大変な事ばかりではない:妊娠することで得られるメリット

2019年4月14日
妊娠は嫌なことばかりではありません。今回は妊娠することで得られるいくつかのメリットをご紹介します。

妊娠というのはとても複雑なものです。妊娠は大変で心配なことばかりと思いがちですが、メリットがないわけではありません。それはとても感情的な時間であり、色々な意味でもとても美しい時間でもあります。そして妊娠には驚くようなメリットもついてくるのです。

それでは「妊娠にどんなメリットがあるの?」と聞く方もいるでしょう。妊娠の先入観があるので、どうしても悪い面ばかり考えてしまうのも無理はありません。妊娠中の症状はけして快適とは言えず、心地良いものでもなく、出産など考えただけで怖くなるでしょう。しかし妊娠のすべてが悪いことばかりではないのです。

妊娠によるメリットにもう気付いている人もいるかもしれませんね。妊婦でいるのは不快で、色々な変化に悩まされたりする以外に、妊婦は輝きに満ちているものでもあるのです。その他のメリットについてこれからご紹介します。

妊娠がもたらす6つのメリット

まずは吐き気やストレス、そして体重が増えることは考えないようにして下さい。そして妊娠を楽しむように、その影響と可能性について見ていきましょう。このメリットは、これから先もずっと続く可能性もある、半永久的な変化とも言えます。以下、妊娠におけるメリットを見ていきます。

妊娠の メリット 妊娠 得られる  メリット

健康的な生活を送る

これはけして逃れられないメリットでもあり、嫌でも毎日の生活習慣が改善されていくことになります。妊娠発覚したその瞬間から、様々な面において自分の身体に気を付けなければいけません。この時期に自然と起こる健康な生活は、単に一時的なものではなく、もっと長期的に健康状態を持続させることにもなります。

バランスの取れた食生活、ビタミンなどの必須栄養素、妊婦に必要なものはすべて女性を健康にするでしょう。さらに食べるものに気を付けるようになり、食べる頻度や食べる量にも注意するようになります。

妊娠中は健康をとても意識するようになるものの、美容面も心配になり、体重が増え過ぎて妊娠線になってしまったら大変です。

今まで思っていたよりも、身体の健康の重要性がとても大事になってきます。これからは食生活に気を付けて、身体に悪い生活習慣をやめて、もっとお医者さんにかかることになるのです。

生理のわずらわしさと生理痛から解放される

ご存知の通り、妊娠中は生理痛に悩まされることはありません。生理の症状はなくなり、妊娠中の間だけ生理がなくなります。場合によっては、出産後に生理が再開すると、周期が乱れなくなり、生理痛などの腹痛も完全になくなることもあります。

それによってしばらく生理用品も購入からも解放されるのは嬉しいですね。何年もの間、毎月わずらわしいと思ってきた生理が一時的になくなるのは、かなりのメリットと言えるでしょう。

今までとは違った人間関係が生まれる

妊娠するとパーティーや遊園地に行けなくなりますが、この時期、色々な意味で人間関係が変化してきます。公共の場で他の妊婦に会うと、産婦人科の待合室でも店先でも自然に話し始めるようになるでしょう。妊婦同士は友達になりやすくなります。

他の妊婦も話しかけてきて、赤ちゃんは男の子か女の子なのか聞いたり出産の方法について尋ねたり、調子がいいかどうか心配してくれたりするのです。

家族の間でも、心配されて妊婦は甘やかされたり、特別扱いされることがあるでしょう。つまり母親になる人だけのメリットがあるので、ぜひその機会を利用するべきです。

 

妊娠の メリット とは 妊娠 得られる  メリット

妊娠することで、がん予防になる

妊娠中はがんにかかる確率が減少するという最近の研究結果が出ています。妊娠と授乳が、乳がんになる確率を下げるのに役立つのではないかと言われています。

妊娠が女性を美しくする

妊婦には外見が断然良くなる人がいます。例えば妊婦の髪の毛はとてもきれいになり、つやとハリのある髪と共に、抜け毛が減ります。胸は大きくなり、今まで胸が小さくて悩んでいた人にとってはうれしいことですね。

セックス生活が向上

妊娠の経験により、心理的にも女性に変化が見られるようになり、今までよりもリラックスするでしょう。セックスの時に妊娠してしまったらどうしよう、という心配がもちろんなくなります。

心理的に抑制されなくなると、性欲も向上することもあります。何れにしても、骨盤の辺りの血流が良くなると、生殖器も敏感になりやすくなるでしょう