夏を過ごす妊婦さんの為に!7つの実践的アドバイス

2019年5月29日
これからご紹介するシンプルな方法を使えば、暑い夏の日の不快感を最小限に抑えることができます。ぜひ実践してみてください!

妊娠中にはよく体温が上がりやすくなります。しかし暑い季節には、それもとてもイライラさせられるもになりますよね。ですが、妊婦さんが夏とよりうまくつきあい、さらに妊娠を楽しむための実践的なアドバイスが存在します。

夏を過ごす妊婦さんのための、使える実践的アドバイス

これからご紹介するシンプルな方法を使えば、暑い夏の日の不快感を最小限に抑えることができます。ぜひ実践してみてください!

1.常に水分を摂りましょう

妊娠中には、夏の間普段より多くの水を飲むことが重要です。勧められている水分の摂取量は、1日当たりグラス8杯以上です。フルーツを食べることで補完するのもいいでしょう。

フルールジュースやスムージーはとても気分をリフレッシュさせてくれます。毎回の食事やヘルシーなおやつとしてフルーツを食べるのもいいでしょう。レモネード、オレンジジュース、グレープフルーツジュースもおすすめです。モモやスイカ、イチゴなどの季節のフルーツも生かしましょう。

フルーツにはたくさんの水分が含まれているので、体液貯留を防ぎ、むくみを予防するのに役立ちます。妊娠中に女性の体が必要とするビタミン、栄養素、食物繊維なども与えてくれます。

2.薄い服と適切な靴を履きましょう

コットンやリネンなど、薄くて呼吸のできる素材を使ったものを着るようにしましょう。そうすることで、汗染みがなるべくできないようにし、胸のすぐ下やおなかにできるあせもから身を守ることができます。

肌に張り付いて暑さをより感じさせるような合成素材の服は避けましょう。また、普段のサイズより少し大きめの快適な靴を履くのがおすすめです。足や足首に強い圧力がかからないようにするためです。背中や脚の痛みを引き起こさないために、かかとが高すぎたり低すぎたりしないものにしましょう。

夏を過ごす妊婦さん 夏 妊婦 アドバイス

3.一番暑い時間帯は家の中にいて、ゆっくり休みましょう

お昼から午後5時くらいまでは、涼しくて風通しのいいところに必ずいるようにしましょう。日中の暑さに息が詰まってしまうかもしれないからです。その時間帯は室内でゆっくりリラックスするのがベストです。

午後には、バブルバスに入ったり冷たいジェルでマッサージをしたりするととてもリフレッシュできますし、そうすることで夜ゆっくり寝られます。

4.運動を続けましょう

夏にも妊婦さんが適度な運動をすることはとても重要です。その主な理由は、運動するとたくさんの良くないコンディションを避け、出産に備えられるからです。出産予定日が迫っているなら特にそうですが、夏の間も身体が強く健康であることが大切なのです。

「妊娠中には、夏の間普段より多くの水を飲むことが重要です。勧められている水分の摂取量は、1日当たりグラス8杯以上です。」

5.妊娠中にはお肌のケアも忘れずに

妊娠中のホルモンの変化により、お肌が敏感になるかもしれません。それにより、日光にさらされるとダメージが大きくなります。顔や首のあたりに黒いしみが現れたりするようなお肌の変化が起こる可能性があります。

ですので、広範囲の波長の紫外線を遮断してくれる日焼け止めを使い、お肌を毎日保湿することが欠かせません。また、すでに触れたように、日中に太陽にさらされることのないようにしましょう。

6.ビーチやプールで涼みましょう

夏を過ごす妊婦さんは、ビーチの近くに住んで入れは、それを活用するといいでしょう。ビーチは、浜辺を歩いたり安全な場所で少し水に浸かったりするのに理想的です。ただ、水が急に深くなる場所や大きな波が来る場所には行かないよう気を付けましょう。

プールも妊婦さんにはとてもおすすめです。妊娠中に泳ぐことは強く勧められており、気分もリフレッシュし、運動もでき、水の中でお腹の重さを感じず休憩することができます。しかしプールに飛び込んではいけません。また、プールの端を歩いているときに滑って転ばないように気を付けましょう。

理想的な水の温度は27度~30度です。太陽光と熱への対策を必ず行い、ビーチやプールの近くに行ってリフレッシュできる時があれば必ず行くようにしましょう。

妊婦さんへのおススメ 夏 妊婦 アドバイス

7.夏の間はヘルシーで軽い食事を

夏の間は、冷静スープや野菜、サラダ、フルーツなどの軽い食事を摂ることがおすすめです。新鮮な乳製品、パスタサラダ、お米、トマトジュースなどもいいですね。

血糖値に問題が無ければ、アイスクリームやフラッペなどを時々自分へのご褒美に食べるのもいいですよ。一方、とても辛く、脂っこい食事は、消化の問題、胸やけ、消化不良を引き起こす恐れがあるため避けましょう。

このように、夏の間の妊娠をトラウマになるようなものにしないための方法があります。夏を過ごす妊婦さんのための私たちからのアドバイスに従えば、不快感を感じることなく、逆に未来の赤ちゃんの発達に影響を与えてしまうようなことを避けることができますよ。