妊娠中に水泳することのメリットについて

2019年2月13日
水泳は妊娠中も体を動かしたい妊婦にとって最適な運動です。この記事で詳しく紹介しましょう。

妊娠中に水泳をすることは様々な運動の中でも非常に健康的な選択肢です。 水泳は妊娠中でも安全に行える有酸素運動なのです。

影響が大きく疲れる他のスポーツとは異なり、水泳は軽い運動で効果がみられるので妊娠中に最適です。

水泳は妊娠第1期から始められる安全な運動ですが、医師に水泳しても安全かどうか事前に確認すると良いでしょう。

妊娠中に水泳することの6つの利点

では、水泳が妊婦にもたらす多くのメリットのうち6つを紹介します。

 

  1. 背中の痛みの軽減
    水泳は妊婦の背骨にかかる負担を大幅に緩和するスポーツです。
    水泳や水中エアロビクスなど、水中で運動する際は重力が消え体重は水によって支えられます。

    これにより、脊椎や関節に体重をかけずに運動をすることができるのです。この種のトレーニングは関節に負担をかけないため、過度の肥満にも効果的でしょう。

  2. 体への利点
    定期的に、そして適度に泳ぐことはカロリーを燃焼するのに最もよい運動の一つです。

    さらに、水泳は身体の弛緩を促進するのにも非常に役立つため、体を引き締めスリムにするでしょう。水泳は妊娠中についた余分な体重を減らすことにも効果的で、筋肉の緊張を和らげます。

    妊娠中の水泳
  3. ストレス軽減と筋肉収縮の緩和
    水中では水が絶え間なく体をマッサージしているため、ストレス軽減に効果があります。また、妊娠期間に頻繁に緊張してしまう筋肉をほぐす役割もあります。

  4. 一般的に妊娠中は下半身のむくみが特に顕著に現れます。これにより部分的な腫れを生じたり、体液貯留になってしまうことがあります。

    水中にいる間は浮かぶため、下半身と上半身両方が感じる圧力を軽減することができるのです。

    また、水泳はとてもリラックスできる運動で、腕と脚を伸ばすことができるため筋肉の緊張を和らげます。

    「妊娠中の体重増加は9ヶ月間続きますが、母親になる喜びは一緒続きます。」
    – ニッキー・ダルトン

  5. 気分の上昇
    妊娠9ヶ月の内に水泳をすると、気分の上昇効果が期待できます。これは医師の指導と管理のもと、意識的に続けなければいけません。

    水泳は利尿作用、鼓腸の軽減、そして全体的に妊婦の気分を上昇させる効果があります。

    そのため水泳は妊娠中の女性の多くが経験する不快な症状を迅速に改善することができます。

  6. 心理的な利点
    妊娠中に水泳をする妊婦は心理的な利点も受けることができます。先ほども述べましたが、水泳はストレスや緊張を和らげ、日常生活の心理的問題を緩和することができるでしょう。

  7. 腫れの軽減
    妊娠中、妊婦の手と足はむくみがちです。

    水泳をする際に体が水に浸かると、腎臓に向かって液体を押し戻します。これらの液体は尿となり、体から排出されます。水泳は体の循環を改善し、足や足首の余分な水分を排出するのに最適なのです。

妊娠中の運動 妊娠中 水泳 運動

 

妊娠中に最適な泳ぎ方

何と言っても平泳ぎは妊娠中の女性にとって最も適切な泳ぎです。これは胴体の回転と強い力を必要としないためです。

妊娠中は脊柱と骨盤が前傾する傾向があります。平泳ぎは背中の筋肉の強化してリラックスさせるのに役立ちます。

もう1つのオススメは背泳ぎです。これは赤ちゃんへのリスクなしに、妊娠中に蓄積する傾向がある筋肉痛を軽減するのに役立ちます。

何度も言いますが、どんな運動ルーティーンでも始める前にあなたの医師及び婦人科医に相談することは非常に大切です。医師に相談してリスクを回避しながら運動しましょう。