楽器の演奏を学ぶ効果について

2019年3月14日
日頃の集中力、記憶力の刺激、微小運動発達、聴力向上。これらは子どもが楽器を習うことで得られる主な効果です。

楽器の演奏 を学ぶ効果は、子どもが楽器の練習を始めるとすぐに明らかになるでしょう。楽器の演奏 を学ぶこととで、規律正しくなり、聴覚が敏感になり、微小運動能力と集中力が向上します。

子どもが楽器の演奏を学ぶとき、常に芸術や文化に関する新しい情報を習得していることになります。これらの理由から、多くの親が理想的な課外活動として音楽を選びます。

小さい頃から楽器を演奏する効果はたくさんあります。知らないうちに、子どもは演奏家としてのキャリアを歩み始めていることになるかもしれません。将来世界を飛び回って、偉大なステージで演奏する機会を持つ可能性もあります。

楽器の演奏を学ぶ効果

音楽・文化と教育との関係

人に与えられた芸術的表現の中でも、音楽は特に人気があります。どの人間社会においても、楽器や歌声によって様々な音が再生されてきました。その歴史を通して思考、感情、感覚的な刺激を表現しているのです。

音楽は毎日家庭でも様々な媒介を通して存在します。例えばテレビ、インターネット、ラジオはどれも音楽を再生しています。実際子ども教育のゲームは音楽を含むものが多いです。それは音楽が学習を促すという研究の現れです。

子どもは誰でも音楽や楽器に自然に惹かれます。子ども用のおもちゃに、ミニピアノ、木琴やシロホン、マイクなどがあることを考えれば当然です。子どもがこれらのおもちゃでよく遊ぶようになると、音楽に向いているかどうか親も気付くようになるでしょう。

楽器の演奏による心理的・社会的効果

音楽には心理的・社会的効果もたくさんあります。その一つは子どもの集中力が向上して、学習面での目標達成にも役立ちます。

一般的に子どもが楽器を演奏していると、オーケストラや合奏グループに参加することが多いです。そうなると自動的に演奏仲間との関係ができ、チームの一部となって頑張ります。

楽器の演奏 を学ぶ効果

両親の多くはチームワークや計画性を学ぶには、スポーツに参加するしか方法がないと思い込んでいるかもしれません。しかし音を合わせて交響曲が美しく聞こえるためには、チームで協力して根気強く練習することが必要なのです。

楽器演奏を学ぶことで芸術や文化に対して敏感になります。音楽専門家としての発達や、社会にうまく参加していくことも習得することができます。

他の国における音楽教育の例

南米やヨーロッパでは、ホセ・アントニオ・アブレウ氏によって設立された音楽教育プログラムを利用する機関があります。これは、「国立青少年オーケストラネットワーク」と呼ばれ、1975年に始まりました。

このプログラムでは貧困な場所や地域に住む、教育資金が限られた児童を対象にしたものです。芸術的な活動に参加することで、子ども達が薬物や犯罪など悪い事に巻き込まれないようにできるのです。それと同時に音楽を経験すると、クラシックの音楽家としてプロの道を歩むことも可能です。

似たような考えに基づいたもう一つの団体は、コロンビアにあるバトゥタ協会です。バトゥタ協会は楽器演奏をコロンビアの小中高の学校の音楽教育に取り入れるのに貢献しました。

公立・私立の学校にて子ども達は弦楽器・管楽器の演奏を学び、音楽論理について勉強する機会を持てます。

「楽器演奏を学ぶことで芸術や文化に対して敏感になります。」

心理学的な媒体としての音楽の効果

楽器を演奏するには、脳半球の両方がうまく連体して働かないと正確な動きを調整することができません。

演奏することでより複雑な脳の働きが可能になります。これは記憶力、集中力、微小運動能力、そして知能指数(IQ)にも影響します。

楽器の演奏 子ども 効果

楽器の中でもピアノの演奏が、最も脳細胞間の結合を促すと専門家は見ています。これは両手の指それぞれが違う鍵盤を触るという、かなり複雑な作業を行うことが理由です。さらにピアノを弾くには正確性が求められるためでもあります。

お分かりのように楽器の演奏を学ぶ効果はたくさんあるので、もう既に音楽を習わせる気になりましたか? できるだけ早く子どもが音楽レッスンを受けるよう準備しましょう。

子どもが早く音楽の勉強を始めるに越したことはありません。幼少期に楽器の演奏を習い始めると、知識の吸収が早く、技術がどんどん向上するでしょう。

お子さんは未来の、ウラディミール・ホロヴィッツ、アンドラーシュ・シフ、アンネ=ゾフィー・ムター、ヨーヨー・マ、になるかもしれません。