子どもが家事を手伝うように促すを方法を見てみよう

2020年2月6日
子どもに家事を手伝ってもらうと家がきれいになるだけでなく、子どものしつけになり将来に役立つスキルを身に付けることになります。

家事を手伝うように子どもを促すのは、毎日のように起こるチャレンジだと思います。子どもと衝突するのを避けるために、両親が家事を全てやってしまうお宅も多いかもしれません。

しかし家事を手伝わせることが、子どもに重要な価値観とスキルを教えるのに役立つ方法になるのです。

家事を手伝う:子どもへの効果

倫理教育科学の専門家ジョセフ・ノベルは、子ども達に家事を手伝わせることを重要視しています。なぜなら、それが子ども達の人生において最初に与えられる責任となるからです。

子どもに家事を手伝ってもらうと、家がきちんと片付くばかりではありません。それは子ども達が成長した時に役立つ価値観やスキルを教えることになります。

家事 を手伝うように子どもを動機付ける方法

  • チームワーク。目標を達成するには、時には他の人と協力しなければいけないということを子ども達が学びます。
  • 思いやりの気持ち。家事を手伝うと、家を清潔に保つのはとても難しいことだと理解できるようになります。
  • 自立心。家庭で手伝うことで、将来効率的に家事をこなせるようになるでしょう。

ベストセラー作家のダン・ピンクによると、子どもが家事を手伝うことで、家族というのは皆で義務を分かち合うものだと子どもに示すことができます。さらに、家族全員がお互い助け合う必要があると理解するでしょう。

 

家事を手伝うように子どもを促す5つの方法

1.まずは子どもと一緒に家事をする

親が最も間違えやすいのは、作業が簡単だからまたは大人の行動を見ているからできると思い込んで、家事の方法が分かると子どもに期待してしまうことです。

多くの場合、子ども達は誰でも親にきちんと教えてもらってから、家事を手伝う必要があります。

例えば、おもちゃを拾うことは簡単な作業のように見えます。しかし子どもは、おもちゃをどのように片付けたらいいのか分からないかもしれません。それにイライラして、子どもは諦めてしまうこともあります。

そこで、ただ叱るのではなく、手伝った方がいいかどうか聞いてみましょう。作業を始める時に手伝ってあげて、徐々に自分で終えることができるように導いてあげるのが秘訣です。

2.誰にでも責任は必要

子どもに家事を手伝わせる最も重要な側面は、家族全員が責任を分担していることです。

つまり、家族のメンバーみんなにそれぞれの責任があると子どもが理解するべきです。もちろんそれは各自にできる能力にも依ります。

子どもに適した作業を子どもに頼むことが大事です。例えば、子どもの年齢に対して複雑すぎる家事を選ぶとイライラするかもしれないし、逆に簡単すぎる作業はつまらなくなってしまいます。

3.徐々に自立できるようにする

企業において上司が部下の意見を取り入れず各自の独立性に価値を置かないように、それが家庭という環境でも同じことが起こり得るでしょう。

子ども達にも意見を出す機会を与えてあげることがとても大切です。思っていることを言わせてあげることで、子どもが自信を持てるようになるでしょう。少しずつ自給自足の感覚を身に付けることができるようになります。

独立性と自律性が感じられると、子ども達はもっとやる気が出て、家事をこなすようになり、それを効率的にできるようになるでしょう。

4.チームワーク

子どもに手伝ってほしい時は、家族全員が家事を手伝える時間を選ぶようにしましょう。

子ども達が、自分も何かの一部になったと感じられるでしょう。家族と一緒にチームとして家事をすることで、もっと貢献したいと動機づけられます。最終的に、協力しながら家事がきちんと行われているか確認しましょう。

家事 を手伝うように子どもを動機付ける方法とは

5.家事を単なる習慣にしてしまう

小さい頃から家族に貢献する重要さを子どもに教えるようにしましょう。徐々に子ども達の責任がいつもの生活の一部となります。やがてそれが習慣となるでしょう。

毎週家を片付けて清掃する時間を決めて、家族が一緒に行う習慣を作り上げることになるでしょう。

そのようにして、子どもは家事を手伝うことは必要だと理解して、いつかそれがごく普通の日課の一部となります。家族がみんなが家の手入れに参加している所を目にすると、それがさらに強化されます。

「言われたことは忘れてしまうが、参加することで学ぶことができる。」
– ベンジャミン・フランクリン

家族の絆を深める

子どもに家事を手伝ってもらうと、家族関係が強化される効果もあります。仕事と責任を分担することで、家族の重荷が軽くなるでしょう。それによって、家庭でのストレスが減少することにつながります。

つまり、家事を手伝うように子どもを動機付けると、子ども達が自分以上の何か大きなものの一部と感じて、将来役立つ価値観を身に付けることができるのです。

  • Knobel, J. (2013). El reto de ser padres. Ediciones B. España: Barcelona.
  • Pink, D. H. (2009). Drive: the surprising truth about what motivates us. Riverhead Books. Estados Unidos: Nueva York.