているのは私たちだけではないということを知っておくのはいいことです。しかし、効果的な時間管理スキルは、もっと生産的になりたいと思っているお母さんたちには必ず役に立ちます。

時間管理の一番の敵はやらなければならない仕事の数です。それがいつも貴重な時間を結局使い切ってしまうことになります。

もう一つの敵は散らかった家です。時間がないので仕方がないとはいえ、それが効果的に仕事をこなす上でじゃまになってしまうことがよくあります。

例えば、料理をしようとしたときに食器棚がごちゃごちゃだと、料理というタスクに移る前にまずそれを整理するところで時間をロスしてしまいます。

怠慢と疲労もまた、家事の邪魔になる2つの重要な要素です。しかし、怠慢に影響されたり疲労のせいにしたりしてしまうと、家が散らかっていることに常に言い訳をしてしまうことになります。

本当に自分のものなのは時間だけです。何も持っていない人でさえも、最低でも他の人と同じだけの時間を持っています。

ーバルタザール・グラシアンー

時間管理ができないことに言い訳をしないように

私の時間はどこへ?

毎日24時間ありますが、ほとんどが何に使ったかわからなず過ぎていきます(睡眠時間よりも多くの時間がおそらく行方不明になっています)。

しかしやらなければならないことをして忙しくしていると、1日を無駄にしたことになるのでしょうか?

いいえ。やることをやるために忙しいと、時間はあっという間に過ぎてしまいますが、より生産的であると言えます。やろうとしたことを何もしなかった時だけ、1日が無駄になったと言えると思います。

他の人からの提案にこたえようとしているときも、1日はすぐに過ぎてしまいます。そういう提案は、ときに自分自身の課題よりもずっと複雑なこともあります。なぜかいつも誰かや何かによって結局思ったよりも多くの時間をとられてしまうのです。

しかし、自分のやることリストにすぐ戻るのは自分の責任で行わなければなりません。

整理整頓ができていないことを他人のせいにすることはできません。子どもが原因の時は特にそうです。家が汚くなることは、子どもがくれる満足の引き換えに得られるものの中で最もいらないものの一つですね。

時間の管理は確かに大変

しかし、この状況があなたにとってストレスになりすぎるなら、整理を楽にするための以下のアドバイスに従ってみることをお勧めします。

  1. いつも落ち着いて、忍耐をもちましょう。
  2. 優先順位を決めてタスクを整理しましょう(本当に大切なことに基づいて決めましょう)。
  3. 全てのものが特定の、決まった、手に届く場所にあるようにしましょう。
  4. タスクを家族に割り振りましょう(子どもが散らかしたものは自分で片付けさせましょう)。
  5. タスクのバランスをとって、管理できるようにしましょう。あなたが管理されないようにします。
  6. 自分のムードと健康に気を付けて、疲労に驚かされることがないようにしましょう。
  7. 1日の最初の数時間は最も簡単な仕事をするようにして、疲れ切って1日を始めないようにしましょう(その後のタスクは優先順位を守るようにします)。
  8. 家事の限定的なスケジュールを作り、順番の奴隷にならないようにしましょう。
  9. 散らかっていなくて、ゆっくりするための場所を家の中に作りましょう。それによりインスピレーションとモチベーションがわいてくるかもしれません。
あなたへおすすめ