子供の鼻づまりへの対処法

· 2018年7月8日
この記事では、鼻の詰まりが子供にどのような影響を与えるのか、そしてどのように対処するべきなのかを紹介します。

鼻が詰まることは、小児期の共通の問題です。一般的に子供は、風邪やインフルエンザに対する防御力が低いです。

鼻詰まりは、こういった一般的なウイルス感染症状の1つです。しかし、症状が持続する場合は、アレルギーの可能性も考えられます。

ウイルス感染によって、風邪のような症状が現れると、鼻管が腫れ、詰まったように感じることがあります。この症状は、透明で、サラサラとした鼻水を伴います、また、この鼻水は徐々に濃くなることもあるのです。

感染が強い場合、粘液は黄色や、緑色での場合もあります。必ずしも深刻な病気の徴候というわけありませんが、しかしとても異常なほど濃い場合は、医師に相談してください。

子供の鼻づまりとは?

鼻づまりは、特に自分で鼻をかむことが出来ない小さな子供には非常に一般的です。

一般的には危険なものではありませんが、この症状が数日間持続する場合は注意を払うべきかもしれません。子供の鼻詰まりの原因としては:

1.衛生状態が悪い

鼻の衛生状態が悪いことも、子供の鼻の閉塞の原因となることがあります。子供は鼻呼吸しかしない傾向にあります。従って、粘膜に付着したウィルスや、異物の除去のためにクリーニングが不可欠です。

特別な鼻スプレーで毎日きれいにすると、風邪やアレルギー性鼻炎のような感染症のリスクを軽減することができます。また、より重篤な感染症の予防にもなります。

鼻づまり2

2.ウイルス感染

風邪は幼い子供にはより一般的な疾患です。特別危険ということはないものの、不快に感じる鼻づまりを引き起こします。

3.奇形

鼻腔の閉塞には、鼻自体の状態も関係します。例えば片側(片側の鼻孔のみ)または両側(両閉塞)があります。

「ほとんどの子供は普通の風邪やインフルエンザに対する耐性が低い」

子供の鼻づまりによる症状はどういったものでしょうか?

鼻づまりが持続すると、鼻閉塞などの症状が心配の種になります。鼻づまりは、かかりつけ医、小児科医または耳鼻咽喉科を訪れる大きな原因です。

子供の喉頭の形状は、特に呼吸困難に耐性がありません。このことに、注意払う必要があるのです。以下の症状は、鼻の閉塞を指し示し、医師の診察が必要な場合があります。

  • 食べるのが難しい
  • 体重減少
  • 睡眠の質の低下
  • 重度のいびき、呼吸困難
  • ドライマウス
  • 頻繁に涙が出る

鼻づまりへの実用的なアドバイス

ここでは、子供の鼻づまりに対処する、いくつかの方法を紹介します。

湿度に気を使う

空気の乾燥は、子供の鼻づまりを悪化させる恐れがあります。湿度を保つ簡単な方法は、気化器もしくは、加湿器を使用することです。両方のデバイスは、空気を潤すように設計されています。

気化器は高温蒸気を放出し、加湿器は低温蒸気を放出します。

生理食塩水で鼻を洗浄する

生理食塩水での洗浄は、子供の鼻詰まりの自然治癒や、鼻水の除去を促します。スプレーや、点鼻薬型、カプセルなど様々なタイプがあります。

鼻づまり3

脱水を避ける

良好な水分補給は粘液の過剰産生を食い止め、排出を促します。子供にたくさんの水を与えてください。また、ジュース、ミルク、スープなどを与えて、日中に適切に水分補給されていることを確認してください。

頭を高くした状態で寝かせる

最後のアドバイスは、子供の頭が身体より高い位置にあるように寝かせてください。これにより、睡眠中、鼻が詰まっていても呼吸がしやすくなります。

赤ちゃん、幼児の場合、頭の下に折りたたんだタオルを敷いてあげましょう。子供が適切な角度で眠れるように、ベビーベッドを傾けることもできます。鼻詰まりは、横になると悪化し、呼吸はより困難になる可能性があることを注意しましょう。

鼻づまりは、一般的に無害であり、一時的なものです。しかし、場合によっては、小児の鼻の閉塞が難聴につながることもあります。

これらは、後に言語障害に繋がる可能性もあります。風邪や感染症に適切に対処し、将来の合併症を避けるためにも、紹介したヒントを覚えておいてください。