ストレスフリーな幼少期を過ごしてもらうための5つのコツ

· 2018年12月6日
子供たちに自信を与え、可能な限りの幸せな大人へと育てましょう。

赤ちゃんはマニュアルなど持たずに生まれてきます。だからこそ両親にとっては、子育てにおけるそれぞれのステージにおいて分からないことが出てくるでしょう。しかし、子供にストレスフリーな幼少期を過ごさせてあげることが、将来大きな問題を起こさせないことに役立つのです。

過去数年の間、成長の過程で子供がより多くのストレスを感じているということが判明しています。そしてそれが、人格の形成や、子供たちが自分でもつ意見に影響を与えるのです。

ですので、成長の過程で子供たちにストレスを感じないような子供時代を過ごさせてあげることが、自分の将来に立ち向かっていける自信にあふれた大人へと成長する鍵となるのです。

ハッピーでストレスフリーな幼少期を過ごさせる5つのコツ

子供が幸せに育つことが、全ての両親にとっての夢です。そのためには、子供がいかにして周囲の物事を探りながら人格を形成していくのか、その過程をしっかりと理解しておくことです。

また同時に、新たな発見を通し物事を学んでいく子供たちが、それぞれの環境にどう反応するのかをよく観察することです。

これらを知っておくことが、子供にストレスのない、幸せな子供時代を過ごさせてあげる鍵となります。

ここでご紹介する5つのガイドの中からご自身に合うものを選んでみてください。

一緒にいてあげるということ

子供は生まれた瞬間から、あなたの存在を側に感じ、またあなたとの接触によってリラックスすることができます。つまり、子供を守り、側にいてあげる事が子供の感情を落ち着かせる作用をもつのです。

それに加え、ハグやキスをしてあげたり、目を合わせる事で愛されているということを子供に感じさせることができます。

愛情や愛情表現は、身体にストレスを軽減させる作用をもたらし、幸福感をもたらすのです。

様々な人と関わる機会を与え、良い刺激を与える

子供が成長するに合わせ、社交性も同時に発達すべきです。叔父や叔母、祖父母や兄弟に自分の感情を表現することができるようにさせましょう。

こういった人たちとの関わりが、子供たちをストレスやイライラから守ってくれるネットワークとなるのです。

そうして忍耐強さを身につけ、結果に悩まされることなく逆境を乗り越えていく能力を身につけていくのです。

ストレスフリーな子供時代を

限界を教える

ここまでという限界を認識し、重んじることを教えてあげることが、あなたが子供たちのために与えられる素晴らしいアドバイスの一つなのです。

自分がどこまででき、どれだけの力があり、どれだけ疲れるものなのかを認識できるようになることで、子供は歯がゆい思いをしたり、不安になったり、イライラしたりすることなく過ごすことができるのです。

何かを達成できないとなった時でも、以下のようなリラックスする方法を教えることです。

  • 温かいシャワーを浴びる
  • 音楽を聴く、書き留める、本を読む、テレビを見る、絵を描く、ダンス
  • 走る、歩きに出る、自転車に乗る
  • 犬を散歩に連れていく

リラックス方法を教えてあげることが、毎日の生活で起こりうるストレスへの正しい対処法を子供たちに教えることになるのです。

共感していることを示す

親として忘れがちなこととして、まず、自分たちもかつては子供だったということです。子供のストレスを軽減するために重要なことは、周囲の大人が子供の気持ちを理解してあげることです。

子供の視点でものごとを見る努力をしなくてはいけません。つまり、子供が何かを達成したり、何かにイライラしていたり、何かを発見した時に無視しないことです。

この努力を怠ると、子供は自分たちのことは大したことではないのだと思い始めます。特に、子供が認証や賞賛を期待する大人から無視された場合にはなおさらです。

ストレスフリー な子供時代

過保護にならない努力

過保護は子供の社交性の発達を妨げます。また子供にとって、自分が達成したことを表現することが難しくなります。

したがって、子供の能力の発達の妨げとならないために、ある一定の基準や柔軟に対応できる適度なルールを定めなければなりません。

それを心がけることで、子供が自信に満ち、楽観的な大人へと育つことができるのです。問題をチャレンジとして捉えることができ、より良い人間となるためにそこから何が学べるかを考えられるようになるのです。

子供にストレスフリーな幼少期を過ごしてもらうためには、周囲のすべての大人が、子供でいることがどんな気分なのかを理解してあげることが非常に重要です。

ストレスのある幼少期が及ぼす影響

リラックスすることを知らずに育った場合、子供は多大なストレスを抱えた大人になる場合があります。悪影響としては以下のようなものが挙げられます。

  • 心理的、神経的な障害
  • 不安障害への高い可能性、そしてそれを原因とする麻薬使用、統合失調症など
  • 様々な症状の発症(肥満、高血圧、糖尿病、呼吸器や免疫障害)

つまり、リラックスすることのできる子供時代が幸せな大人を育てるということです。また、ストレスフリーな妊娠時期を過ごすことも重要です。

ストレスを感じるようなシチュエーションを避け、心静かに過ごし、エクササイズを行いましょう。

そして、出産後は、毎日子供をハグし、愛していることを伝えてあげましょう。子供たちに自信を与え、可能な限りの幸せな大人へと育てましょう。