30代以降の妊娠:安全な妊娠期間を過ごす方法

年齢に関係なく、責任を持って準備をすることで、素晴らしい妊娠になり得るでしょう。
30代以降の妊娠:安全な妊娠期間を過ごす方法

最後の更新: 18 12月, 2018

30代以降の妊娠の安全に関して、やはり女性の生殖能力に言及する必要があります。30代以降の妊娠となると、受胎するのが難しいのではないかとよく言われるのです。

しかし妊娠の年齢に関する研究に使われている統計は、かなり昔のものであるということをご存知でしたか?

時間と共に変化するものはあるけれど、女性と男性の身体の機能と生殖に関しては、それ程変わらないものだと言われてきました。

数十年前までは、30代の女性は妊娠するまでに時間がかかるものと思われていました。それにも関わらず、現時点での統計では1年以内に女性が妊娠できるという結果が出ています。

こちらの記事もお勧めです:親になりたいという気持ち

安全な30代以降の妊娠:妊婦の健康管理

  • 安心できるような、30代以降の女性患者を診たことのある医師を選ぶ。適切な妊娠期間を過ごすには、医師と患者のコミュニケーションがとても重要になってきます。
  • もし妊娠を考えている女性、またはパートナーが喫煙者であったら、すぐに辞める。ニコチンは身体に悪影響があり、生殖能力にも影響します。喫煙により、流産や早産を引き起こす危険があります。赤ちゃんの先天的奇形や低体重に、喫煙が関与するとも言われています。
  • 太り過ぎに関しても、何か対処しなければ安全な妊娠に問題を起こし兼ねません。肥満や過食症が生殖能力の妨げになることもあります。妊娠中に、余計な体重があることで、妊婦と赤ちゃんの健康に不都合を生じるでしょう。
30代以降の妊娠

  • かかり付けの医師に健康診断をたのむ。妊娠する前に高血圧や糖尿病などの可能性があるか確認してもらい、もし見つかった場合は適切な治療または防止法について話し合いましょう。もし治療が必要な場合は、妊娠中でも内服できるような薬を勧めてもらいましょう。
  • 医療専門家と自分の家族歴を伝える。事前に防止できるような問題を明らかにして、何か遺伝子的な疾患があればそれに対処できるようにしましょう。何か遺伝子的に子どもに移ってしまうものであれば、今の内に確認しておくと良いでしょう。

健全な生活を送るには、健康な食生活が不可欠です。もし妊娠していたり、妊娠する予定であれば、なおさら重要になってきます。

– 国民保険サービス

30代以降の妊娠:妊娠中の注意

  • 妊娠中の健康診断の詳細記録を取っておく。
  • 妊娠すると決めたら、健康に悪い習慣をすべて辞める。そして良い食生活を始めるようにしましょう。食事に気を付けることで、妊娠中に赤ちゃんに最適な身体を提供できます。
  • 一般的に医師が勧めるのは、妊婦用ビタミン剤を摂取すること。特に葉酸が入ったサプリメントが良いでしょう。
  • 自分で医薬品を飲む判断をしない。鎮痛剤やその他薬局で入手する医薬品を摂取する前に、医師に相談しましょう。
  • 筋力をつけて身体の変化に対抗できるような運動をする。身体を動かすことで、痛みを和らげ、血液の循環を促し、妊娠後に元の身体に戻すのに役立ちます。30代以降の妊娠期を安全に過ごすために、運動は最適です。
安全な 30代以降の妊娠

  • なるべく休息を取り、特に妊娠前期はしっかり身体を休めるようにする。お昼寝をして、趣味などに少し時間を費やし、普段の昼間の日課に休息を入れるようにしましょう。呼吸法、ヨガ、ストレッチ、マッサージなども、身体の調子を整えるのに適しています。
  • カフェインを減らす。カフェインは特に栄養価が無く、身体が鉄分をうまく吸収できなくなるので控えましょう。さらにあまりカフェインを摂ると、夜眠れなくなることもあります。

30代以降に妊娠しようと決心しているのだとしても、どうぞ安心してください。身体の健康管理は必要ですが、30代以降でも安全に妊娠期間を過ごすことが出来るでしょう。

こちらも参考にして下さい:35歳を過ぎて母親になるということ

少し歳を重ねた母親になることはあなたにも赤ちゃんにも利点がたくさんあるのです。

年齢に関係なく、責任を持って準備をすることで、素晴らしい妊娠になり得るでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
妊娠中の骨盤の痛み:原因と治療
わたしママで読むことができます。 わたしママ
妊娠中の骨盤の痛み:原因と治療

妊娠中に骨盤に痛みが出るのには、さまざまな原因があります。しかし、その痛みを減らし、和らげてくれる治療法もあります。妊娠中に感じる骨盤のあたりの痛みは、妊娠中に現れる症状の中で最もよくあるものの一つです。恥骨結合離開とも呼ばれます。 妊娠中の 骨盤の痛み について紹介します。



  • Bellieni, Carlo. “The Best Age for Pregnancy and Undue Pressures” Journal of family & reproductive health vol. 10,3 (2016): 104-107.
  • Lampinen, Reeta et al. “A review of pregnancy in women over 35 years of age”open nursing journal vol. 3 33-8. 6 Aug. 2009, doi:10.2174/1874434600903010033