【子どものしつけ】人をからかう子どもをどうする?

子ども達の多くは、あまりその影響を考えずに他の人をからかうものです。子ども達にはまず家庭で尊敬することを教えるべきであり、思いやりの心は若い人たちのしつけの基本なのです。
【子どものしつけ】人をからかう子どもをどうする?

最後の更新: 27 5月, 2021

子ども達に人をからかってはいけないと教えることはとても重要です。バカにしたりいじめたりする行為は人を傷付け、周りの人達との関係に影響することを子ども達が知っておくべきです。

人をからかうと周りのみんなを傷付ける

他の人をからかっている子ども自身のことを、あまり被害者とは考えないものです。しかし実際には残酷な行動の裏に、弱さや恐怖心がたいてい隠されているのです。

人をバカにするのは家庭で悪い行動を見につけてしまったという証拠にもなり、また子どもが自分らしさをあまり良く感じていないという現れかもしれません。

場合によっては、子ども達自身がからかわれる対象になった経験があるので、自分を守るために他の子に食ってかかってバカにしていることもあるでしょう。

子ども達に価値観を教えるのはまず家庭で行われます。親の中にはそれを問題だと捉えないがために、人をからかうなどという子どもの行動を抑えることができなくなっている人もいます。

その家庭では、周りの人に対して優しくないことを言うのがごく普通なのかもしれません。そういう場合は、子ども達はいつも見ていることをそのまま真似するでしょう。

家庭での攻撃性

子どもが他の子をバカにするのであれば、その理由を探し出す価値があるでしょう。家庭で愛情不足であったり暴力が起こったりすると、子ども達がいじめの行動を取り始めるきっかけにもなりかねません。

このような環境で育つ子ども達は、その苛立ちを他の人に吐き出すことがあり、見るからに弱そうな仲間に対してそれを言葉や身体で表現します。

全ての親が理解すべきなのは、人をからかうことがお子さんの攻撃的な行動の引き金にもなり得ることです。学校での成績にも影響するし、周りの人と大事な関係を築く能力も危うくなるでしょう。

しつけに関しては、子ども達がいじめに関与していることに気付いたら、即対処しなければなりません。

感情や人間関係に関することを子ども達に教えるのは時間がかかるものです。子どもに他の子をからかってはいけないと教えるには、どのような行動が悪いことなのかを理解させることなのです。

自分を他の人の立場に置き換えてみるよう促すことで、子どもの思いやりの心を育てる一つの方法になります。

子ども しつけ 人をからかう

人をバカにすることは間違っていると子どもに教える方法

人をからかう行動は、他者からの拒否、悪い成績、低い自尊心、さらなる攻撃性、不安感をもたらすことがあります。さらに暴力的な行動や危険性を悪化させるでしょう。これは社会的行動の基準すべてに反しています。

他の子ども達から同じことをされるたらどうする?という問いかけ

他の子をからかう子どもは、その場の状況をコントロールして注目を浴びようとしています。これがその子どもが知っている、人と関わる唯一の方法なのかもしれません。

この行動を止める一番の方法は、お子さんと話をすることです。からかう行動が起こすダメージについて説明し、からかわれる人がどんなに嫌な思いをするのか教えてあげるのです。

お子さんに人をからかう行動にはリスクがあることを示してあげるのも重要です。その行動を続けていると、逆に他の子達がお子さんをからかってみようと決めて、攻撃的な仕打ちを受けるはめになることもあります。

お手本を示す

両親が良いお手本となって、指導していることを自分達も実践しなければなりません。お子さんが正しいことをしている時は褒めてあげて、良い行動を強化することも大事です。

子ども達に愛を示して愛情を注ぐことが、人をからかうことを止めさせるには不可欠です。愛されている子どもは不安になりにくく、攻撃的な行動に頼ることが滅多にありません。

尊敬と寛容:基本的な価値観

ひどい言葉が引き起こすダメージを子どもが理解すれば、他の人達を受け入れ、人それぞれの違いを尊重できることを学ぶでしょう。

尊敬と寛容という価値観を持つと、子どもが他の人と仲良くなるのに役立ちます。楽しい子ども時代を過ごすだけでなく、将来もより良い人に育っていくことになるでしょう。

子ども しつけ 人をからかう子ども 対処法

親も自分のことを振り返ってみる

お子さんに人をバカにしないように教育するには、自分の行動もふり返ってみることが大切です。

自尊心が低く友情を築くのが苦手な親は、良いお手本として子どもを導くことができません。そのような理由から、母親も父親も自分自身の価値観を知ることで、子ども達にも同じように手助けできるようになります。

お子さんを応援して動機づけてあげることがとても大事です。新しい友達を作り、他の人達に対してポジティブに協力できるよう助けてあげましょう。人に優しくない行動を修正するのに役立ちます。

専門家の良いアドバイスとして、子ども達が直面する苛立ち、怒りや不安のコントロール、他の子と仲良くする方法などを教えてもらえるでしょう。

子どもがからかわれてるとしたらどうする?

お子さんがからかわれていたり、いじめられている側だとしたら、他の子に何を言われているかを怖がらなくてもいいと伝えて、親が安心感を与えてあげることが特に大事になります。一つの方法として、ひどい悪口から少しでも気をそらすためにユーモアを利用すると良いでしょう。

あなたのお子さんがからかわれていたら、愛情を示して、理解してあげましょう。子どもが自信を持てるように、他の人が何と言っても自分に正直にいられるようなしつけを心がけましょう。

こちらの記事もおすすめ
【いじめ問題】新入生いびりへの対処と防止法
わたしママで読むことができます。 わたしママ
【いじめ問題】新入生いびりへの対処と防止法

学校で起こる 新入生いびり は、単なる通過儀礼のようなものから、たくさんの子どもにとっての悪夢になってきています。若い人達にとってこれは深刻な状況であり、特にいびりが過剰になり長期間続く場合、様々な精神的疾患を引き起こすこともあります。新入生いびりについてどんな対応ができるか見ていきましょう。



  • Castillo Quiñonez, G. G. (2015). Promover los valores sociales y familiares para evitar las burlas y el índice de malas palabras dentro del salón de clases en los niños de 4 a 5 años de la escuela Dr. Otto Arosemena Gómez año lectivo 2014-2015(Bachelor’s thesis, Universidad de Guayaquil Facultad de Filosofía, Letras y Ciencias de la Educación). http://repositorio.ug.edu.ec/handle/redug/13219
  • Reynolds, C., & Richmond, B. (1997). Escala de ansiedad manifiesta en niños (revisada). CMAS-R. Manual. México: El Manual Moderno.
  • Albornoz, N., Silva, N., & López, M. (2015). Escuchando a los niños: Significados sobre aprendizaje y participación como ejes centrales de los procesos de inclusión educativa en un estudio en escuelas públicas en Chile. Estudios Pedagógicos (Valdivia), 41(ESPECIAL), 81-96. https://scielo.conicyt.cl/scielo.php?pid=S0718-07052015000300006&script=sci_arttext