子供が鼻血を出した時の対処法

2019年3月8日
子供が頻繁に鼻血を出すと心配になるでしょう。しかし、子供が鼻血を出すことは至って正常です。通常、鼻血はすぐに止まるため、医療処置は必要ありません。ただし、知っておくべきガイドラインがありますので、この記事で説明したいと思います。

子供が鼻血を出すことは非常に一般的です。主に2歳から10歳までの子供に起こります。

親として子供が鼻血を出しているのを見て心配することは理解できますが、それがめったに深刻な状態になることはありません。一般的に鼻血には医療処置をする必要はなく、自宅で治療することができます。

鼻血の種類

最も一般的なのは内鼻出血です。これは鼻の前面にある小さい血管が切れたるときに起こります。その後、鼻出が始まります。

もう1つのタイプは外部鼻血です。その名前が示すように、鼻の後ろの奥部分で起こります。このタイプの鼻血は、血液がのどの後ろに流れます。このタイプの鼻血は子供には一般的ではありません。

鼻血のついたティッシュ

鼻血の原因

子供の鼻血にはさまざまな原因があります。最も一般的なものは空気の乾燥です。乾燥した気候と暑さが鼻の粘液を刺激し、乾燥させることがあります。これはかさぶたとなりかゆくなるため、子供たちは鼻をひっかき出血させてしまうのです。

また、風邪も子供の鼻血の一般的な原因です。鼻の粘膜に炎症を起こし、出血してしまうのです。

一般的に、出血は子供が繰り返し鼻をかむ際に起こりますが、アレルギーも鼻血を引き起こす可能性があります。

最後に、怪我や転倒も子供の鼻血につながる可能性があります。前述した通り、血管が切れて出血に繋がってしてしまうのです。

子供の鼻血の止め方

子供が鼻血を出すと、大人はたいてい心配しますよね。なので、子供の鼻血の対処をする時は落ち着くこどが非常に重要です。鼻血が出ることは深刻ではないことを心に留めておくと役立つでしょう。

出血を止めるには、子供の頭をまっすぐ保つか少し前方に屈ませ、親指と人差し指で鼻をつまみましょう。しばらくの間、頭をこの位置で保つことが重要です。

よく子供の頭を後ろに傾ける人もいますが、これは間違いです。血が詰まってしまう可能性があるため、これはあまり意味がありません。また、咳や嘔吐を引き起こす可能性もあります。

出血が止まったら、しばらく待ちましょう。この間、子供が鼻に触れたり、鼻の中に指を入れたり、かんだりするのを避けてください。鼻が弱くなっているためまた出血しやすくなっているため、数日間は再び鼻が傷つかないように気を付けて過ごしましょう。

鼻血を出す子供 子供 鼻血

鼻血を予防する方法

鼻血の予防は比較的簡単です。鼻血の多くは環境または怪我によって引き起こされます。鼻血を予防するには、以下のアドバイスを参考にすると良いでしょう。

  • 1つ目の方法は、子供の爪を短く切ることです。こうすることで、子供が鼻をいじっても傷つけることを防ぐことができます。さらに、鼻に指や物を入れないように子供たちに教えることも重要です。

  • 空気が乾燥して理想的な環境でないときは、気化器や加湿器を使って湿気のある状態に保つことをお勧めします。空気中に汚れやほこりが広がらないように機械自体を清潔に保つことも重要です。

子供の鼻血を予防するもう1つの方法は、鼻の粘膜に潤いを与えることです。食塩水噴霧器やクリームを使用すると良いでしょう。これらは子供の鼻の乾燥を防ぐため、鼻血を予防することができるでしょう。

最後に、子供がけがをする可能性がある場所で激しいスポーツをする場合は、けがをしないように安全装置を使用することをお勧めします。また、あなたがどれだけ予防しても鼻血が出ることもあることを忘れないでください。