産後うつ病の対処方法

· 2018年8月8日

妊娠の “すばらしき時の訪れ”を待つ間、大多数の人は素晴らしさや、興奮を覚えるはずです。しかし、ようやく私たちの腕に我が子を抱いた後には、ホルモンバランスは乱れ始め、突然悲しみの感情が訪れるのです。

これは産後うつ病の知らせかもしれません。この記事では、産後うつ病を認識し、治療するのに役立つ情報を共有したいと思います。

不幸、疲労や罪悪感などの複数の感情が混合したものは、うつ病として知られているものです。うつ病にはさまざまなレベルと分類があります。

老年精神医学米紙(American Journal of Geriatric Psychiatry)は、うつ病は、男性の約2倍の頻度で女性に発症する。おそらく、ホルモンが、女性のうつ病がより高い割合で発生する要因である。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの二つ。エストロゲンの低下は、うつ病の発症において役割を果たすようである」と述べています。

産後うつ病はどのようにして特定されるか?

産後うつ病2

産後うつ病のタイミング、症状および強度は、一般に女性によって異なります。例えば、一部の女性は、赤ちゃんが生まれたらすぐに起こることもあります。一方では、出産後1年かかる場合もあります。

また、産後うつ病は、以下のような症状によって確認することができます。

  • 自分自身のために何かをするという欲求がなく、さらに悪いことに、赤ちゃんのために何かをしたいという欲求もほとんどない状態。
  • 過敏になる、通常の毎日の何気ない出来事にも動揺するようになる。
  • 頻繁に苦しみを感じ、涙が爆発する状態。
  • 不眠症
  • 重症の場合、母親は自分の赤ちゃんと自分自身の完全性に対して否定的な考えを持つ可能性もあります。

産後うつ病に対処するには?

産後うつ病3

産後うつ病については、多くのことが言われています。しかし今日でさえ、それを引き起こす原因のすべてを正確には知ることができていません。ある母親の症状が軽度に済む理由も、他の母親が重症になる理由も知りません。

唯一、私たちが知っていることは、妊娠中のホルモンの変化が、出産後の女性の気分に影響を及ぼすということだけです。

私たちが新生児と一緒に家に戻るとき、少し神経質で些細なことが気になることはいたって普通です。私たちはまた、神経質になり、感傷的になることもあるでしょう。

「産褥鬱」はいたって正常です。2週間の期間を要し、通常、何らかの処置を施さずとも消滅します。

数週間経過しても産褥鬱が消えない場合は、産後うつ病とみなされ、私たちが何を経験しているのか知っている場合、状況をより良くコントロールすることができるでしょう。

また、症状を緩和するための行動を起こすこともできます。

  • 赤ちゃんが必要とするいくつかの世話に対して誰かの助けを求める。家族や友人からの助けを求めることができます。もし可能であれば、状況に対処しながら、看護師や乳母を雇うことが理想的でしょう。
  • 家族とのコミュニケーション。これはあなたのパートナーに関して特に重要です。あなたの気持ちを伝えてください。この種の情報を隠すべきではありません。良いコミュニケーションは誰にとっても最高です。
  • この段階では大きな変化を避けましょう。引っ越し、旅行、新しい勉強の開始などを避けてください。こういった変化はストレスを増やすだけで、気分も悪化してしまいます。
  • 睡眠は不可欠です。赤ちゃんが眠ったら自分も寝てみてください。失われたエネルギーを補充することができ、これによって耐性も上がります。

産後うつ病は回復可能です。産後うつ病に関する情報を調べることは、ネガティブな影響を緩和するのに役に立ちます。症状を緩和するのに役立つ自然療法や身体運動に関しても数え切れないほどの情報があります。

私たちに起こっている症状は、私たちの責任ではないことを理解することは極めて重要です。時々仕事を止め、「お母さんになる」この素晴らしい時期を始めることを考えるのは最善です。

赤ん坊を抱きしめてキスすることが、この状況に対峙する良い方法になることもあるでしょう。