妊婦のための胎児を刺激する練習を実践してみよう!

· 2019年4月25日
外からの刺激によって、お腹の中の赤ちゃんの発達に影響を与えます。ぜひこの胎児を刺激する練習法をお試しください。

良い刺激があれば、不思議なことに赤ちゃんは生まれる前から学び始めることができます。妊娠後期に赤ちゃんの神経系が発達し、きちんと機能できる準備が整うため、胎児を刺激する練習を始めるチャンスです。

この刺激というのは、赤ちゃんの身体と心の発達に加え、両親との心の絆を深めるのに役立ちます。この練習の効果を上げるには、毎日続けることが大切です。

それから運動し過ぎで赤ちゃんを疲れさせないようにすることも重要です。胎児刺激が毎日の日課となるでしょう。

この記事では、妊娠後期に実践できる練習について、どんな刺激なのか、その種類などもご紹介します。準備はいいですか?あなたも始めてみましょう!

胎児刺激の種類

運動刺激

母親がこの練習をすると、その体勢によって赤ちゃんの空間と動きの感覚を発達させることができます。

視覚刺激

これは目の網膜を刺激して、赤ちゃんが光に対して慣れるようにするのが目的です。赤ちゃんが生まれてくる環境に対応するための準備と共に、赤ちゃんが興味を持って集中するようになるでしょう。

感覚刺激

一日を通してお腹を触ることで、身体的な接触を通して赤ちゃんとコミュニケーションを図ることになります。お腹の触り方を変えて、トントンと軽くたたく、撫でる、さする、立ってシャワーを浴びるなど、色々な刺激を与えましょう。

胎児   刺激   練習

聴覚刺激

赤ちゃんの感覚の中で早くに発達するのが聴覚です。そこで聴く力を付けるためにも、音楽を聴く、色々な音を出す、赤ちゃんに話しかけるなどの練習をするのがお勧めです。

胎児刺激練習

ロッキングチェア

ロッキングチェアに座って、はっきりしたリズムで揺らしてください。

水泳

プールに行き水に浮いた状態になり、潜らないでゆっくりと水の中を移動します。

一人で / パートナーと踊る

毎日時間を決めてダンスをしましょう。ゆっくりとした動きやスムーズに回ってみたり、お腹を触りながらパートナーと踊って、赤ちゃんがパパの存在を感じるようにしましょう。赤ちゃんの運動機能と感覚機能の両方を刺激します。

懐中電灯で照らす

懐中電灯とお腹に当てて、赤ちゃんが光を追うように動かしてみましょう。

良い天気を利用する

晴れの日を利用して、お腹を出して5分間の日光浴をしましょう。これで自然な光が赤ちゃんに届きます。

妊婦のための胎児を 刺激 する 胎児   刺激   練習

お腹を撫でる

手のひらを使って、お腹を優しく撫でてみましょう。

クリームを使ってマッサージ

保湿作用を利用して、赤ちゃんを刺激してください。お腹に大きな円を描くように、クリームをつけてマッサージしましょう。

指先で触る

指先の端を使って、お腹の色々な部分を軽く触りましょう。

赤ちゃんと遊ぶ

赤ちゃんが蹴った所を軽く押してみましょう。

音楽を聴く

適切なボリュームで音楽を聴きましょう。これで赤ちゃんと外の世界をつなげます。音楽の種類、テンポ、スピードによっては、赤ちゃんがリラックスしたり、興奮したりするでしょう。楽器演奏を聴かせるのがお勧めです。

赤ちゃんに話しかける

パートナーと一緒に、赤ちゃんがもう胎外にいるような感じで話しかけてみましょう。赤ちゃんがその場にいるのと同じように話しかけ、歌を歌ってあげてください。お父さんが赤ちゃんに話しかけると、赤ちゃんがその声を認識して、親子の関係を深めることになります。

外の音を聞かせる

赤ちゃんが生まれた後の、生活準備になるように音を聞かせます。毎日の生活やライフスタイルである、料理、散歩、道を行く車の音などを聞かせます。これで赤ちゃんは生まれてから聞く音に事前に慣れてきます。

妊婦のための胎児を刺激する練習を実施すると、親子のつながりが強まり、より深い関係になるという研究結果もあります。ゆっくりと時間をかけて赤ちゃんを刺激して、妊娠中から子どもとコミュニケーションを取りましょう。とても価値ある経験ですよ。