出産予定日の計算方法

· 2018年7月31日
未来のお父さんやお母さんが知りたいことの中に、予定日はどうやって計算されるのだろう、という大きな疑問があると思います。100%正確な瞬間というのは分かりませんが、正確性の高い予測方法はいくつか存在します。

自分が妊娠していることがわかると、最もよく知りたいと思うことの一つは、いつ自分の子どもが生まれるのかということです。だいたいの予定日を計算するやり方はいつくかあり、それは専門家が監修し、簡単な数式を医療にあてはめたものを使っています。

どの方法を使うにしても、女性にとって大切なことは最後の生理がいつだったかを把握しておくことです。

女性の生理周期が、妊娠がいつ起こったのかを特定するのに役立ちます。これはあなたの最後に整理が来た時の最初の日から計算することができます。

その14日後が、卵子が最も受精しやすい時期になります。よってそのころに受精したと推測することができます。受精のしやすさが最大になる期間は2、3日続きます。

予定日になる可能性のある日を計算する方法

予定日になる可能性のある日を計算する方法は二通りあり、それはネーゲレ法と医療カレンダーの二つです。

最初の方法は、最後の生理の日から計算する数式を使用します。そこから3か月を引いて、7日を足します。

具体的な日にちを例にとると、生理が始まったのが5月11日だとすると、出産予定日になる可能性があるのは2月18日になります。

医療カレンダーの場合は、車輪や表のようになっていて、お医者さんではとてもよく見られます。

この表の方法をとるなら、左の列が最後の生理の月を表し、一番上の列が日にちです。月と日の交差するところが可能性のある予定日を示しています。

予定日をそのほかの方法で計算するやり方はインターネット上でも見つけることができます。とても正確なデジタル計算機がたくさんあるのです。それらすべてに共通することは、最後の生理の日が必要だということです。

しかし、こういった計算機で示された予定日に出産する女性は10%しかしません。

予定日の計算方法は様々

予定日になる可能性のある日を知っておくことのメリット

妊娠とは、赤ちゃんが生まれるまでの38週から42週の期間いっぱいを指しています。これがわかっているので、専門家はお母さんに出産になる可能性のある日にちの幅を伝えることができるのです。

この情報を伝えることの主な目的は、それによりお母さんは身体的にも精神的にも準備する機会がもらえるからです。さらに、赤ちゃんの誕生までに必要なものを全てそろえることもできます。

実は、予定日は示された日から2週間前後ずれる可能性があります。

妊娠やお母さんのコンディションによって、中には予定日を伝えないというお医者さんもいます。お母さんに生まれる月は伝えても、日にちを特定するということはしないのです。とても心配症のお母さんや感情の変化に伴って血圧に問題が出るお母さんなどには、こういった決断がなされるかもしれません。

女性の生理周期により、妊娠が起こった可能性のある瞬間を特定することができるのです。

赤ちゃんが生まれる準備ができたかどうかを知るには

お医者さんの多くは妊娠12週のエコーの結果を待ちます。この検査で、赤ちゃんの測定と発達に注目します。

こういった点とお母さんの年齢を加味して、より正確な予定日を予測することができるのです。

予定には確実ではない

妊娠12週のエコー検査では、胎児の異常まで特定することが可能になります。遺伝的奇形や先天異常の60%から70%がこの検査で特定されます。例えば、ダウン症はその一つです。この問題は心臓や血管と関係があるからです。

妊娠12週でエコー検査をするもう一つのメリットは、お医者さんが多胎妊娠があるかどうかを判断することができるというものです。

また、出産するときの骨盤の容量についても診断することができます。一方、このエコーの結果が、妊娠時の医学的合併症の可能性を明らかにすることもあります。

予定日の可能性のある日がわかると、親は赤ちゃんの誕生に備えて家やルーティンワークを適応させることができます。

大切なことは、予定日は変わりやすいものだということを認識しておくことです。専門家がどれだけ分析しても、完璧に正確な日を知ることは不可能なのです。