子どもに良い影響を与えてくれるオススメ映画

2019年3月21日
子供向け映画から学べるものはたくさんあります。様々なシチュエーションの映画を見ることで子供たちは考える力を身に着けることが出来ます。またイマジネーションを刺激し、創造力を高めてくれるのです。

映画は最も人に愛されているエンターテイメントの1つですよね。そして実は子供にもとても良い影響をもたらしてくれます。

毎年新しい映画が上映されます。そんな映画の主な目的は人を楽しませ、素晴らしい時間を提供することです。ですがこういった物語は、子供が世の中の道徳を学びや教訓を得る良い機会にもなります。

こちらもご覧ください 親子で水泳をするメリット

子どもが映画から受ける良い影響

映画は楽しいだけでなく、新しい世界、言葉、価値感を学ぶことの出来る場でもあります。また家族で一緒に楽しめる物でもありますよね。出来ればお子さんに見せる前に、一度前以て内容を確認するために見ておくことをお勧めします。

 

言葉を覚える

子どもはよく聞いていますし、全てをあっという間に吸収します。成長と共に知っている単語数も増えていきます。映画の世界は、通常ではなかなか起こらないシチュエーションが舞台になっている場合が多いので、知らなかった単語を知る良い機会にもなります。新しい言葉を聞き、その意味を知るのです。

分からない言葉があれば、あなたに聞いてくるでしょう。もちろんあなたが教えてあげても良いですし、文字が読めるのなら辞書を見るよう勧めても良いです。そうすればその言葉の意味を知るだけでなく、書き方も知ることが出来ます。

映画鑑賞 映画 子ども 影響

 

ストレス軽減

もうひとつのメリットは、子供たちの感情に対するものです。子供の映画はストレスや不安、緊張の解消になります。

学校に行くと、課題やテストなどからこういった精神的な負担も感じます。映画は日常生活を抜け出し、頭を切り替え、ただ純粋に楽しむことが出来ます。緊張をほぐしてくれるのです。

 

ほかの言語を学ぶ

海外の映画や外国語の映画を見たり、他の国のキャラクターを見ることも出来ます。ほかの国へ行って見たい、他の言語を学んでみたいという意欲に繋がります。

 

より賢く、よりクリエイティブに

スクリーンで起こっていることを、子供たちはまるで自分に起こっているかのように感じ取ります。映画は子どもが何かにぶつかった時、それに対峙する方法を教えてくれます。自分自身で先の結果を考えて解決法を導こうとする力を与えてくれるのです。

よりクリエイティブに、考える力を発達させ、想像力を高めます。

こちらもご覧ください 家庭で子供が芸術に触れることの大切さ

 

映画が子供に与えるメリット

様々なスタイル、異なる個性を持つキャラクターを映画はそれぞれ持っています。アニメもありますし、実写版もあります。

映画の質にもよりますが、子供にとっては学ぶことが沢山あるでしょう。

いくつかおススメの映画をご紹介します。

 

ファインディング・ニモ

これは特に5歳から10歳のお子さんにおススメの素晴らしい映画です。映画に登場するドリーは、常に前向き。彼女自身問題を抱えているにも関わらず、常に人を助けようとします。

また一方、主役のニモですが、彼はヒレがとても小さな魚で、これは他のクラスの子と違っている、つまり「人と違っている」ことを意味します。それでも誰もバカにしたりしません。これは子供に人を尊重すること、共感すること、平等であることを教えています。こういった素晴らしい態度を子供たちは真似るのです。

 

トイストーリー

トイストーリーは子供から大人まで広く愛さえれている映画です。ウッディの忠誠心など、学ぶものも多くあります。

エイリアンは家族のそばにいることの大切さを教えてくれ、また他人に嫉妬しないこと、人の優れている部分を尊重することなども教えてくれます。

家族と映画 映画 子ども 影響

 

ルイスと未来泥棒

孤児のルイスは、科学、製作、家族探しに夢中な男の子です。この映画は、恨みを抱くことは良い結果をもたらさないこと、良い人間になろうと目標を立て日々努力することがいかに大切であるかを教えています。

子供用の映画は毎週のように新しいものが出てきます。子供と一緒に見て、その良さを伝えてあげてください。人生の教訓を得ることが出来るだけでなく、家族団らんという大切な時間を過ごすことが出来ます。

 

Cano Calderón, A. (1993). El cine para niños, un capítulo de la Literatura infantil. Revista Interuniversitaria de Formación Del Profesorado.