産後精神病の原因とは?:その症状と治療法

26 2月, 2019
産後にイライラを感じていたり、眠れない、幻覚を見るなどの症状が出ている場合はこの記事が役立つかもしれません。

産後精神病または産褥精神病は出産後の女性が経験する精神病です。この病気にかかるのはほんの約0.15パーセントですが、その症状は産後うつ病の症状よりはるかに深刻です。

この症状には妊娠や出産に関連するストレスやホルモンの変化など、いくつかの要因があります。

出産後の身体の変化や新生児の世話をすることの責任も産後精神病に影響を与える要因として考えられます。

この精神状態は非常に繊細で、回復するのには数ヶ月かかることがあります。さらに、それは双極性障害につながることもあります。

多くの専門家は産後の精神病を軽視せず、薬での治療や精神科への入院が必要だと考えています。

産後精神病の原因

前に述べたように産後精神病の主な原因はストレスです。コントロールできないレベルまでストレスが達してしまうのです。

産後の精神病

この病気にかかっている人の統計分析と研究によると、以下のような特徴を持っている女性は産後精神病を発症する可能性が高いといわれています。

 

  • 統合失調症をわずらわっている
  • すでに双極性障害を持っている
  • 薬物中毒の過去がある
  • 妊娠希望がない
  • 性的虐待の被害者
  • 家族に精神障害を抱えている人がいる
  • パートナーや他の家族のメンバーとの間に深刻な問題を抱えている
  • 禁欲の症状が出ている薬物中毒者
  • 初めての母親となり、新たな挑戦を感じている

ストレス以外にも、以下のような症状が産後精神病に寄与する可能性もあります

  • 産後甲状腺炎
  • 脳腫瘍
  • 極端なホルモン性疾患
  • 産褥期の感染症
  • 薬、化学薬品、薬の中毒

それでは、次に産後精神病の症状について説明します。

産後精神病の症状

産後精神病は双極性障害と似た症状を発症します。そのため、多くの女性がすでに双極性障害をわずらわっている、または家族に精神障害の歴史があると推定されます。

とはいえ、すべての患者が同じ症状や同じ重症度を示すわけではありません。

以下に、最も一般的な症状をリストアップしました。

  • 不眠症
  • うつ病
  • 幻覚
  • 見当識障害
  • 多動性
  • 躁病エピソード
  • 過度の過敏性
  • 気分の激しい揺れ
  • 自分もしくは赤ちゃんに攻撃的な行動をとる
  • 周りの人々を認識できなくなる

それではここで産後精神病と産後うつ病の区別を説明したいと思います。

うつ病が産後精神病に変わる可能性があるという非常にまれな例外もありますが、これらの精神的な病状は関連しておらず、明確に区別することができます。

産後精神病と産後うつ病の違い

産後うつ病と産後精神病には共通の症状がいくつかあります。しかし、これらは2つの明らかに異なる病気です。

まず、産後うつ病は精神病のように根本的な精神疾患ではありません。事実、抗うつ薬による治療を通して、症状を解消することができます。

しかし、産後精神病は入院が必要です。過去には、投薬で幻覚が消散しないため、電気ショックさえも利用されていました

産後うつ病を抱える母親は、幻覚やアイデンティティの喪失を経験することはありません。現実から逃避することも、自分の周りの人々を認識できなくなることもありません。

もう1つの大きな違いは、産後精神病の症状は非常に突然現れるのに対し産後鬱病の症状は徐々に現れることです。

実際、赤ちゃんの生後4週間までも現れることがあります。

産後精神病 症状 原因

産後精神病の治療

産後精神病は極端な精神病であるため、その治療は即時入院を伴います。

この病気に関連した症状の多くは治療なしには治りません。正しい薬で治療すると症状を緩和し、再発を防止することができるでしょう。

したがって、医師、精神科医、心理学者などの専門家チームのいる施設への入院が望ましいでしょう。

また、この治療には特定の薬物投与が必要となるでしょう。

専門家は精神状態や器質性疾患を考慮し、患者のニーズに応じてどのような薬が必要かを判断します。

非常に極端な場合には、睡眠療法が利用されます。これは現在、実行可能な治療選択肢とは見なされていない電気ショック治療に代わるものです。

この深刻で非常にまれな状態では協力な治療が必要とされます。あなた自身、もしくは知人の中でこれらの症状を発症していることにに気づいたら、直ちに医療専門家のサポートを求めてください。